笠形山の登山口 グリーンエコー笠形にバスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫県の神河町と市川町、多可町の三町が交差する境界上に位置する笠形山(939.4m)。

グリーンエコー笠形の入口1000mに満たない標高ながら、その登りごたえのある登山道と展望の豊かさから兵庫県内でも有数のお手軽ハイキングスポットとして知られています。

兵庫県内でも人気の山岳だけあって笠形山の登山コースは複数整備されているようですが、西側からアプローチする場合は西側山麓のグリーンエコー笠形から登山道に入ることが可能です。

(📷 画像は笠形山の西側の登山口となるグリーンエコー笠形の入口)

登山口となるグリーンエコー笠形は公共交通機関の不便な地域にあるためアクセスにはマイカーやレンタカーを利用するのが一般的ですが、本数は少ないものの神河町のコミュニティバスも乗り入れていますので公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、笠形山の西側の登山口となるグリーンエコー笠形に神河町のコミュニティバスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は梅田(大阪駅)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田(大阪駅)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

ちなみに、笠形山に他の登山口から入山する場合はこちらのページを参考にしてください。
▶ 笠形神社・仙人滝から→笠形山の登山口 笠形神社と仙人滝にバスでアクセスする方法
▶ 大屋の竜ヶ滝から→笠形山の竜ヶ滝コースの登山口(大屋)にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭😭😭
 山岳名  笠形山
 登山口名  グリーンエコー笠形
 最寄りバス停  グリーンエコー笠形バス停(神河町:作畑新田線)
 最寄り駅  新野駅(JR播但線)


笠形山の登山口 グリーンエコー笠形にバスでアクセスする方法

~ JR播但線の新野駅から神河町のコミュニティバスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(大阪駅から新野駅まで)

大阪駅からJR神戸線新快速(※またはJR神戸線の姫路方面行き)に乗車し、姫路駅でJR播但線(寺前方面行き)に乗り換えて、新野駅で下車する。

※運賃は1,940円。

新野駅(JR播但線)📷 新野駅。

STEP2
(新野駅からグリーンエコー笠形(前)まで)

新野駅バス停から神河町の運行する神河町コミュニティバス「作畑新田線」に乗車し、グリーンエコー笠形(またはグリーンエコー笠形前)で降車する。

※時間帯によっては新野駅バス停から神河町コミュニティバスの「環状線(西廻り)」に乗車し「粟賀(粟賀営業所)」または「神崎総合病院」バス停で「作畑新田線」に乗り換える。

※神河町コミュニティバスの運賃は一乗車につき200円(※運転手に「一日パスポート」と申告すると400円で1日乗り放題となります)。

新野駅バス停(神河町コミュニティバス)📷 新野駅バス停(https://goo.gl/maps/N8WrEb42Co62)。

神崎総合病院バス停(神河町コミュニティバス)📷 神崎総合病院バス停(https://goo.gl/maps/mKkopQ4myzm)。

粟賀営業所バス停📷 粟賀(営業所)バス停(https://goo.gl/maps/X6Svi5eTRE52)。

グリーンエコー笠形前バス停(神河町コミュニティバス)📷 グリーンエコー笠形前バス停(https://goo.gl/maps/c5BoG73Fr462)。

グリーンエコー笠形バス停(神河町コミュニティバス)📷 グリーンエコー笠形バス停(https://goo.gl/maps/AB6R9A2x4xB2)。

⏰ コミュニティバスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 千ヶ峰(水谷東コース)の登山口 ふるさと村にアクセスする方法

STEP3
(グリーンエコー笠形(前)バス停から登山口まで)

グリーンエコー笠形(前)バス停から笠形山の登山口まで歩く。

※ここではグリーンエコー笠形前バス停からグリーンエコー笠形バス停前を通って笠形山の登山口に行く場合の道順をご紹介しておきます。

グリーンエコー笠形の入口T字路を右折グリーンエコー笠形前でバスを降車したら、バス停のすぐ横にある横断歩道のある交差点を右折して道なりに進んでください。

グリーンエコー笠形の入口ゲート道なりに進み、グリーンエコー笠形の入口ゲートを過ぎると・・・

グリーンエコー笠形バス停(神河町コミュニティバス)グリーンエコー笠形バス停があり・・・

グリーンエコー笠形の入口その少し先にグリーンエコー笠形の入村受付がありますので、入村料の200円(※レストランで食事をとる場合は無料)を支払い、そのまま車道を奥に進んで笠形山の登山コースに入ってください。

グリーンエコー笠形前バス停からグリーンエコー笠形バス停前を通って笠形山の登山口まで歩く場合の道順はこんな感じです。


参考サイト

JRおでかけネット
http://www.jr-odekake.net/

神河町
https://www.town.kamikawa.hyogo.jp/
※コミュニティバスのページ→https://www.town.kamikawa.hyogo.jp/forms/info/info.aspx?info_id=6115


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス