京ヶ峰の登山口に本宿駅から歩いてアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡崎市と豊川市の境界上に位置する京ヶ峰(365.2m)

法林寺(愛知県岡崎市)400m足らずの標高ながらそのアクセスの良さと手軽な登山コースがビギナーハイカーにも広く親しまれている名古屋近郊でも人気のお手軽ハイキングスポットとして親しまれています。

京ヶ峰の登山コースはいくつかある様ですが、一般的には北側の法林寺から登山コースに入るルートが多く利用されているようです。

(📷 画像は京ヶ峰の北側の登山コースの起点となる法林寺)

京ヶ峰の登山口は名鉄本線の本宿駅から3kmほどしか離れていませんので公共交通機関を利用したハイキングも比較的簡単です。

そこで今回は、京ヶ峰の登山口に名鉄本線の本宿駅から歩いてアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は名古屋駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から名古屋までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から名古屋にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭
 山岳名  京ヶ峰(きょうがみね)
 登山口名  法林寺、京ヶ峰登山道入口
 最寄りバス停  –
 最寄り駅  本宿駅(名鉄本線)


京ヶ峰の登山口に本宿駅から歩いてアクセスする方法

~ 名鉄本線の本宿駅から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(名古屋駅から本宿駅まで)

名鉄名古屋駅から名鉄本線(豊橋方面行き)に乗車し、本宿駅で下車する。

※ 運賃は860円。

本宿駅(名鉄)📷 本宿駅。

STEP2
(本宿駅から京ヶ峰の登山口まで)

本宿駅から京ヶ峰の登山口まで歩く。

法林寺の西側から京ヶ峰の登山コースに入る場合

本宿駅で名鉄線を下車したら、駅出口東側の交差点を左折して道なりに歩いてください。

本宿駅から500mほどのところにあるファミマ前本宿駅から500mほど歩き、ファミリーマートの前で広めの車道に出合ったら右に進みましょう。

法林寺に向かう途中で右に入るところファミリーマートからさらに500mほど歩くと、右に分岐する道が見えますのでここから右の小路に入ってください。

法林寺に向かう途中のT字路小路に入って300mほど歩くとT字路にぶつかりますので右折し…

京ヶ峰の登山コースに向かう途中の十字路そのすぐ先の十字路を右折したら、ひたすら道なりに直進しましょう。

京ヶ峰の登山コースに向かう途中の辻を右へ十字路から700mほど歩いた所の十字路(左の画像の辻)を右に入り…

(※ちなみにここを左折すると後述する法林寺前に着きます)

京ヶ峰の登山コースの入口手前の林道入口すぐ先の辻を右に入って道なりに奥に進むと…

京ヶ峰の登山コースの入口(法林寺の西側)京ヶ峰の登山コースの入口に至ります。

(※すぐ横に車3台分ほどの駐車スペースがありますが、そばにあるお墓にお参りする人が使うための広場のようですので登山者が使うのは避けた方が良いでしょう。)

本宿駅から京ヶ峰の登山口までの道順はこんな感じです。

法林寺の南側から京ヶ峰の登山コースに入る場合

京ヶ峰の登山コースは上述した登山口の他に、法林寺の南側からアプローチするコースも整備されているようなのでそちらのコースの登山口までの道順も併せてご紹介しておきます。

法林寺に向かう途中で右に入るところ法林寺の南側から京ヶ峰の登山コースに入る場合は、前述したようにファミリーマートの先で右の小路に入った先の…

法林寺に向かう途中のT字路T字路を右折して…

法林寺に向かう途中の十字路を直進その先の十字路をそのまま直進してください。

清浄苑の前を右折すぐ先でT字路にぶつかったら右折して…

清浄苑の前の車道を直進清浄苑を左に見送って道なりに車道をまっすぐ進むと…

法林寺の入口前のT字路法林寺の前のT字路に着きます。

ここを右に折れると前述した京ヶ峰の登山コースの入口手前の辻に着きますが、法林寺の南側から京ヶ峰の登山コースに入る場合はそのまま車道を直進してください。

法林寺の南側から京ヶ峰の登山コースに入る法林寺前の車道を道なりに南に進み最奥の民家に着いたら、そのまま前方のダート路を奥に進み、京ヶ峰の登山コースに入ってください。

本宿駅から法林寺の南側から京ヶ峰の登山コースの入口までの道順はこんな感じです。


参考サイト

名古屋鉄道(名鉄)
http://top.meitetsu.co.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス