【登山は選挙に行ってから!】
2019年7月21日(日曜:07:00~20:00)は参議院議員選挙の投票日です。民主主義が機能しなくなれば自由に登山を楽しむこともできません。投票所入場券を忘れても身分証等で本人確認できれば投票可能です。登山の前に(下山後に)必ず投票へ行きましょう!

スポンサーリンク

多良岳の登山口 黒木にアクセスする方法※大村ICまで高速バス


多良岳県立自然公園内にそびえる多良岳(982.7m)。

金泉寺の画像長崎市内から比較的近い1000m峰ということで長崎でも人気の登山スポットとして有名な山岳です。

 画像は多良岳の肩にある金泉寺。このすぐ横には長崎の山岳では珍しい山小屋(水場あり・テン泊可)も営業されています。)

多良岳の登山ルートは複数整備されているようですが、大村市側から登る場合には黒木地区(八丁谷)から入山することが可能です。

黒木までは本数は少ないものの路線バスも運行されていますので、公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

福岡市内から黒木登山口にアクセスする場合は、大村駅までJRで移動して路線バスに乗り換えるか、大村インターまで高速バスで移動して路線バスに乗り換えるかの2とおりのアクセス方法があります。

そこで今回は、この2つのアクセス方法のうち、高速バスを利用して大村インターまで移動し、大村インターで路線バスに乗り換える方法をレポートすることにいたしましょう。

なお、大村駅までJRを利用して大村駅で路線バスに乗り換えるアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。

多良岳の登山口 黒木にバスでアクセスする方法※大村駅までJR

 登山口データ
 アクセス難易度  😥  😥
 山岳名 多良岳
 登山口名 黒木(八丁谷)登山口
 最寄バス停 黒木バス停(長崎県営バス)
 最寄駅 JR大村駅(JR大村線)


多良岳の登山口 黒木にアクセスする方法※大村ICまで高速バス

~ 大村インターで長崎県営バスに乗換える ~

スポンサーリンク

STEP1
(福岡市内から大村インターまで)

博多バスターミナルまたは天神バスセンターから長崎行き高速バス「九州号」に乗車し、大村インターで降車する。

 運賃は2,300円。

割引乗車券などの情報は後述のワンポイントアドバイスをご覧ください。

STEP2
(大村インターから黒木まで)

大村インターバス停から長崎県営バスの黒木行き[3]路線バスに乗車し、終点の黒木で降車する。

 運賃は450円。

大村インターバス停(http://goo.gl/maps/QcU48)。

黒木バス停の画像 黒木バス停(http://goo.gl/maps/OpeIQ)。

 

 

 

時刻表は後述の参考サイトから長崎県営バスのサイトにアクセスして各自お調べください。

 

STEP3
(黒木バス停から多良岳の登山口まで)

黒木バス停から登山口まで歩く。

黒木バス停から多良岳の登山口までの道順はこちらのページを参考にしてください。

多良岳の登山口 黒木にバスでアクセスする方法※大村駅までJR

 


ワンポイントアドバイス

下山時刻に注意

大村駅方面行き長崎県営バスの最終便は黒木バス停を17:40に発車します(日祝は16:40が最終)。
バスの発車時刻に乗り遅れないように余裕をもって下山してください。

なお17:40黒木バス停発の便の大村駅到着時刻は18:18(日祝は17:18着)です。

高速バス「九州号」の4枚つづり回数券について

福岡~大村インター間の高速バス「九州号」については、4枚つづり回数券が6,300円で販売されています(1枚あたり1,575円)。
博多BTや天神BC、福岡AP国際線ターミナルなどで購入可能です。バス車内でも販売されているようなので、乗車する際に運転手さんや予約窓口で確認してください。ちなみに、回数券1枚で小児2人まで乗車可能です。
なお、回数券に有効期限はありません

高速バス「九州号」の往復乗車券について

福岡~大村インター間の高速バス「九州号」については、往復乗車券が4,000円(1枚あたり2,000円、有効期限10日間)で販売されています。こちらも博多BTや天神BC、福岡AP国際線ターミナル、バス車内でも購入可能です。

 


参考サイト

九州急行バス
http://www.nishitetsu.ne.jp/kyushugo/

長崎県営バス
http://www.keneibus.jp/


 

【PR】登山用品をレンタルするならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。
【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

長崎・諫早・大村周辺の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!