岸岳(岸岳城址)の登山口 法安寺にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

唐津市の南の郊外に鎮座する岸岳(320m)。

法安寺(岸岳登山口)の涅槃像の画像戦国期には竜造寺家と対立する松浦家の波多野氏の居城として名をはせた山城跡ですが、現在では手軽なハイキングスポットとして親しまれています。

涅槃像などの石仏群で知られる法安寺がメインの登山口となりますが、岸岳の東山裾に通じる林道浅井谷線の終点にも登山口があります。

 画像は法安寺の岩肌に掘られた涅槃像。)

登山口へのアクセスはJR相知駅から運行されている路線バス(昭和バス・相知町花タウンバス)を利用することも可能ですが、便数が少ないため登山利用としては少々不向きです。

そこで今回は、山本駅からの徒歩でのアクセス方法をメインとして、法安寺と林道浅井谷線終点までのアクセス方法をご紹介いたしましょう。

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  岸岳
 登山口名  法安寺・岸岳ふれあい館、林道浅井谷線終点(岸岳登山道入口)
 最寄バス停  芳中バス停・坊中公民館前バス停(昭和バス・相知町花タウンバス)
 最寄駅  JR山本駅・JR本牟田部駅(以上、JR唐津線)


岸岳(岸岳城址)の登山口 法安寺にアクセスする方法

~ 山本駅または本牟田部駅から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(博多駅から山本駅または本牟田部駅まで)

地下鉄とJRを利用する場合

地下鉄博多駅から福岡市営地下鉄空港線(JR筑肥線直通)の西唐津行きに乗車し、唐津駅でJR唐津線の佐賀行き普通列車に乗り換えて、山本駅または本牟田部駅で下車する。

 運賃は1,410円(博多~姪浜間300円、姪浜~山本・本牟田部間1,110円)。

JR山本駅(唐津線)と昭和バスの山本バス停の画像 JR山本駅。

JR本牟田部駅(唐津線)の画像 JR本牟田部駅。

高速バスとJRを利用する場合

博多バスターミナルまたは天神バスセンター(一部の便は福岡空港でも乗車可)から昭和バスの運行する伊万里行き高速バス「いまり号」に乗車し、山本で下車する。

 運賃は1,000円。

山本バス停(昭和バス)の画像 山本バス停(http://goo.gl/maps/m76Ko)。

 博多BTおよび天神BCから山本までの高速バス時刻表を作りましたので参考にしてください(※往路は早朝、復路は夕方以降の便のみ抜粋)。

 博多BT・天神BC~山本 高速バス時刻表
往路 復路
博多BT 07:36 08:26
※08:36
09:03
※09:33
09:53
※10:23
山本 15:59 16:59 17:59 18:59
天神BC 07:52 08:42
※08:52
09:22
※09:52
10:12
※10:42
天神日銀前 17:02 18:02 19:02 19:58
山本 08:57 09:47
※09:57
10:33
※11:03
11:23
※11:53
博多BT 17:12 18:12 19:12 20:08
※:土日祝の発着時刻。
 時刻表は昭和バスのサイトで最新のものを確認してください。

※本牟田部駅に移動する場合

本牟田部駅からアクセスする場合は、山本駅からJR唐津線の佐賀行きに乗車し、本牟田部駅で下車してください。

 山本駅から本牟田部までの運賃は180円。

JR山本駅(唐津線)と昭和バスの山本バス停の画像 JR山本駅。

JR本牟田部駅(唐津線)の画像 JR本牟田部駅。

STEP2
(山本駅または本牟田部駅から登山口まで)

法安寺から入山する場合(山本駅からアクセスする場合)

青山城址入口(国道203号線沿い)の画像山本駅でJRを下車したら駅前の国道203号線を南(佐賀方面)に進んでください。

駅から100mほど歩くと右手にお宮さんの入口があります。

青山城址の登り口(国道203号線沿い)の画像ここが青山城址の登り口になっています。

ちなみに、青山城は松浦家の青山采女正の居城で、波多氏の居城岸岳城の前衛として築城されたらしいです。

山本踦線橋交差点(国道203号線と県道52号線の分岐地点)の画像青山城址登り口の前を通り過ぎ、さらに300mほど進むと信号のある信号のあるT字路(山本踦線橋交差点)がありますので、右折して県道52号線に進みましょう。

坊中バス停(昭和バス・相知町花タウンバス)の画像県道に入って1kmほど歩くと坊中バス停があり・・・

芳中バス停(昭和バス・相知町花タウンバス)の画像さらに300mほど進むと芳中バス停があります。

芳谷バス停(昭和バス・相知町花タウンバス)の画像芳谷バス停の100mほど先の「唐津市清掃センター」「岸岳ふれあい館」の標識のあるT字路を左折し800mほど歩くと・・・

岸岳ふれあい館(岸岳登山口)の画像岸岳ふれあい館の広い駐車場に着きます。

法安寺(岸岳登山口)の画像登山口となる法安寺はその奥になります。

山本駅から法安寺までの道順はこんな感じです(徒歩約1時間)。

本牟田部駅からアクセスする場合

JR本牟田部駅(唐津線)の画像本牟田部駅でJRを下車したら、歩道橋のある方にホームを降りてください。

JR本牟田部駅の歩道橋のある側の出口の画像歩道橋のところから踏切を渡らず、左側の道を山側に進みましょう。

JR本牟田部駅の歩道橋のある側の出口から30mほどにある4差路の画像30mほど進むと4差路があるので左折。

林道浅井谷線の入口(JR本牟田部駅近く)の画像100mほど歩くと右手に林道浅井谷線の入口があるので、右折して林道に入りましょう。

後はひたすら林道を道なりに上ります。

林道浅井谷線の終点(岸岳登山道入口近く)の画像1時間ほど林道を進むと、T字路にぶつかります。

岸岳登山道入口(林道浅井谷線終点側)の画像ここが林道浅井谷線の(終点)となりそのすぐ左側に岸岳の登山道入口があります。

本牟田部駅から登山口までの道順はこんな感じです(徒歩約1時間)。

なお、坊中公民館前バス停まで路線バスを利用して、坊中公民館から歩く方法もあります(後述のワンポイントアドバイス参照)。

坊中公民館前バス停(昭和バス・相知町花タウンバス)の画像この場合は、本牟田部駅から歩く場合よりも幾分車道歩きが短くなると思います。

 画像は坊中公民館前バス停(http://goo.gl/maps/sZkH0)。


ワンポイントアドバイス

JR相知駅から路線バスを利用する場合

上記で紹介したJR山本駅から登山口まで徒歩で移動するアクセス方法ではなくJR相知駅から路線バスを利用してアクセスする方法もあり、法安寺・岸岳ふれあい館の最寄バス停が坊中バス停(※芳谷バス停の方が近いですが、相知駅からの乗車は乗り継ぎが必要なのでここでは坊中を最寄バス停としています)、林道浅井谷線終点側の岸岳登山道入口の最寄バス停が坊中公民館前バス停となります。

JR相知駅(唐津線)と相知駅前バス停(昭和バス・相知町花タウンバス)の画像 相知駅前バス停(http://goo.gl/maps/VY9sK)。

坊中バス停(昭和バス・相知町花タウンバス)の画像 坊中バス停(http://goo.gl/maps/3ZKd2)。

坊中公民館前バス停(昭和バス・相知町花タウンバス)の画像 坊中公民館前バス停(http://goo.gl/maps/sZkH0)。

 便数が少ないため登山には不向きですが、「往路は徒歩・復路はバス」という方法もとれると思いますので念のため時刻表を作っておきます。

 相知駅前~坊中・坊中公民館前 路線バス時刻表(※2014年4月版)
往路 復路
相知駅前発 11:17 13:37 17:27 坊中公民館前発 09:30 12:00 14:10
坊中着 11:39 13:59 17:49 坊中発 09:32 12:02 14:12
坊中公民館前着 11:41 14:01 17:51 相知駅前着 09:54 12:24 14:34
 時刻表は昭和バスまたは九州のバス時刻表のサイトで最新のものを確認してください。


参考サイト

JR九州列車の旅
http://www.jrkyushu.co.jp/train/

昭和バス(昭和自動車株式会社)
http://www.showa-bus.jp/index.html

九州のバス時刻表
http://qbus.jp/time/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス