スポンサーリンク

寂地山の登山口 寂地峡と犬戻し遊歩道入口にアクセスする方法

岩国市の奥深くに鎮座する寂地山(1337m)。

五竜ノ滝の「竜尾の滝」(寂地峡)五竜ノ滝(竜尾の滝・登竜の滝・白竜の滝・竜門の滝・竜頭の滝)で有名な寂地峡を懐に抱く、岩国の秘境です。

(📷 画像は五竜ノ滝で最初に現れる「竜尾の滝」。すぐそばにキャンプ場があります。)

隣接する右谷山と尾根を接するだけに登山ルートも複数あるようですが、寂地峡から登る場合は犬戻し遊歩道(犬戻しの滝)から登るコースか五竜ノ滝からミノコシ峠を経てアプローチする登山コースが多く歩かれているようです。

登山口となる寂地経へのアクセスは自家用車を利用するのが通常ですが、岩国市の運行するコミュニティバス(生活交通バス)を乗り継いでアクセスする方法もないわけではありません。

そこで今回は、寂地山の登山口となる寂地峡(五竜ノ滝)と犬戻し遊歩道入口、および寂地登山口に岩国市の生活交通バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は徳山駅発着のアクセス方法となりますので、徳山駅までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡から防府・徳山・下松にアクセスする方法(JR・高速バス)

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 寂地山、右谷山
 登山口名 犬戻し遊歩道入口、五竜ノ滝入口、寂地峡キャンプ場、寂地峡登山口
 最寄バス停 寂地峡入口、寂地登山口バス停(岩国市生活交通バス – 錦地域・高根線)
 最寄駅 錦町駅(錦川鉄道・錦川清流線)

スポンサーリンク

寂地山の登山口 寂地峡と犬戻し遊歩道入口にアクセスする方法

~ 錦川鉄道の錦町駅で岩国市の生活交通バスに乗り換える ~

STEP1
(徳山駅から川西駅まで)

徳山駅からJR岩徳線(上り・岩国方面行き)に乗車し、川西駅で下車する。

※ 運賃は840円。

JR徳山駅📷 JR徳山駅。

 

 

川西駅(JR・錦川鉄道)📷 JR川西駅。

 

 

 

STEP2
(川西駅から錦町駅まで)

川西駅から錦川鉄道の「錦町行き(錦川清流線)」に乗車し、終点の錦町駅で下車する。

※ 運賃は960円。

川西駅(JR・錦川鉄道)📷 錦鉄川西駅。

 

 

錦町駅(錦川鉄道)と錦町駅バス停(岩国市生活交通バス)📷 錦鉄錦町駅。

 

 

 

STEP3
(錦町駅から高根まで)

錦町駅バス停から岩国市の運行する生活交通バス(高根線)に乗車し、高根で降車する。

※運賃は620円。

※復路の早朝の1便のみ寂地登山口から錦町駅まで直通運転します(寂地登山口から錦町駅までは920円、寂地峡入口から錦町駅までは880円)。

錦町駅(錦川鉄道)と錦町駅バス停(岩国市生活交通バス)📷 錦町駅バス停(https://goo.gl/maps/cWJNKYwnRetbaUQ98)。

 

 

 

📷 高根バス停(https://goo.gl/maps/xGdFonTU6ygTxDDv9)※画像はありません。

STEP4
(高根から寂地峡入口および寂地登山口まで)

高根バス停から岩国市の運行する生活交通バス「寂地線(深谷峡温泉・寂地登山口行き)に乗車し、寂地峡入口または終点の寂地登山口で降車する。

※生活交通バスの「寂地線」は事前予約が必要です(※事前予約がない場合乗車できません)。

※寂地線の予約は「広瀬タクシー(※電話番号は岩国市のサイトで公開されている時刻表に掲載されています)」に「第1便は当日の07:30までに、そのほかの便は出発の1時間前まで」に電話またはFAXで行う必要があります。

※高根から寂地登山口までの運賃は460円。

📷 高根バス停(https://goo.gl/maps/xGdFonTU6ygTxDDv9)※画像はありません。

寂地峡入口バス停(岩国市生活交通バス)📷 寂地峡入口バス停(https://goo.gl/maps/GQVcmwQeh2fCCrM16)。

 

 

寂地登山口バス停(岩国市生活交通バス)📷 寂地登山口バス停(https://goo.gl/maps/7bsxCBagoM6LVjFV8)。

 

 

 

⌚ 生活交通バスの乗継時刻表を作りましたので参考にしてください(※便宜上、高根線は「深谷峡温泉」と「向峠」の発着時刻も併記しています)。

 錦町駅~高根~寂地登山口 バス乗継時刻表(※2019年版より抜粋)
↓高根線に乗る↓
錦町駅08:1810:0812:2713:4015:3217:1818:04
深須08:3210:2212:4113:5415:4617:3218:18
高根08:4310:3312:5214:0515:5717:4318:29
《深谷峡温泉》08:4410:3412:5314:0615:5818:30
《向峠》18:36
↓寂地線に乗り換える↓
火木金月木土月木土火木金 
高根12:50頃12:50頃14:05頃17:43頃
寂地峡入口13:31頃13:31頃14:46頃18:14頃
寂地登山口13:35頃13:35頃14:50頃18:18頃
※「寂地線」は事前予約が必要です。
◎:通年運行
火木金:火木金曜日のみ運行 月木土:月木土曜日のみ運行
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

⌚ 帰りの時刻表はこちらです。

 錦町駅~高根~寂地登山口 バス乗継時刻表(※2019年版より抜粋)
高根線↓寂地線に乗る↓
火木金火木金
寂地登山口06:4108:30頃10:50頃15:05頃
寂地峡入口06:4508:34頃10:54頃15:09頃
高根09:15頃11:35頃15:50頃
↓高根線に乗り換える↓
《向峠》07:12
《深谷峡温泉》07:1809:2111:3914:0915:2416:09
高根07:1907:5709:2211:4014:1015:2516:10
深須07:3008:0809:3311:5114:2115:3616:21
錦町駅07:4408:2209:4712:0514:3515:5016:35
※「寂地線」は事前予約が必要です。
◎:通年運行 金:金曜日のみ運行
火木金:火木金曜日のみ運行 月木土:月木土曜日のみ運行
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

STEP4
(寂地峡入口または寂地登山口バス停から登山口まで)

寂地峡入口バス停から歩く場合(犬戻し遊歩道または五竜ノ滝から登る場合)

寂地峡入口バス停から寂地峡を経て五竜ノ滝入口および犬戻し遊歩道入口まで歩く。

寂地峡入口バス停横の橋を渡るところ寂地峡入口でバスを降車したら、バス停前の橋を渡りすぐ左折しましょう。

※寂地峡を示す看板も立っていますので安心です。ちなみに、左の画像の左端に写っている白い建物は公衆便所です。

 

寂地峡案内所手前の分岐地点そのすぐ先に分岐がありますが、ここは右に進みます。

(ちなみに、この分岐を左に行くと右谷山の登山口となる木目の滝への林道の入口があります。)

 

寂地峡の案内所分岐から数分歩いたら寂地峡の案内所に到着です。

 

 

寂地峡案内所から犬戻し遊歩道へ向かう林道寂地峡の案内所を左に見てさらに林道を奥に進むと…

 

 

寂地峡の五竜ノ滝とキャンプ場の入口左側にキャンプ場があり、その入口に五竜ノ滝の入口があります。

 

 

寂地峡の竜尾の滝前の寂地山登山道入口五竜ノ滝から登る場合はキャンプ場入口から左側の坂を下って橋を渡り、五竜ノ滝の「竜尾の滝」を左に見て階段を上がりましょう(なお、ここから登ってミノコシ峠から尾根を左に行けば右谷山、尾根を右に行けば寂地山に至ります)。

 

寂地山の登山口となる犬戻し遊歩道入口犬戻し遊歩道から登る場合はキャンプ場に入らずにそのまま林道を真っ直ぐ奥に進みましょう。キャンプ場の入口から20分ほどで犬戻し遊歩道の入口(左の画像)に到着です。

 

犬戻し遊歩道入口前の林道の通行止め地点ちなみに、林道はここで行き止まりとなっています。車の場合は路肩に停められないこともないですが、寂地峡案内所の駐車場を利用した方がいいと思います。

 

 

寂地峡入口バス停から五竜ノ滝入口を経て犬戻し遊歩道入口までの道順はこんな感じです(※グーグルマップの都合上、五竜の滝の入口までの道順)。

寂地峡入口バス停から歩く場合

寂地登山口バス停から寂地林道終点まで歩く。

寂地登山口バス停横の坂道寂地登山口でバスを降車したら、バス停横の坂を上ってください。

 

 

寂地登山口バス停のすぐ上にある登山道の入口すぐに舗装が途切れているところが登山道の入口となっているようですが、今はあまり歩かれていないようなので他の登山コースの利用をお勧めします。

 

 

寂地登山口バス停から登山コースの入口までの道順はこんな感じです。

参考サイト

錦川鉄道株式会社
http://nishikigawa.com/

岩国市
https://www.city.iwakuni.lg.jp/
※生活交通バスのページ→https://www.city.iwakuni.lg.jp/soshiki/71/26698.html

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

岩国・周南周辺の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!