倉戸山の登山口 鶴の湯温泉源泉碑と温泉神社にアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奥多摩湖の北側湖畔に隆起する倉戸山(1169.3m)。

鶴の湯温泉の温泉神社(奥多摩)雲取山の南東に延びる石尾根から分岐する榧ノ木尾根の南端に位置する山岳で、雲取山への縦走コースとして登られることもある中級山岳です。

百名山の雲取山からは少し外れた位置にあるため比較的登山者も少なく、静かなハイキングが楽しめる登山ポイントと言えるでしょう。

倉戸山への登山ルートは南山麓の温泉神社から登るコースと鶴の湯源泉碑のある鶴の湯トンネル西口の脇から登るコースの2つが一般的で、どちらの登山口へも奥多摩駅から運行されている路線バスを利用してアクセスすることが可能です。

 画像は倉戸山の登山口となる鶴の湯温泉の温泉神社)

そこで今回は、倉戸山の登山口となる鶴の湯温泉の温泉神社と鶴の湯温泉の源泉碑に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は新宿駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から新宿(東京)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
 福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  倉戸山
 登山口名  鶴の湯温泉源泉碑、鶴の湯温泉温泉神社
 最寄バス停  女の湯・倉戸口バス停(西東京バス – 丹波線・小菅の湯・峰谷線)
 最寄駅  奥多摩駅(JR青梅線)


倉戸山の登山口 鶴の湯温泉源泉碑と温泉神社にアクセスする方法

~ 奥多摩駅から路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(新宿から奥多摩まで)

全ての路線でJRを利用する場合

新宿駅からJR中央線に乗車し、立川駅でJR青梅線に乗り継いで、終点の奥多摩駅で下車する。

 運賃は1,080円。

京王線を利用する場合

新宿駅から京王線特急に乗車し、分部河原駅でJR南武線(立川行き)に、立川駅でJR青梅線(青梅行き)に乗り継いで、終点の奥多摩駅で下車する。

 運賃は1,000円(京王線区間280円、JR区間720円)。

西武電鉄を利用する場合

西武新宿駅から西武新宿特急(拝島行き)に乗車し、拝島駅でJR青梅線に乗り換えて、終点の奥多摩駅で下車する。

 運賃は990円(西武区間440円、JR区間550円)。

※その他、新宿駅(JR)→高田馬場(西武)→小平(西武)→拝島(JR)→奥多摩などの乗換方法もあります(1,100円)。

新宿駅(JR側) 新宿駅。

奥多摩駅 奥多摩駅。

STEP2
(奥多摩駅から倉戸口または女の湯まで)

奥多摩駅バス停から西東京バスの運行する「丹波」「鴨沢西」「留浦」「小菅の湯」または「峰谷」行き路線バスに乗車し、倉戸口または女の湯で降車する。

運賃は390円。

奥多摩駅バス停(西東京バス) 奥多摩駅バス停(https://goo.gl/maps/PWO75)。

倉戸口バス停(西東京バス) 倉戸口バス停(https://goo.gl/maps/rgEiA)。

女の湯バス停(西東京バス) 女の湯バス停(https://goo.gl/maps/pI9aU)。

路線バスの時刻表は雲取山の登山口となるお祭(三条の湯・後山林道入口)へのアクセス方法をレポートしたこちらのページに掲載しています。
 雲取山・飛竜山の登山口 お祭(三条の湯)にアクセスする方法

STEP3
(倉戸口または女の湯バス停から登山口まで)

倉戸口または女の湯バス停から登山口まで歩く。

温泉神社から登る場合(倉戸口バス停から登る場合)

倉戸口バス停から左の車道に入る温泉神社から登るコースをとる場合は倉戸口バス停を利用します。

倉戸口でバスを降車したらバス停前のトンネルの手前から左の道に入ってください。

倉戸口バス停から温泉神社に行く途中の分岐車道を道なりに上って行くと分岐がありますが、ここは右に進みましょう。

倉戸口バス停から温泉神社に行く途中のT字路を左折する更に坂道を上って行くとT字路がありますので、ここで左折して左の坂道を上ってください。

倉戸口バス停から温泉神社に行く途中の階段を上がるところ少し坂を上がると、車道の右側の石垣の間に階段が見えますので・・・

倉戸山の登山口となる温泉神社の手前にある階段ここで右折して階段を登ってください。

鶴の湯温泉の温泉神社(奥多摩)急な坂道を5分ほど山側に上って行けば、倉戸山の登山口となる温泉神社に到着です。

倉戸山の登山口となる温泉神社本殿右側の登山道に続く坂道あとは温泉神社本殿右側にある坂道を上って倉戸山への登山道に入ってください。

倉戸口バス停から温泉神社までの道順はこんな感じです。

鶴の湯温泉の源泉碑から登る場合(女の湯バス停から登る場合)

鶴の湯温泉源泉碑前の鶴の湯トンネル西口右側にある倉戸山の登山道入口女の湯でバスを降車したら、バス停前の鶴の湯トンネ西口右手から登山道に入ってください。

ちなみに、鶴の湯温泉の源泉碑はトンネル西口の左側、バス停のすぐ横にあります。

鶴の湯温泉の源泉碑(奥多摩)

女の湯バス停から倉戸山の登山道入口までの道順はこんな感じです。


参考サイト

JR東日本
https://www.jreast.co.jp/

西武鉄道
http://www.seibu-group.co.jp/railways/

京王電鉄
http://www.keio.co.jp/

西東京バス
http://www.nisitokyobus.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス