小仏城山・景信山の登山口 富士見茶屋にアクセスする方法

スポンサーリンク

相模原市と八王子市の都県境に連なる小仏城山(670.3m)と景信山(727.1m)。

小仏城山の登山口にある富士見茶屋北高尾山稜の堂所山(731m)から南に延びる稜線に続く両山岳は、東海自然歩道が整備された関東屈指の縦走コース「奥高尾縦走ルート」に含まれており、東京近郊の多くの登山愛好家に親しまれている秀峰として知られています。

小仏城山や景信山への登山ルートは、東京・神奈川の両県から数多くのトレイルが整備されていますが、小仏城山の南山麓から小仏城山や景信山に向かう東海自然歩道に入る場合は、国道20号線の千木良地区にある富士見茶屋から登山コースに入ることが可能です。

(📷 画像は小仏城山に直登する登山コースの入口となる千木良の富士見茶屋)

登山口となる富士見茶屋はJR相模湖駅のすぐ東方にあり、国道20号線の千木良まで路線バスも乗り入れていますので公共交通機関を利用したハイキングもそれほど難易度は高くありません。

そこで今回は、小仏城山と景信山の南側の登山口となる富士見茶屋に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は東京(新宿)発着のアクセス方法となりますので、福岡から東京(新宿)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

 登山口データ
 アクセス難易度 😭
 山岳名 小仏城山(城山)、景信山
 登山口名 富士見茶屋、東海自然歩道入口
 最寄りバス停 千木良バス停(神奈川中央交通:相模湖駅~三ヶ木線)
 最寄り駅 相模湖駅(JR中央本線)

スポンサーリンク

小仏城山・景信山の登山口 富士見茶屋にアクセスする方法

~ 相模湖駅から路線バスに乗る ~

STEP1
(新宿から相模湖駅まで)

新宿駅から京王線準特急(京王八王子方面行き)に乗車し、北野駅で京王高尾線に乗り継ぎ(※直通あり)、高尾駅でJR中央本線(下り:甲府方面)に乗り換えて、相模湖駅で下車する。

※ 運賃は560円(新宿~高尾360円、高尾~相模湖200円)。

新宿駅(JR側)📷 新宿駅。

 

 

JR相模湖駅📷 相模湖駅。

 

 

 

STEP2
(相模湖駅から千木良まで)

相模湖駅バスのりばから神奈川中央交通の運行する「三ヶ木」方面行き路線バスに乗車し、千木良で降車する。

※ 運賃は180円。

📷 相模湖駅バス停(https://goo.gl/maps/LgzffqMuhMD2)。

 

 

千木良バス停(神奈川中央交通)📷 千木良バス停(https://goo.gl/maps/JLYgifG9jeA2)。

 

 

 

⏰ この路線のバスは比較的本数が多いのでこのページでは時刻表は省略します。路線バスの発着時刻については後述の参考サイトから神奈川中央交通のサイトにアクセスして各自お調べください。

STEP3
(千木良バス停から富士見茶屋まで)

千木良バス停から小仏城山の登山コース入口となる富士見茶屋まで歩く。

千木良バス停横の交差点を左折千木良でバスを降車したら、バス停横の交差点手前から左のわき道に入ってください。

 

 

千木良バス停から山側に向かう小路山側に向かう小路を直進し…

 

 

千木良バス停から山側に向かう小路の先のT字路を左折突きあたりのT字路を左折すると…

 

 

富士見茶屋の駐車場前すぐ横に富士見茶屋がありますので、一息ついたら…

 

 

富士見茶屋の向かいにある東海自然歩道の入口富士見茶屋の前にある登山コースの入口から景信山に直登する東海自然歩道に入ってください。

 

 

 

千木良バス停から小仏城山の登山コース入口となる富士見茶屋までの道順はこんな感じです。

ワンポイントアドバイス

登山口となる富士見茶屋はJRの相模湖駅から2.5kmほどしか離れていませんので徒歩でアクセスすることも可能です。

なお、相模湖駅から富士見茶屋までの道順はこんな感じになります。

参考サイト

京王線
https://www.keio.co.jp/train/

JR東日本
https://www.jreast.co.jp/

神奈川中央交通
http://www.kanachu.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

相模原周辺の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!