成田空港で野宿できる(無料で泊まる)最適な場所とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Read this page in English >

日本(東京)の空の玄関口、成田空港。

成田空港

世界中の都市と数多くの航空路線で結ばれた、日本最大の空港です。

国際空港としてのイメージが強い成田空港ですが、実は(というほどの話ではありませんが・・・)国際線だけではなく国内線も数多く就航されています。

特にジェットスターやピーチなど格安航空会社(LCC)は羽田ではなく成田空港を発着地として利用しているため、LCCを利用して日本アルプスなどに行く場合には、成田空港をアクセス中継地として利用するという人も多いことでしょう。

そんな成田空港を利用するうえでの唯一の悩みは位置的に首都圏から離れていることで、夜遅くに到着する便や早朝に離陸する便を利用する場合には成田空港周辺で1泊する必要性を痛感することもあるかもしれません。

幸い、成田空港は24時間稼働していますので、ロビーや待合室で朝まで過ごすことも可能ですが、出来る限り過ごしやすいところで仮眠を取りたいと思うのが”人の世の常”というものです。

「どっかいいとこないかな~」と調べていたら、とても良い場所を見つけてしまいました。

皆さん、成田空港第2ターミナルの「北ウェイティングエリア」って知ってますか?


スポンサーリンク

成田空港の「北ウェイティングエリア」とは?

「北ウェイティングエリア」とは、乗り継ぎなどで長時間の待機が必要となる利用客のために作られた待合室のことで、成田空港の第2ターミナルに設置されています。

位置的には、第2ターミナルの1階ロビーの一番北側、第3ターミナルへの連絡通路の近くです。

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアを示す案内板

第2ターミナルのロビーを北側に進んでいくと、「北ウェイティングエリア」を示す表示板があるので、行けばわかると思います。

成田空港第2ターミナルの1階ロビー

表示に従ってロビーの通路を奥に進み、自動ドアの先に入って行くと・・・

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアの入口

広々とした待合室があります。ここが第2ターミナルの北ウェイティングエリアです。

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリア

座席数は900席を超えていますので、混んでいて座れないということは無いでしょう(たぶん・・・)。

座席は、シート席だけでなく「フラットシート」や・・・

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアのフラットシート

「畳席」もありますので・・・

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアの畳席

こんな感じで寝ることだってできちゃいます(さみしい・・・)。

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアの畳席で眠る登山口ねっと!の管理人

もちろん、成田空港が設置した公認の施設なので、転がって寝ても全く問題ありません(・・・と言うか、転がって寝るための施設です)。

空港の施設内にあるため外部から良からぬ人が侵入してくる可能性は極めて低く、しかも1時間に2~3回ほどの間隔で警察官や警備員が巡回に訪れるため、防犯対策も完璧です。

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアを巡回する警察官

(警察と警備員はパトロールを分担しているわけではないので同時刻に巡回に来ることもあり頻繁に目にします)

もちろん、トイレは北ウェイティングエリアの中にあり・・・

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアのトイレ

お菓子や・・・

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアのお菓子の自動販売機

アイスクリームなどの・・・

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアのアイスクリームの自動販売機

自動販売機コーナーも充実のラインナップで出迎えてくれます。

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアの自動販売機コーナー

ゴミ箱も完備されていますので多い日も安心・・・

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアのゴミ箱コーナー

眠れなくなったら備え付けの旅行ガイドブックを読んでも良いですし・・・

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアのブックコーナー

キッズコーナーでおままごとをするのも楽しいでしょう。

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアのキッズパーク

しかも、電源を取れるコンセントや・・・

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアにある電源タップ

USB端子もありますので、スマホやPC、携帯ゲーム機などのバッテリー切れを心配することなく朝まで暇をつぶすことも可能です。

成田空港第2ターミナルの北ウェイティングエリアにあるUSB端子

このように、第2ターミナルの北ウェイティングエリアは至れり尽くせりのお手軽野宿スポットになっていますので、貧乏旅行者の皆さんが利用するには最適の場所といえるのではないでしょうか?

成田空港にはカプセルホテルもあり、そちらを利用するのも良いですが、費用を抑えたい場合には第2ターミナルの北ウェイティングエリアを利用するのも良いのではないかと思います。

なお、成田空港の第1ターミナル・第2ターミナル・第3ターミナルの間は、無料の連絡バスで移動することができますので(※ただし、運行時刻は04:30~23:20まで)、第1ターミナルや第3ターミナルを利用する人もそれほど不便は感じないでしょう。

成田空港のターミナルを繋ぐ無料連絡バス


成田空港のその他の野宿ポイント

ちなみに、成田空港内では、第1・第2・第3ターミナルの1階中央口ロビーや、第3ターミナルのフードコートなども24時間利用することができますので、野宿する場所に困ることはないでしょう。

なお、成田空港で24時間待機できる場所の詳細は、成田空港のウェブページで確認することができますので詳しくはそちらでご確認ください。

成田空港
http://www.narita-airport.jp
※”早朝便をご利用のお客様へ”のページ(http://www.narita-airport.jp/jp/news/early_morning.html

大江戸温泉物語を利用する場合

野宿に抵抗がある場合は、東京のお台場にある大江戸温泉物語を利用するのもよいでしょう。

大江戸温泉物語

大江戸温泉物語には無料で利用することができる仮眠室も設置されているので(だだっ広い宴会場のような畳の部屋に敷布団が敷いてあり、毛布も利用できる)、旅の疲れを癒すには最高の場所です。

成田空港から東京都心部にアクセスする京成バスの「東京シャトル」を利用する場合は、大江戸温泉物語を1,200円(通常料金は2,480円)で利用することができる割引券がもらえますので、ネットカフェなどを利用するよりも少ない費用で朝まで過ごすことが可能です。

京成バスの東京シャトルの大江戸温泉物語割引券

なお、京成バスの東京シャトルおよび大江戸温泉物語の割引券についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 成田空港から東京にアクセスする方法(京成バスを利用する)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス