スポンサーリンク

銅山峰の登山口 東平(東洋のマチュピチュ)にアクセスする方法

東西赤石山と並び、赤石山系の主峰として君臨する銅山峰(1428.7m)。

東平(東洋のマチュピチュ)にある旧別子銅山の索道基地跡の画像元禄初頭から昭和48年まで数多くの銅を産出し、日本の近代化と戦後復興を大きく支えた旧別子銅山を懐に抱く、伊予の名峰として知られています。

銅山峰の登山ルートは複数整備されているようですが、旧別子銅山の観光も兼ねるコースとして親しまれているのが東平から入山するコースです。

(📷 画像は東平に残る旧別子銅山の索道基地跡)

登山口となる東平には、東洋のマチュピチュとして注目を集める旧別子銅山の索道基地や貯鉱庫跡など数多くの産業遺産群が残され一般の観光客も数多く訪れていますので、登山と史跡巡りをセットで楽しむなら東平を経由するコースは外せません。

そんな魅力満点の東平は、路線バスが乗り入れていない地域にあるためアクセスにはマイカーやレンタカーを利用するのが一般的ですが、県道47号線までは新居浜市のコミュニティバスが運行されていますので、2時間程度の林道歩きを厭わないというのであれば公共交通機関を利用したアクセスも不可能ではありません。

そこで今回は、東洋のマチュピチュとしてその名を世界に轟かす東平(とうなる)に新居浜市のコミュニティバスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は新居浜駅からのアクセス方法となりますので、新居浜までのアクセス方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
松山から新居浜・伊予西条にアクセスする方法(JR・特急バス)

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭😭😭
 山岳名 銅山峰
 登山口名 東平(東洋のマチュピチュ)
 最寄バス停 東平入口※フリー乗降区間(新居浜市・別子山地域バス)
 最寄駅 新居浜駅(JR予讃線)

スポンサーリンク

銅山峰の登山口 東平(東洋のマチュピチュ)にアクセスする方法

~ 別子山地域バスを利用し、東平入口から林道を歩く ~

STEP1
(新居浜駅前から東平入口まで)

新居浜駅前バス停から新居浜市の運行する別子橋行きコミュニティーバス「別子山地域バス」に乗車し、東平入口(※フリー乗降区間)で降車する。

※ 新居浜市別子山地域バスの運賃は一律400円(※13枚つづり回数券は4,000円)。

※別子山地域バスは予約なしでも乗車可能ですが、予約者で満席の場合は予約のない人は乗車できない場合もありますのでご注意ください(※予約は新居浜市役所の別子山支所で受付(支所が休みの日は運行会社の「光タクシー」が受付)※予約先の電話番号は後述する新居浜市のサイトに掲載されています)。

新居浜駅前バス停の画像📷 新居浜駅前バス停(https://goo.gl/maps/i6CZjxeRQ4J2)。

 

 

県道47号線沿いにある東平に向かう林道の入口の画像📷 東平入口(https://goo.gl/maps/yG58xt2vtHD2)。

※バス停はありません。マイントピア別子から終点の別子橋までの間はフリー乗降区間となっていますので、東平の入口で降車する旨運転手さんに申告することが必要です。

⌚ 別子山地域バスの時刻表はこちらのページに記載しています(東平の入口はマイントピア別子の先、大永山トンネルの手前になります)。

銅山峰の登山口 マイントピア別子と遠登志渓谷入口へのアクセス

STEP2
(県道47号線沿いの東平入口から東平まで)

県道47号線沿いの東平入口から東平まで歩く。

県道47号線沿いにある東平に向かう林道の入口の画像県道47号線の東平入口でバスを降車したら橋の手前の左側に林道の入口があるので、左折して東平への林道に入ってください。

 

 

県道47号線沿いの東平への林道入口の画像東平への林道に入ったら、その後はひたすら車道を道なりに真っ直ぐ進みましょう。

 

 

東平の入口に立てられた通行車両の注意書きの画像ちなみに、この東平の入口にはこんな感じの看板も立てられています(※連休中など交通量が多く東平の駐車場(50~100台ぐらい)が満車になるような時期はここで交通規制(東平から車が出てくるまで通行止めになる)が行われますので車の人は注意してください)。

 

東平の駐車場前広場付近の画像県道47号線の東平入口から林道(車道)を1時間30分~2時間程度歩いたら東平に到着。

 

 

別子銅山の東平の遊歩道に設置井された西赤石山登山道を示す道標東平に着いたら、あとは遊歩道に立てられている道標に従って登山道に入れば問題ないと思います。

 

 

県道47号線沿いの東平入口から東平までの道順はこんな感じです。

ワンポイントアドバイス

東平行きの定期バス(観光バス)について

東平の観光を目的とした定期バスがマイントピア別子を起点として運行されています。

平日は5名以上、土日祝は1名以上の申し込みがあれば運行される観光バスで、乗車チケットの販売や申し込みはマイントピア別子のチケットうりばで取り扱っています。

マイントピア別子のチケットうりばの画像

※ 東平行き定期バス(観光バス)の運賃は1,300円、小学生以下は700円、3歳未満は無料(※運賃はマイントピア別子と東平の往復運賃です)。

この東平行きの定期バスは東平観光を目的とした観光バス(東平での観光ガイド付き)で、東平での滞在時間も含めて2時間でマイントピア別子に帰ってくるスケジュールで運行されています。

観光目的の定期バスのため乗車した乗客を全て乗せて帰るのが基本となりますので、登山目的の利用(片道だけの利用など)はできません(※念のためマイントピア別子さんに電話で確認してみましたが「観光用のバスなので最後までお客様の責任を持つのが大前提となるため片道だけの利用は難しい」とのことでした)。

⌚ ちなみに、東平行き定期バスの発着時刻はこのようになっています。

 東洋のマチュピチュ定期観光バス時刻表(※2019年版)
※3月~11月の期間のみ運行
 マイントピア別子11:0013:00
 東平東平で約2時間観光
 マイントピア別子13:00頃15:00頃
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

なお、マイントピア別子へのアクセス方法についてはこちらのページでご確認ください。

銅山峰の登山口 マイントピア別子と遠登志渓谷入口へのアクセス

参考サイト

新居浜市
http://www.city.niihama.lg.jp/
※別子山地域バスのページ→http://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/besshi/3871.html
※時刻表→http://www.city.niihama.lg.jp/uploaded/life/55997_196309_misc.pdf

マイントピア別子
http://besshi.com/

【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

赤石山系の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!