スポンサーリンク

和名倉山の登山口 秩父湖の吊り橋にバスでアクセスする方法

埼玉県の南西部に位置する和名倉山(2036m)。

埼玉大学の秩父山寮横から和名倉山への登山道に入るところ百名山の雲取山からさらに西奥に入ったところにたたずむ中級山岳で、山梨の唐松尾山との縦走路がベテランハイカーに人気となっている熟練ハイカーご用達の秀峰です。

和名倉山への登山ルートは南の唐松尾山との縦走コースを利用するのが一般的で、縦走ルートを北側からスタートする場合は、秩父湖畔にある埼玉大学の寮の脇から秩父湖に架かる吊り橋を渡って和名倉山への登山道に入るのが通常のアプローチ方法となります。

(📷 画像は秩父湖畔の埼玉大学秩父山寮の横にある和名倉山への登山道入口)

秩父湖へのアクセスはマイカーかレンタカーが便利ですが、西武秩父駅から路線バスも利用できますので公共交通機関を利用したハイキングも特に問題ありません。

そこで今回は、和名倉山の登山口となる秩父湖の吊り橋に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は新宿駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から新宿(東京)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
▶ 福岡から東京にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 和名倉山
 登山口名 和名倉山登山道入口(秩父湖の吊り橋・埼玉大学秩父山寮)
 最寄りバス停 秩父湖バス停(西武観光バス・三峯神社線)
 最寄り駅 西武秩父駅(西武秩父線)

スポンサーリンク

和名倉山の登山口 秩父湖の吊り橋にバスでアクセスする方法

~ 西武秩父駅から路線バスに乗る ~

STEP1
(新宿駅から西武秩父駅まで)

西武新宿駅から西武鉄道の「本川越行き(西武新宿線)」に乗車し、飯能駅で「西武秩父行き(西武秩父線)」に乗り継いで、終点の西武秩父駅で下車する。

※ 運賃は780円。

西武秩父駅📷 西武秩父駅。

 

 

 

STEP2
(西武秩父駅から秩父湖まで)

西武秩父駅バス停から西武バスの運行する「三峯神社」行き路線バス(三峯神社線)に乗車し、秩父湖で降車する。

※ 運賃は740円。

西武秩父駅バス停(西武観光バス)📷 西武秩父駅バス停(https://goo.gl/maps/9Bd1YmvUQHt)。

 

 

秩父湖バス停(西武観光バス)📷 秩父湖バス停(https://goo.gl/maps/63r7ahPxYshnbjFBA)。

 

 

 

⏰ 路線バスの時刻表は雲取山の登山口となる三峯神社へのアクセス方法をレポートしたこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 雲取山・三峰山の登山口 三峯神社にバスでアクセスする方法

※ただし、このリンク先のページの時刻表は三峯神社までのバスの発着時刻のみ抜粋しており秩父湖止まりのバスは省略していますので、実際はリンク先のページに掲載している時刻表以外の時間にもアクセスすることは可能です。リンク先のページ以外の時間帯にアクセスしたい場合は後述の参考サイトから西武バスのサイトにアクセスして各自お調べください。

STEP3
(秩父湖バス停から和名倉山の登山口まで)

秩父湖バス停から和名倉山の登山口まで歩く。

秩父湖バス停(西武観光バス)秩父湖でバスを降車したら、バス停前の国道140号線を秩父湖の方向に(栃本・川又方面に)進んでください。

 

 

国道140号線の三峯神社への分岐国道を500mほど進むと三峯神社への分岐に着きますので、左折して三峯神社の方に進みましょう。

 

 

埼玉大学の秩父山寮前1kmほど道なりに歩いたら、車道の右側に三角形の屋根をした埼玉大学の寮が見えますので…

 

 

埼玉大学の秩父山寮横から和名倉山への登山道に入るところその横から登山道に入り、吊り橋を渡って和名倉山の登山道に入ってください。

 

 

 

秩父湖バス停から埼玉大学寮横にある和名倉山の登山口までの道順はこんな感じです。

参考サイト

西武鉄道
https://www.seiburailway.jp/

西武バス
https://www.seibubus.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

秩父の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!