スポンサーリンク

雲雀山と糸我峠の登山口 熊野古道の糸我王子跡へのアクセス方法

有田の市街地を北に見下ろす雲雀山(201m)。

熊野古道の糸我王子跡山中を熊野古道が通ることから、多くの巡礼者が見上げてきたであろう紀北の霊峰です。

雲雀山の登山ルートは2つ。くまの歴史民俗資料館のそばにある雲雀山登山口から雲雀山に直登するルート(雲雀山を経由して糸我峠に至る熊野古道の「雲雀山みち」)と、雲雀山登山口の少し先にある糸我王子跡から熊野古道の糸我峠まで登って雲雀山山頂を目指す熊野古道コースがあります。

(📷 画像は糸我峠の登り口にある糸我王子跡。)

そこで今回は、雲雀山の登山口と熊野古道の糸我峠の登り口となる糸我王子跡にアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は和歌山駅発着のアクセス方法となりますので、和歌山までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
大阪から和歌山にアクセスする方法(JR・南海電車)

ちなみに、糸我峠に南側の逆川王子跡方面から登る場合はこちらのページを参考にしてください。
熊野古道の糸我峠の登り口 逆川王子跡にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭
 山岳名 雲雀山、糸我峠(熊野古道)
 登山口名 雲雀山登山口(熊野古道の雲雀山道)、糸我王子跡
 最寄バス停 –
 最寄駅 紀伊宮原駅(JR紀勢本線)

スポンサーリンク

雲雀山と糸我峠の登山口 熊野古道の糸我王子跡へのアクセス方法

~ JR紀伊宮原駅から歩く ~

STEP1
(和歌山駅から紀伊宮原駅まで)

和歌山駅からJR紀勢本線(御坊行き)に乗車し、紀伊宮原駅で下車する。

※ 運賃は500円。

JR紀伊宮原駅📷 JR紀伊宮原駅。

 

 

STEP2
(紀伊宮原駅から雲雀山登山口・糸我王子跡まで)

紀伊宮原駅から雲雀山登山口および糸我王子跡まで歩く。

JR紀伊宮原駅前の車道紀伊宮原駅でJRを下車したら、駅前の車道を東に進んでください。

 

 

JR紀伊宮原駅東側の踏切前のT字路薬屋さんのある辻に着いたら右折。

 

 

紀伊宮原駅から国道480号線に出合う手前のところその先のT字路は左折します。

 

 

紀伊宮原駅から国道480号線に出合うところすぐ先で国道480号線に出るので、その先の宮原橋を渡ってください。

 

 

宮原橋を渡ったところ橋を渡ったらすぐに左折し、河川敷の遊歩道を東に進みましょう。

 

 

宮原橋東側の河川敷の遊歩道から降りるところ400mほど歩いたところで右側の小路を下ってください。

 

 

国道42号線に出合ったところからすぐ右に入るすぐ先で国道42号線に出合うので国道を渡ってすぐに右の小路に入ります。

 

 

得生寺前の車道得生寺を右に見送ったら、道なりに直進。

 

 

糸我稲荷神社前の車道その先にある糸我稲荷神社の先の辻に…

 

 

糸我稲荷神社前の辻にある道標(石柱)から熊野古道をみる熊野古道の道標(石柱)がありますので、そのまま辻を直進してください。

(※この辻を右に入ると「くまの古道歴史民俗資料館」があります)

 

雲雀山の登山口(熊野古道の雲雀山みちの登り口)熊野古道の道標(石柱)少し先の左側には…

 

 

雲雀山の登山口(熊野古道の雲雀山みちの登り口)から登山道を見上げる雲雀山の登山口(熊野古道の雲雀山みちの登り口)がありますので、雲雀山に登って糸我峠を目指す場合はここから入山してください。

雲雀山に登らず糸我峠に直行する場合はそのまま車道を直進しましょう。

 

糸我王子跡入口前雲雀山の登山口を見送って車道を真っ直ぐ進むと糸我王子跡の入口がありますので、糸我王子跡に立ち寄る場合はここから左に入ってください。

 

 

熊野古道の糸我王子跡糸我王子跡で道中の安全を祈願したら、車道に戻ってそのまま道なりに進み、糸我峠を目指して下さい。

 

 

紀伊宮原駅から宮原橋を渡ったところまでの道順はこんな感じになり…

河川敷の遊歩道を出てから糸我王子跡までの道順はこんな感じになります。

なお、河川敷の遊歩道を出た地点から雲雀山の登山口までの道順はこのようになります

参考サイト

JR西日本
https://www.westjr.co.jp/

【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

熊野古道の登り口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!