スポンサーリンク

小広王子(熊野古道)と小広峠に田辺からバスでアクセスする方法

熊野古道中辺路(中辺路ルート)の中央部に位置する小広王子(跡)。

小広峠にある小広王子跡の東屋(トイレ)熊野古道の中でも多くの巡礼者で賑わった中辺路の要衝に位置する王子です(※ちなみに「王子」とは巡礼途上で儀式を行うために建てられた神社のことで(巡礼者の物資を補給するためとする説もあるようです)熊野古道全体で九十九の王子が造られました)。

(📷 画像は小広王子跡の熊野古道入口にある東屋(公衆トイレ)前)。

継桜王子から続く熊野古道(中辺路)は小広王子(小広峠)から熊瀬川王子・岩神王子・湯川王子と続き、船玉神社で湯野峰温泉に下る赤木越え道と発心門王子を経て熊野本宮大社に向かう熊野古道に分かれます(ちなみに、途中の三越峠からは要害森山にも登ることが出来ます)。

ちなみに、小広峠にある熊野古道の入口は、要害森山の登山口ともなっています。

小広王子(跡)のある小広峠までは田辺駅から運行されている路線バスも乗り入れているため、公共交通機関を利用したアクセスも問題ありません。

そこで今回は、熊野古道の小広王子跡(小広峠)に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は紀伊田辺駅発着のアクセス方法となりますので、田辺までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。

大阪から田辺・白浜に高速バス・JRでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 熊野古道(中辺路)、要害森山
 登山口名 小広王子跡、小広峠
 最寄バス停 小広峠バス停(龍神バス・熊野本宮線)(明光バス・快速熊野古道号)
 最寄駅 –

スポンサーリンク

小広王子(熊野古道)と小広峠にJR紀伊田辺駅から路線バスでアクセスする方法

~ 紀伊田辺駅から路線バスに乗る ~

STEP1
(田辺駅前から小広峠まで)

田辺駅前バス停から龍神バスの運行する「発心門王子」「道の駅奥熊野」行き路線バスまたは明光バスの運行する「快速熊野古道号」に乗車し、小広峠で降車する。

※ 運賃は1,540円。

田辺駅前バス停📷 田辺駅前バス停(https://goo.gl/maps/KOrT8)。

 

 

小広峠バス停(龍神バス・明光バス)📷 小広峠バス停(https://goo.gl/maps/2zcczWwP6wn)。

 

 

 

⌚ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

熊野古道の主要登山口にアクセスするバスの時刻表一覧

STEP2
(小広峠から小広王子跡の熊野古道入口まで)

小広峠バス停から小広王子跡そばの熊野古道入口まで歩く。

小広峠バス停から林道に入るところ小広峠でバスを降車したら、バス停の少し本宮側から右の道に入ってください。

 

 

小広峠バス停のすぐ上で林道に出合うところすぐ上で林道に出合うので右折して道なりに進みましょう。

 

 

小広峠にある小広王子跡の東屋(トイレ)バス停から500mほどのところに小広王子跡の東屋(トイレ)がありますので、その横から登山道(熊野古道)に入って下さい。

 

 

 

小広峠バス停から小広王子跡のそばにある熊野古道入口までの道順はこんな感じです。

参考サイト

JR西日本
https://www.westjr.co.jp/

明光バス
http://meikobus.jp/

龍神自動車(龍神バス)
http://www.ryujinbus.com/

和歌山観光情報
http://www.wakayama-kanko.or.jp/walk/
※熊野古道の登山マップがダウンロードできます。

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

熊野古道の登り口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!