馬返し(吉田ルート)にバスでアクセスする方法※富士山駅発着

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古くから多くの道者(信仰のための登山者)に踏まれてきた吉田ルート(吉田口登山道)。

吉田ルートの登山口となる「馬返」の画像近年では「富士スバルライン五合目(富士山五合目)」が吉田ルート(吉田口登山道)の登山口とされていますが、スバルライン五合目はその名のとおり吉田ルートの「五合目」の登山口にすぎません。

吉田ルートの「一合目」の登山口は、富士山の東山麓にある富士浅間神社から山間に入った場所にある「馬返し」にあります。

 画像は馬返しの登山道入口。清めの場所として親しまれた「禊所」のある場所です。

「馬返し」から五合目までの間には女人禁制の場を象徴する「御座石」、五合目の「たばこ屋跡」など旧跡が多く残されており、他の4ルート(富士宮、御殿場、須走、吉田(※スバルライン五合目から入山する場合))では味わえない古き良き登山道を楽しむことが出来ます。

便数は少ないですが、馬返しまでは富士山駅から路線バス(ハイヤー)もアクセスしていますので一般登山客も比較的気軽に利用できるのではないでしょうか。

行程が長いためリーピーター向きの登山コースとなりますが、今回は吉田ルートの一合目の登山口となる「馬返し」にアクセスする方法をご紹介いたします。

なお、富士山駅までのアクセス方法はこちらのページを参考にしてください。
富士スバルライン五合目(吉田ルート)へのアクセス※大阪発着
富士スバルライン五合目(吉田ルート)へのアクセス※新宿発着

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  富士山
 登山口名  馬返し、禊所、吉田口一合目
 最寄バス停  馬返バス停(富士急山梨ハイヤー・富士山駅~馬返線)
 最寄駅  富士山駅(富士急行・河口湖線)


馬返し(吉田ルート)にバスでアクセスする方法※富士山駅発着

~ 富士山駅から馬返し行きバス(ハイヤー)に乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(富士山駅から馬返しまで)

富士山駅バス停から富士急山梨ハイヤー㈱の運行する「馬返行き直通バス(ハイヤー)」に乗車し、終点の馬返で降車する。

 運賃は500円(往復930円※通用期間は2日間※往復割引は富士山駅切符うりばで往復乗車券を購入する場合にのみ適用。車内での支払いは片道料金になる)。

富士山駅前バスターミナルから見る富士山駅の画像

 富士山駅バス停(http://goo.gl/maps/iPVx9)。

※バス停および富士山駅バス切符うりばは駅出口を出て左側にあります。

馬返バス停(富士急山梨ハイヤー)の画像 馬返しバス停(http://goo.gl/maps/g9SYV)。

 富士山駅から馬返しまでの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 富士山駅~馬返バス時刻表(※2016年版)
※特定日のみ運行
富士山駅 09:10 10:30 12:40 13:50 15:00
浅間神社 09:20 10:40 12:50 14:00 15:10
中の茶屋 09:30 10:50 13:00 14:10 15:20
馬返し 09:40 11:00 13:10 14:20 15:30
【2016年の特定日】
・4/9~7/1 および 9/1~11/3 の期間の土日祝
・7/2~8/31 の期間は毎日運行
 時刻表は富士急行のサイトで最新のものを確認してください。

 帰りの時刻表はこちらです。

 馬返~富士山駅バス時刻表(※2016年版)
※特定日のみ運行
馬返し 09:45 11:05 13:15 14:25 15:35
中の茶屋 09:55 11:15 13:25 14:35 15:45
浅間神社 10:05 11:25 13:35 14:45 15:55
富士山駅 10:15 11:35 13:45 14:55 16:05
【2016年の特定日】
・4/9~7/1 および 9/1~11/3 の期間の土日祝
・7/2~8/31 の期間は毎日運行
 時刻表は富士急行のサイトで最新のものを確認してください。

ちなみに、馬返しの場所はこの辺りになります。


参考サイト

富士急山梨ハイヤー
http://www.fujikyu.co.jp/taxi/yamahai/
※馬返し行きバスの時刻表は富士山駅バスターミナル(富士山駅バス停)の切符売場でもらえます。詳細は富士急山梨ハイヤーか富士山駅バスターミナルにお尋ねください。

富士急行
http://bus.fujikyu.co.jp/
※馬返し行きバスのページURL(http://bus.fujikyu.co.jp/rosen/detail/id/5/#d_h01


スポンサーリンク
【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス