兜山の登山口に春日居町駅から歩いてアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甲府盆地を南に見下ろす兜山(913m)。

兜山の登山口に設置してある「岩場コース・山腹コース」と「夕狩沢コース」の分岐を示す道標1000mに満たない標高ながら、程よく整備されたハイキングコースと市街地からのアクセスの良さから甲府周辺の登山愛好家に広く親しまれている甲斐の秀峰として知られています。

兜山の登山コースはいくつか整備されているようですが、オーソドックスなルートとしては南山麓の夕狩沢の入口を起点に岩場コースまたは山腹コースを登る人が多いようです。

(📷 画像は兜山の登山口に設置してある「岩場コース・山腹コース」と「夕狩沢コース」の分岐を示す道標)

登山口となる夕狩沢の入口までは東山広域農道フルーツラインが通っていますのでアクセスには自家用車やレンタカーが便利ですが、最寄り駅となるJR中央本線の春日居町駅から3kmほどしか離れていませんので公共交通機関を利用したハイキングもそれほど難易度は高くありません。

そこで今回は、兜山の夕狩沢側の登山口(東山広域農道フルーツライン側の登山口)に春日居町駅から歩いてアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は甲府駅発着のアクセス方法となりますので、甲府までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
甲府・竜王に東京・名古屋・大阪からバスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭
 山岳名  兜山(かぶとやま)
 登山口名  兜山登山道入口、夕狩沢
 最寄りバス停  –
 最寄り駅  春日居町駅(JR中央本線)


兜山の登山口に春日居町駅から歩いてアクセスする方法

~ JR中央本線の春日居町駅から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(甲府駅から春日居町駅まで)

甲府駅からJR中央本線(上り:高尾方面行き)に乗車し、春日居町駅で下車する。

※ 運賃は200円。

JR甲府駅📷 甲府駅。

春日居町駅(JR中央本線)📷 春日居町駅。

STEP2
(春日居町駅から兜山の登山口まで)

春日居町駅からから兜山の登山口まで歩く。

春日居町駅前の車道を北に進む春日居町駅でJRを下車したら、駅出口前の車道を北側に歩いてください。

春日居町駅前の車道を北に進んでT字路を左折少し先でT字路にぶつかったら左折し…

春日居町駅前の車道を北に進んでT字路を左折してすぐに右折すぐ先の信号(国道140号線)を右折すると…

国道140号線の下岩下の信号を左折下岩下入口の信号がありますのでここを左に入ってください。

国道140号線の下岩下の信号を左折してその先のT字路を右折少し先に突き当たるT字路を右に曲がり…

国道140号線の下岩下の信号を左折してその先のT字路を右折して左カーブを進む左にカーブする小路を道なりに進んだら…

兜山の登山口に行く途中の国道140号線のバイパスをくぐるところ国道140号線のバイパスが横切りますので、その下をくぐってまっすぐ進んでください。

兜山の登山口に行く途中の国道140号線のバイパスをくぐったところ国道をくぐって直進し…

兜山の登山口に行く途中の国道140号線のバイパスをくぐった先を右にカーブ少し先で道なりに右に曲がったら…

兜山の登山口に行く途中の岩下温泉旅館の赤い橋前岩下温泉旅館の赤い橋が見えますので…

兜山の登山口に行く途中の岩下温泉旅館の赤い橋の先を左折そのすぐ先で左に川を渡ってください(赤い橋を渡らないでその次の橋を渡る)。

兜山の登山口に行く途中の岩下温泉旅館の赤い橋の先を左折して坂を上がったら車道に出るので左折橋を渡って坂を上がると車道に出ますので左折して坂を上がって行きましょう。

兜山の登山口に行く途中で広域農道に出たところ坂を上がると広めの車道(東山広域農道フルーツライン)に出ますので、今度は右に進みます。

東山広域農道フルーツラインの宮本農園前宮本農園のブドウ狩り場を右に見送ったら…

東山広域農道フルーツラインの宮本農園の先を左折すぐに左に入ってください(「流しそうめん」の看板が目印)。

兜山の登山口の手前の流しそうめん前流しそうめん屋さんを見送って坂を上がると…

夕狩沢の入口にある兜山の登山口の林道分岐舗装が切れたところで林道が2本に分岐します。

兜山の登山口に設置してある「岩場コース・山腹コース」と「夕狩沢コース」の分岐を示す道標ここが兜山の登山口となりますので、「岩場コース」または「山腹コース」を登る場合は左の林道に、「夕狩沢コース(上級者向け)」を登る場合は右の林道に進んでください。

春日居町駅から兜山の登山コースの入口までの道順はこんな感じです。


参考サイト

京王線
https://www.keio.co.jp/train/

JR東日本
https://www.jreast.co.jp/


スポンサーリンク
【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス