スポンサーリンク

宮地山・シダンゴ山の田代向側の登山口にアクセスする方法


清流、中津川を東に見下ろすシダンゴ山(758.1m)と宮地山(512m)。

田代向の宮地山・シダンゴ山ハイキングコース入口に設置されている道標1000m足らずの標高ながら、その展望の良さ(シダンゴ山)と登りやすさから神奈川県内でも有数のお手軽ハイキングスポットとして人気のある秀峰として知られています。

シダンゴ山と宮地山のハイキングコースは東山麓の寄地区(自然休養村管理センターのあるところ)から登る人が多いようですが、南の田代向方面から宮地山に向かうトレイルに入ることも可能です。

(📷 画像は田代向の宮地山・シダンゴ山ハイキングコース入口に設置されている道標)

田代向の宮地山とシダンゴ山のハイキングコース入口に直接アクセスする路線バスはありませんが、県道710号線の田代向までは路線バスも乗り入れていますので公共交通機関を利用したハイキングも比較的簡単です。

そこで今回は、宮地山とシダンゴ山の田代向側の登山口に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は東京(新宿)発着のアクセス方法となりますので、福岡から東京(新宿)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、シダンゴ山や宮地山に寄地区から登る場合はこちらを参考にしてください。
▶ シダンゴ山・宮地山の登山口 寄にバスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 宮地山、シダンゴ山
 登山口名 宮地山・シダンゴ山登山コース入口
 最寄りバス停 田代向バス停(富士急湘南バス:新松田駅~寄線)
 最寄り駅 新松田駅(小田急線)


宮地山・シダンゴ山の田代向側の登山口にアクセスする方法

~ 小田急線の新松田駅から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿から新松田駅まで)

新宿駅から小田急線(小田原行き)に乗車し、新松田駅で下車する。

※ 運賃は780円。

新宿駅(JR側)📷 新宿駅。

 

 

 

📷 新松田駅。

 

 

 

 

STEP2
(新松田駅から田代向まで)

新松田駅(北口)バス停から富士急湘南バスの運行する「寄」方面行き路線バスに乗車し、田代向」で降車する。

※ 運賃は460円。

新松田駅(北口)バス停(富士急湘南バス)📷 新松田駅(北口)バス停(https://goo.gl/maps/JTe8XMF6nix)。

 

 

 

田代向バス停(富士急湘南バス)📷 田代向バス停(https://goo.gl/maps/xyLHSjd7Das)。

 

 

 

 

⏰ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 鍋割山の登山口(寄)にバスでアクセスする方法

 

STEP3
(田代向から宮地山・シダンゴ山の登山コース入口まで)

田代向バス停から宮地山とシダンゴ山のハイキングコース入口まで歩く。

県道710号線の田代向バス停から右に入る田代向でバスを降車したら、バス停横の交差点(T字路)を右に入ってください。

 

 

 

田代向の橋を渡る直進すると橋がありますので、そのまま直進して川を渡りましょう。

 

 

 

田代向の橋を渡ってT字路を右折橋を渡って直進するとT字路に突き当たりますので右折してください。

 

 

 

聖心丹沢学舎への入口坂を上がって行くと聖心丹沢学舎の入口T字路があります。

ここはどちらに行っても構いませんが、とりあえずここでは直進することにしましょう。

 

 

田代向の宮地山・シダンゴ山登山コースに向かう途中の分岐少し先の右カーブのところに紛らわしい分岐がありますが、そのまま道なりに右の方に進んでください。

 

 

 

田代向の宮地山・シダンゴ山登山コースの入口手前のT字路道なりに坂を上がり、いったん坂を上がりつめたところにT字路がありますが、ここもそのまま直進してください。

 

 

 

田代向の宮地山・シダンゴ山ハイキングコース入口に設置されている道標あとは道標に従って道なりに坂を上がって行けば、宮地山からシダンゴ山に向かうトレイルに入ることができるでしょう。

 

 

 

田代向バス停から宮地山とシダンゴ山の登山口までの道順はこんな感じです。

 


参考サイト

小田急
http://www.odakyu.jp/

富士急湘南バス
http://www.syonan-bus.co.jp/

 


丹沢の登山口
スポンサーリンク
登山口ねっと!をフォローする
スポンサーリンク
関連トピックス
スポンサーリンク
登山口ねっと!