スポンサーリンク

武甲山の表参道コース登山口に横瀬駅からアクセスする方法

秩父の市街地を北に見下ろす武甲山(1304m)。

武甲山の表参道コース登山口にある一の鳥居日本二百名山にも選ばれる中級山岳で、展望と首都圏からのアクセスの良さから関東周辺の登山愛好家にこよなく愛され続けている秩父の秀峰です。

埼玉だけでなく全国的に知名度のあるハイキングスポットだけあって武甲山の登山ルートも複数あるようですが、一般には横瀬駅を起点とする”表参道コース”、浦山口駅を起点とする”裏参道コース”、大持山から縦走する”縦走コース”の3つが多く利用されているようです。

(📷 画像は武甲山の表参道コース登山口にある御嶽神社の一の鳥居。狛犬が四匹いるのが厳粛な雰囲気を醸し出しています。)

このうち表参道コースと裏参道コースをつなぐ登山ルートは首都圏からの日帰り登山でも利用することができる人気のコースとなっており、最寄り駅から登山口まで徒歩でアクセスすることも可能なことから公共交通機関を利用したハイキングには最適といえるでしょう。

そこで今回は、この武甲山の3つの登山ルートのうち、「表参道コース」の登山口に西武鉄道の横瀬駅から歩いてアプローチする場合のアクセス方法(道順)をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は新宿駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から新宿(東京)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、武甲山の裏参道コースを登る場合はこちらのページを
▶ 武甲山の裏参道登山口(橋立)に浦山口駅からアクセスする方法
また、南側の大持山・小持山から縦走する場合はこちらのページを参考にしてください。
▶ 大持山・小持山の妻坂峠登山口とウノタワ入口にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 武甲山
 登山口名 表参道コース登山口(一の鳥居駐車場)
 最寄りバス停 –
 最寄り駅 浦山口駅(秩父鉄道)

スポンサーリンク

武甲山の表参道コース登山口に横瀬駅からアクセスする方法

~ 秩父鉄道の浦山口駅から歩く ~

STEP1
(新宿駅から横瀬駅まで)

新宿駅からJR山手線に乗車し、池袋駅で西武池袋・秩父線(急行飯能行)に乗り換え、飯能駅で西武池袋・秩父線(各停西武秩父行)に乗り継いで、横瀬駅で下車する。

※運賃は新宿~池袋160円、池袋~横瀬740円。

※池袋駅から西武池袋線の特急ちちぶ(西武秩父行)に乗車しても構いません(※指定席700円が別途必要)。

※西武新宿駅から西武新宿線(本川越行)に乗車し、所沢駅で西武池袋・秩父線(飯能行)に、飯能駅で西武池袋・秩父線(西武秩父行)に乗り継ぐ方法などもあります(※この場合の運賃は780円)。

横瀬駅(西武秩父線)📷 横瀬駅。

 

 

 

STEP2
(横瀬駅から表参道コースの登山口まで)

横瀬駅から武甲山の表参道コースの登山口まで歩く。

横瀬駅前の車道を武甲山の方に進む横瀬駅で西武線を下車したら、駅前の線路沿いの車道を東側に歩いてください。

 

 

横瀬駅の1.5km東にあるT字路道なりに1.5kmほど歩いたら信号のあるT字路に出合いますので、右折して道なりにまっすぐ進んでください。

 

 

武甲山の表参道コース登山口に向かう途中の採石場前の車道砕石場が続く車道を山側に進んでいくと…

 

 

武甲山の表参道コース登山口に向かう途中の採石場の最奥部から林道に入るところ採石工場の最奥部から林道が始まりますので、そのまま林道を直進してください。

 

 

武甲山の表参道コース登山口(一の鳥居駐車場)の入口横瀬駅から6kmほど歩いたところの林道右側に武甲山の一の鳥居駐車場の入口がありますので、ここから右に入り…

 

 

武甲山の表参道コース登山口にある一の鳥居御嶽神社の一の鳥居をくぐったら…

 

 

武甲山の表参道コース登山口の駐車場駐車場の先の登山道入口から武甲山への登山道に入ってください。

 

 

 

横瀬駅から武甲山の表参道コースの登山口(一の鳥居駐車場)までの道順はこんな感じです。

※ちなみに武甲山はグーグルマップのストリートビューでも登ることができます。→https://goo.gl/maps/gGhUJYjMK5K2

参考サイト

西武鉄道
https://www.seiburailway.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

秩父の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!