スポンサーリンク

須走口五合目(須走ルート)にアクセスする方法※大阪発着

富士登山ルートの中では山小屋の数も少なく、経験者向きコースとして知られる須走ルート。

富士山東側の中腹にある須走口五合目が登山口となります。

福岡市内(九州地区)からアクセスする場合は、静岡空港への直行便を利用したり新幹線を利用する手もありますが、関空や成田まで格安航空会社(LCC)を利用したり、大阪まで高速バスを利用するといったアクセス方法も時には割安だったりします。

そこで今回は、大阪を起点に須走口五合目にアクセスする方法をご紹介いたします。

なお、福岡から大阪へのアクセス方法はこちらの記事をご覧ください。
福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

また、東京を起点にアクセスする場合はこちらの記事をご覧ください。
須走口五合目(須走ルート)にアクセスする方法(東京発着)

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 富士山
 登山口名 須走口五合目(須走ルート)
 最寄バス停 須走口五合目バス停(富士急行・夏季登山バス)
 最寄駅 JR御殿場駅(御殿場線)

スポンサーリンク

須走口五合目(須走ルート)にアクセスする方法※大阪発着

~ 梅田から夜行バスに乗車し、御殿場駅で登山バスに乗り換える ~

STEP1
(大阪市内から御殿場駅まで)

大阪駅前(地下鉄東梅田駅)バス停などから近鉄バスの運行する小田原行き高速バス「金太郎号」に乗車し、御殿場駅で降車する。

※なお金太郎号は、近鉄なんば駅西口(OCATビル2Fバスターミナル)および京都駅八条口からも乗車可能です。

※ 大阪からの運賃は8,000円(往復乗車券は14,400円)、京都からは7,500円(往復乗車券は13,500円)、他に平日限定割引片道5,000円あり。

※高速バスの予約は→楽天トラベル(高速バス予約)から可能です。

※ 全席指定のため事前予約が必要です。

大阪駅前(地下鉄東梅田駅)バス停の画像📷 大阪駅前(地下鉄東梅田駅)バス停(http://goo.gl/maps/FG8ND)。

 

 

 

OCATビルバスターミナル(https://goo.gl/maps/2WVwgh8QFY5rfgCF9)。
京都駅八条口バス停(https://goo.gl/maps/YE2aEa1s5Qce7M2e7)。

⌚ 高速バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 大阪・京都~御殿場駅 バス時刻表(※2019年版)
往路復路
OCAT21:35御殿場駅21:30
東梅田21:55沼津駅北口22:30
京都駅八条口22:58京都駅八条口05:36
沼津駅北口06:04東梅田06:32
御殿場駅07:04OCAT06:52
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

STEP2
(御殿場駅前から須走口五合目まで)

御殿場駅前から富士急行の運行する須走口五合目行き夏季富士登山バスに乗車し、終点の須走口五合目で降車する。

※ 運賃は1,540円(往復割引乗車券は2,060円※2日間有効)。

※事前予約は不要です。

御殿場駅バス停(御殿場駅前バスタ―ミナル)と御殿場駅の画像📷 御殿場駅バス停(https://goo.gl/maps/f5K8FSjGWn8e57CEA)。

 

 

 

📷 須走口五合目バス停の位置(https://goo.gl/maps/QgxTTrw2gXozshk69)※画像はありません。

⌚ 須走口五合目までの登山バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

須走口五合目(須走ルート)にアクセスする方法※東京発着

ワンポイントアドバイス

東梅田でのインターネットカフェの割引について

近鉄バスの発車時刻までの時間をネットカフェで過ごそうと思っている場合は、バス停のすぐそばにある「インターネットカフェ@WAN東梅田店」が便利です。近鉄バスの高速バス乗車券を提示することにより1時間以内なら全席100円、パック料金も半額になるのでかなりお得です(※詳細は後述の参考サイトから近鉄バスのサイトにアクセスしてご確認ください)。

参考サイト

近鉄バス
https://www.kintetsu-bus.co.jp/

富士急行|富士急のバス
https://bus.fujikyu.co.jp/

【PR】登山用品をレンタルするならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。
【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

富士山(山梨県側)の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!