飯盛山・長者ヶ峰の登山口 なかつ平成の森にアクセスする方法

スポンサーリンク

清流、日高川を南に見下ろす飯盛山(537.9m)と長者ヶ峰(650.6m)。

なかつ平成の森の入口にある大クスその昔、山芋ほりのじいさんがこの峰で芋を掘っていたところ、大判小判がいっぱいに詰まった大きな壷を掘り当ててここに住み着いたことからこの山を長者ヶ峰というようになった…という日本昔話的な伝承も伝わる和歌山でも人気のハイキングスポットとして知られています。

登山コースはいくつかあるようですが、一般的には南山麓のなかつ平成の森から飯盛山を経て長者ヶ峰に縦走するコースが比較的多く歩かれているようです。

(📷 画像はなかつ平成の森の入口にある大クス)

登山口となるなかつ平成の森までのアクセスは自家用車があると便利ですが、すぐ近くまで路線バスもアクセスしていますので公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、飯盛山と長者ヶ峰の登山口となる「なかつ平成の森」に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は和歌山駅発着のアクセス方法となりますので、和歌山までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
大阪から和歌山にアクセスする方法(JR・南海電車)

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭
 山岳名 飯盛山、長者ヶ峰
 登山口名 なかつ平成の森
 最寄バス停 中津郵便局前バス停(御坊南海バス・日高川線)
 最寄駅 –

スポンサーリンク

飯盛山・長者ヶ峰の登山口 なかつ平成の森にアクセスする方法

~ 道成寺駅または御坊駅から路線バスに乗る ~

STEP1
(和歌山駅から道成寺駅まで)

和歌山駅からJR紀勢本線(御坊行き)に乗車し、道成寺駅(または御坊駅)で下車する。

※ 運賃は970円(※特急くろしおに乗車する場合は特急券1,490円が別途必要)。

JR道成寺駅📷 JR道成寺駅。

 

 

JR御坊駅📷 JR御坊駅。

 

 

 

STEP2
(道成寺駅から中津郵便局前まで)

道成寺駅バス停(または御坊駅バス停)から御坊南海バスの運行する川原河行き路線バス(日高川線)に乗車し、中津郵便局前で降車する。

※ 運賃は600円(※御坊駅から乗車の場合は710円)。

御坊駅バス停📷 御坊駅バス停(https://goo.gl/maps/zFemb3gQw8psrWZb9)。

 

 

道成寺駅バス停(御坊南海バス)📷 道成寺駅バス停(https://goo.gl/maps/nH7KfZ84Vj8EJpNDA)。

 

 

中津郵便局前バス停(御坊南海バス)📷 中津郵便局前バス停(https://goo.gl/maps/rm5hqmXFp8frw2QL9)。

 

 

 

⌚ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 白馬山・城山の登山口 川原河と桂木峠にバスでアクセスする方法

STEP3
(中津郵便局前バス停からなかつ平成の森まで)

中津郵便局前バス停から登山口となる「なかつ平成の森」まで歩く。

中津郵便局前のT字路中津郵便局前でバスを降車したら、郵便局前のT字路から山側に入ってください。

 

 

なかつ平成の森入口にある大クス前すぐ先に大クスがあるのでその前で右折。

 

 

なかつ平成の森入口にある大クス前からなかつ平成の森への林道を見るあとは林道を道なりに真っ直ぐ進んでください。

 

 

なかつ平成の森の飯盛山登山口前の広場バス停から2kmほど歩けばなかつ平成の森の登山口前広場に到着。

 

 

なかつ平成の森の飯盛山登山口の案内板登山口から飯盛山山頂までの所要時間は約90分です。

 

 

 

中津郵便局前バス停から、なかつ平成の森までの道順はこんな感じです。

参考サイト

JR西日本
https://www.westjr.co.jp/

御坊南海バス
http://www.g-nankai.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

御坊・中津周辺の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!