スポンサーリンク

仲の平の浅間尾根登山口(浅間嶺)にアクセスする方法

東京檜原村の屋根とも呼べる浅間尾根(浅間嶺・903m)。

仲の平の浅間尾根登山口から見る登山道の入口武蔵五日市を代表する山岳で、盟主である浅間嶺を含む東西に延びる縦走路が、多くのハイカーに人気となっている首都圏でも有数のハイキングスポットです。

浅間尾根は東西に長く伸びているだけあって登山コースも複数あるようですが、西端の数馬温泉方面から登る場合は、数馬温泉の少し奥にある仲の平バス停のすぐ前にある登山口から入山することが可能です。

(📷 画像は仲の平の浅間尾根登山口から見る登山道の入口)

そこで今回は、仲の平の浅間尾根登山口に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は新宿駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から新宿(東京)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 浅間尾根,浅間嶺
 登山口名 仲の平、数馬温泉
 最寄バス停 仲の平バス停(西東京バス・数馬線)
 最寄駅 武蔵五日市駅(JR五日市線)

スポンサーリンク

仲の平の浅間尾根登山口(浅間嶺)にアクセスする方法

~ 武蔵五日市駅から路線バスに乗る ~

STEP1
(新宿駅から武蔵五日市駅まで)

西武電鉄を利用する場合

西武新宿駅から西武新宿特急(拝島行き)に乗車し、拝島駅でJR五日市線に乗り換えて、終点の武蔵五日市駅で下車する。

※運賃は660円(西武区間440円、JR区間120円)。

※その他、新宿駅(JR)→高田馬場(西武)→小平(西武)→拝島(JR)→武蔵五日市などの乗換方法もあります(770円)。

京王線を利用する場合

新宿駅から京王線特急に乗車し、分部河原駅でJR南武線(立川行き)に、立川駅でJR青梅線(青梅行き)に、拝島駅でJR五日市線に乗り換えて、終点の武蔵五日市駅で下車する。

※運賃は670円(京王線区間280円、JR区間390円)。

全ての路線でJRを利用する場合

新宿駅からJR中央線に乗車し、立川駅でJR青梅線に、拝島駅でJR五日市線に乗り継いで、終点の武蔵五日市駅で下車する。

※運賃は800円。

新宿駅(JR側)📷 新宿駅。

 

 

JR武蔵五日市駅(あきる野市)📷 武蔵五日市駅。

 

 

 

STEP2
(武蔵五日市駅から仲の平まで)

武蔵五日市駅バス停から西東京バスの運行する「数馬」行き路線バスに乗車し、仲の平(または温泉センター)で降車する。

※ 運賃は940円。

武蔵五日市駅バス停(西東京バス)📷 武蔵五日市駅バス停(https://goo.gl/maps/FHz05)。

 

 

仲の平バス停(西東京バス)📷 仲の平バス停(https://goo.gl/maps/J5kq5pXDWn9ea6dq8)。

※仲の平バス停からバス道を少し上った右側に公衆トイレがあります(バス停から徒歩2分ぐらい)。

 

 

⏰ 路線バスの時刻表は槇寄山(笹尾根)や三頭山の登山口へのアクセス方法をレポートしたこちらのページに掲載しています。

▶ 三頭山・槇寄山(笹尾根)の登山口 数馬温泉にアクセスする方法

STEP3
(仲の平バス停から浅間尾根登山口まで)

仲の平バス停から浅間尾根登山口まで歩く。

仲の平バス停のすぐ上にある浅間尾根の登山口前の横断歩道浅間尾根登山口は仲の平バス停のすぐ上の横断歩道の右側にあります。

 

 

 

仲の平バス停から浅間尾根登山口までの道順はこんな感じです。

ワンポイントアドバイス

蛇の湯温泉の「たから荘」

仲の平バス停の少し上の車道左側に、立ち寄り湯が楽しめる蛇の湯温泉の「たから荘」があります。

蛇の湯温泉のたから荘(数馬)

参考サイト

JR東日本
https://www.jreast.co.jp/

西武鉄道
https://www.seiburailway.jp/

京王電鉄
https://www.keio.co.jp/

西東京バス
http://www.nisitokyobus.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

武蔵五日市周辺の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!