スポンサーリンク

木浦鉱山と天神原山の登山口にバスでアクセスする方法

江戸時代にはスズや鉛を多く産出した木浦鉱山。

木浦鉱山千人間府(大分県佐伯市)の画像天神原山を背後に控えた山里には、最盛期には1000人を超える労働者が集まりました。

(📷 画像は木浦鉱山で最大規模の坑道跡とされる千人間府の入口。)

登山口は県道6号線沿いの木浦鉱山郵便局から林道を上った先にある大切峠近くにありますが、木浦鉱山郵便局近くにアクセスするバス路線が平成25年4月に廃止されたため公共交通機関を利用してのアクセスは困難を極めます。

木浦鉱山の集落まで佐伯市のコミュニティバスが乗り入れているのですが、このコミュニティバスは定期運行ではなく、運行を委託されているタクシー会社に電話予約を入れなければ乗車できないシステムになっているらしく、登山での利用としては使い勝手が悪すぎます。

そこで民間路線バスの利用を検討することとなるのですが、一番近いバス停は国道326号線ぞいにある商業団地「うめタウン326」のバス停となり、そこから先は徒歩かタクシーを利用するしかありません。

このサイトは基本タクシーNGなので徒歩でアクセスすると考えるとバス停から登山口までの距離が約16km(後述のGoogle Mapを見てね)となるので常識的に考えるならば公共交通機関を利用してのアクセスは不可能と言えるでしょう。

とはいえ、このサイトはそんなことにはお構いなしなので、今回は公共交通機関を利用して木浦鉱山と天神原山の登山口にアクセスする方法をレポートいたします。

なお、今回は大分駅発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から大分市内までのアクセス方法はこちらの記事を参考にしてください。
福岡市内から別府・大分にアクセスする方法(JR・高速バス)

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭😭😭😭😭😭
 山岳名 木浦鉱山、天神原山
 登山口名 木浦鉱山千人間府入口
 最寄バス停 うめたうん326バス停(佐伯市コミュニティーバス宇目・直川線)
 最寄駅 JR佐伯駅、重岡駅(日豊本線)


木浦鉱山と天神原山の登山口にアクセスする方法

~ 佐伯駅から路線バスを利用し、うめたうん326から歩く ~

スポンサーリンク

STEP1
(大分駅から佐伯駅まで)

佐伯駅でバスに乗り換える場合

大分駅からJR日豊本線(下り)に乗車し、佐伯駅で下車する。

※ 運賃は1,250円(所要時間は普通列車で約1時間半)。

JR佐伯駅(日豊本線)の画像

📷 佐伯駅。

 

 

 

重岡駅でバスに乗り換える場合

大分駅からJR日豊本線(下り・佐伯方面)に乗車し(※佐伯駅で南延岡行きに乗り継ぎあり)、重岡駅で下車する。

※ 運賃は1,820円。

JR重岡駅と重岡駅バス停(大野竹田バス)の画像📷 重岡駅。

 

 

STEP2
(佐伯駅前または重岡駅からうめたうん326まで)

佐伯駅前バス停または重岡駅バス停から佐伯市の運行するコミュニティバス(※運航委託先は大分バス)の「ふれあいセンター宇目」行き(宇目・直川線)に乗車し、うめたうん326で降車する。

※ 佐伯駅からの運賃は1,200円。

JR佐伯駅(日豊本線)の画像📷 佐伯駅バス停(http://goo.gl/maps/dnni0)。

※バス停は駅の正面にあります。

 

JR重岡駅と重岡駅バス停(大野竹田バス)の画像📷 重岡駅バス停(http://goo.gl/maps/7UWPP)。

 

 

うめたうん326バス停(大分バス)の画像📷 うめたうん326バス停(http://goo.gl/maps/GmYwd)。

 

 

 

⌚ コミュニティーバスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 佐伯駅~ふれあいセンター宇目 バス時刻表(※2019年版)
平日土日祝
 佐伯駅06:3913:2315:4317:3311:3315:43
 重岡駅07:4214:2618:3612:5917:09
 うめたうん32608:0314:4717:0918:5713:2017:30
 ふれあいセンター08:0614:5017:1219:0013:2317:33
⚠ 時刻表は佐伯市で最新のものを確認してください。

⌚ 帰りの時刻表はこちらです。

 ふれあいセンター宇目~佐伯駅 バス時刻表(※2019年版)
 平日土日祝
 ふれあいセンター06:1408:3915:4008:3414:04
 うめたうん32606:1908:4415:4508:3914:09
 重岡駅09:0316:0408:5814:28
 佐伯駅07:3810:2817:0610:2315:53
⚠ 時刻表は佐伯市で最新のものを確認してください。

STEP3
(うめたうん326から木浦鉱山まで)

うめたうん326から木浦鉱山と天神原山の登山口まで歩く。

うめたうん326バス停(大分バス)の画像うめたうん326バス停でバスを降車したらすぐ前を通っている国道326号線を延岡方面に進んでください。

 

 

ととろ入口の交差点(国道326号線)の画像2.5kmほど進むと「ととろ入口」の交差点に着きますので右折して県道6号線に入り、道なりにひたすらまっすぐ進みましょう。

 

 

県道6号線からトトロの森への分岐地点の画像途中には「ととろバス停」のあるトトロの森への分岐がありますがトトロの森方面に進まずにそのまま道なりに進んでください(※ととろバス停に立ち寄りたい場合はここを右に行くと「ととろバス停」を経由して再び県道6号線に合流します)。

 

県道6号線から傾山の登山口(払鳥屋(御泊)コース)への分岐地点の画像傾山の登山口(払鳥屋(御泊)コース)への分岐を右に見送ってさらにひたすら道なりに進み…(傾山に向かう場合はここから右に入る)

 

 

木浦鉱山の木浦名水館前(県道6号線沿い)の画像木浦鉱山の集落に到着したら、とりあえず県道沿いの木浦名水館で水を補給しておきましょう。

 

 

県道6号線から「藤河内渓谷」「女郎の墓」「千人間府」への分岐地点の画像木浦名水館から100mほど先に「藤河内渓谷」や「女郎の墓」「千人間府」を示す道標が立っているのでそれに従って左折してください。

 

 

木浦鉱山千人間府の駐車場前の画像林道をひたすら道なりに上って行くと、右側に広場が開けているところに着きます。ここが千人間府の駐車場です。

 

 

木浦鉱山千人間府へ続く登山道(林道)の画像ここから300mほど山奥に入ったところに木浦鉱山千人間府があります。

 

 

木浦鉱山千人間府の説明板の画像千人間府の説明板です。

千人間府を見学したら、先ほどの駐車場に戻って再び林道(車道)を進みましょう。

 

天神原山・女郎の墓への林道分岐地点の画像林道を上り終え、車道がフラットになってきてしばらくすると右側に分岐がある個所につきます。

女郎の墓や天神原山の登山口に行く場合はここで右の小道に入ってください。「女郎の墓」の道標がなぜかここだけ設置されていないので見落とさないように注意が必要です。

天神原山を示す小さな表示板の画像天神原山を示す小さな標識も設置してありますが、普通は気づかないでしょう。

 

 

女郎の墓の手前の林道分岐の画像さらに林道を道なりに進むとさらに分岐があるので今度は左折。

(ちなみに右に行くとふれあいの森があります)

 

女郎の墓前の駐車場の画像しばらく進むと女郎の墓の駐車場に到着。

 

 

女郎の墓(木浦鉱山)の説明板の画像女郎の墓の説明板。いろいろと考えさせられるものがあります。

 

 

天神原山の登山道入口(林道終点地点)の画像天神原山の登山口は女郎の墓よりさらに上の林道の終点の右側にあります。

 

 

 

道順はこんな感じです(うめたうん326から女郎の墓・天神原山への林道分岐地点まで)。Google Mapの表示では16.4km・4時間弱となっていますが上り坂や休憩時間を加味した所要時間は5~6時間とみておいた方がいいかなと思います。

蛇足

木浦鉱山千人間府について

木浦鉱山千人間府の動画はこちらです。

ととろバス停について

ととろバス停の動画はこちらです。

参考サイト

大分バス
http://www.oitabus.co.jp/

佐伯市
http://www.city.saiki.oita.jp/index.html
※バス時刻表→http://www.city.saiki.oita.jp/city/img/koukyoukoutsu/komyuniti-bus/umenaokawa-H30.pdf

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

大分・津久見・佐伯市周辺の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!