大高山・天覚山の登山口に吾野駅から歩いてアクセスする方法

スポンサーリンク

飯能アルプスの北端に連なる大高山(493m)と天覚山(445.5m)。

吾野駅裏手にある大高山・天覚山登山口に設置されている道標南の尾根に連なる多峯主山や天覧山までの起伏に富んだ縦走コースがトレラン(トレイルランニング)の練習ルートとしても人気を博している奥武蔵の低山です。

初心者からベテランまで幅広い層に歩かれている山岳だけあって、大高山と天覚山の登山コースも複数整備されているようですが、北側の大高山から縦走をスタートする場合は、西武秩父線の吾野駅のすぐ裏手にある大高山と天覚山への登山道入口から入山することが可能です。

(📷 画像は吾野駅裏手にある大高山と天覚山の登山口)

そこで今回は、大高山と天覚山の吾野駅側の登山口にアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は新宿駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から新宿(東京)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、大高山と天覚山の縦走コースに南側の東吾野駅方面からアプローチする場合はこちらのページを参考にしてください。
▶ 天覚山・大高山の登山口に東吾野駅から歩いてアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 大高山、天覚山
 登山口名 大高山登山道入口
 最寄りバス停 –
 最寄り駅 吾野駅(西武秩父線)

スポンサーリンク

大高山・天覚山の登山口に吾野駅から歩いてアクセスする方法

~ 西武秩父線の吾野駅から歩く ~

STEP1
(新宿駅から吾野駅まで)

新宿駅からJR山手線に乗車し、池袋駅で西武池袋・秩父線(急行飯能行)に乗り換え、飯能駅で西武池袋・秩父線(各停西武秩父行)に乗り継いで、吾野駅で下車する。

※運賃は新宿~池袋160円、池袋~吾野600円。

※池袋駅から飯能駅まで西武池袋線の特急ちちぶ(西武秩父行)に乗車しても構いません(※指定席500円が別途必要)。

※西武新宿駅から西武新宿線(本川越行)に乗車し、所沢駅で西武池袋・秩父線(飯能行)に、飯能駅で西武池袋・秩父線(西武秩父行)に乗り継ぐ方法などもあります(※この場合の運賃は630円)。

吾野駅(西武新宿線)📷 吾野駅。

 

 

 

STEP2
(吾野駅から大高山の登山道入口まで)

吾野駅から大高山の登山道入口まで歩く。

吾野駅から法光寺の方に進む吾野駅で西武線を下車したら、駅前の広場から西に歩き…

 

 

吾野駅前の法光寺の手前から階段を下るすぐ先の法光寺の手前から右の階段を下りて…

 

 

吾野駅の線路の下の暗渠暗渠をくぐって線路の反対側に向かってください。

 

 

吾野駅の裏側の吾野湧水の出る蛇口前暗渠を出たら吾野湧水の蛇口がありますので、水を忘れた場合はここで汲んでおきましょう。

 

 

吾野駅裏側の車道出合吾野湧水の蛇口を右に見送って坂を上るとすぐに車道に出ますので、左に進んでください。

(※ちなみに、浅見茶屋から子ノ権現に登る場合はここを右に進みます)

 

吾野駅裏手の墓地の入口前すぐ先が墓地の入口となっていますので、墓地入口の辻を右に入りましょう。

 

 

吾野駅裏手にある大高山・天覚山の登山道入口前坂道を50mほど上ったら、車道の左手に大高山と天覚山の登山道入口を示す道標が立てられていますので…

 

 

吾野駅裏手にある大高山・天覚山登山口に設置されている道標ここから左に入り、大高山と天覚山に向かう登山道に入ってください。

 

 

 

吾野駅から大高山の登山道入口までの道順はこんな感じです(※グーグルマップの都合上、吾野湧水の水くみ場までの道順)。

ワンポイントアドバイス

吾野湧水の水くみ場について

吾野湧水の水くみ場は、吾野駅の線路下の暗渠を出たところの蛇口とは別に、大高山・天覚山の登山口手前の墓地入口の左手にもあります。

吾野駅裏手にある吾野湧水の水くみ場

参考サイト

JR東日本
https://www.jreast.co.jp/

西武鉄道
https://www.seiburailway.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

奥武蔵の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!