宝満山あるある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登山口ネタに行き詰ったので、宝満山あるあるを考えてみました・・・

宝満山あるあるの画像

宝満山あるある

  • 竈門神社でお参りしている山ガールを見かけると、今日こそ何かが始まりそうな予感がする。
  • 駐車場の料金に納得いかず路肩に停められるところがないか彷徨うが、結局駐車場に引き返してしまう。
  • 水場の水流が思いのほか強く、ずぶぬれになる。
  • 登山者が多すぎて、すれ違いざまのあいさつが億劫になる。
  • すれ違いざまのあいさつが億劫になりすぎると、山ガール以外からのあいさつに答えなくなる。
  • そして最終的に、好みのタイプの山ガール以外からのあいさつは全て無視するようになる。
  • 登山道の救急箱を開けてしまう。
  • 羅漢道で道に迷う。
  • 小学生に抜かれる。
  • 「宝満山に登れたら日本中どこの山にだって登れる」と、したり顔で熱弁するおっさんが必ず一人はいる。
  • 山頂の人が多すぎて、来たことを後悔する。
  • 下山途中に水場で休憩するが、やっぱりずぶぬれになる。
  • 夕方に下山すると、下から普段着の人が登って来る。
  • 下山後の竈門神社で、「出会いの神様」が存在しないことにようやく気付く。

縁結びの神様竈門神社の画像


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス