スポンサーリンク

九重の登山口 長者原と牧ノ戸峠へのアクセス※由布院発着

九重連山の表玄関として名高い長者原(くじゅう登山口)と牧ノ戸峠。

牧の戸峠登山道入口の画像広々とした無料駐車場を備えるこの両登山口は、九重連山に登るハイカーのみならず、一般観光客も多く訪れる九州屈指の観光地として注目を集め続けています。

(📷 画像は牧の戸峠の登山道入口。)

長者原や牧ノ戸峠に鉄道は通っていませんから、公共交通機関を利用してアクセスする場合は別府または由布院もしくは豊後中村のいずれかの地点からバスを利用するしかありません。

そこで今回は、この3か所の中継地点のうち、由布院を起点として長者原・牧ノ戸峠にアクセスする方法をまとめてみたいと思います。

なお、今回は由布院駅前発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から由布院までのアクセス方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
福岡市内から由布院にアクセスする方法(JR・高速バス)

ちなみに、別府から長者原・牧ノ戸峠にアクセスする場合はこちらの記事を
九重の登山口 長者原と牧ノ戸峠へのアクセス※別府発着
豊後中村からアクセスする場合はこちらの記事を
九重の登山口 長者原と牧ノ戸峠※九重インター・豊後中村駅発着
熊本方面からアクセスする場合はこちらの記事を参考にしてください。
九重の登山口 長者原・牧ノ戸峠(熊本から九州横断バスに乗る)

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 九重連山
 登山口名 長者原(くじゅう登山口)、牧ノ戸峠
 最寄バス停 くじゅう登山口(長者原)バス停(九州横断バス,日田バス,亀の井バス)
 牧の戸峠バス停(九州横断バス,日田バス,亀の井バス)
 最寄駅 –

スポンサーリンク

九重の登山口 長者原と牧ノ戸峠へのアクセス※由布院発着

~ 由布院駅前バスセンターまたは道の駅ゆふいんからバスに乗る ~

由布院駅前バスセンターからアクセスする場合(湯布院駅前バスセンターから長者原・牧の戸峠まで)

由布院駅前バスセンターから産交バスの運行する「熊本行き九州横断バス」または亀の井バスの運行する「牧の戸峠行き路線バス(くじゅう高原線)」に乗車し、くじゅう登山口(長者原)または牧の戸峠で降車する。

※ 亀の井バスを利用した場合の運賃
くじゅう登山口まで1,050円、牧の戸峠まで1,200円。

※ 九州横断バスに乗車した場合の運賃
くじゅう登山口まで1,180円、牧の戸峠まで1,340円。

由布院駅前バスセンター(高速バス「ゆふいん号」・亀の井バス・九州横断バス)の画像📷 由布院駅前バスセンター(http://goo.gl/maps/BTxdU)。

 

 

【くじゅう登山口(長者原)バス停】の画像📷 くじゅう登山口(長者原)バス停(http://goo.gl/maps/8uAO2)。

 

 

【牧の戸峠】の画像📷 牧ノ戸峠(http://goo.gl/maps/Z7fyU)。

 

 

 

⌚ 九州横断バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

長者原と牧ノ戸峠(九重)にバスでアクセスする方法※別府発着

⌚ 亀の井バスのくじゅう高原線の路線バスの時刻表についてもこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

長者原と牧ノ戸峠(九重)にバスでアクセスする方法※別府発着

道の駅ゆふいんからアクセスする場合(道の駅ゆふいんから長者原・牧の戸峠まで)

高速湯布院インターに隣接する道の駅ゆふいんバス停から亀の井バスの運行する牧の戸峠行き路線バス(くじゅう高原線)に乗車し、くじゅう登山口(長者原)または牧の戸峠で降車する。

※ 運賃は、くじゅう登山口までは1,050円、牧の戸峠までは1,200円。

道の駅ゆふいんバス停(高速バス「ゆふいん号」・亀の井バス(牧の戸線))の画像📷 道の駅ゆふいんバス停(http://goo.gl/maps/hRt4c)。

 

 

 

⏰ 時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

長者原と牧ノ戸峠(九重)にバスでアクセスする方法※別府発着

参考サイト

産交バス(九州横断バス)
https://www.kyusanko.co.jp/sankobus/kyushu_odan/

亀の井バス
http://www.kamenoibus.com/
※長者原・牧ノ戸峠方面の路線バスの時刻表を表示させる場合は、亀の井バスサイトのトップページ左上の「路線バス」をクリックして「時刻表・路線図」のページに移動し「城島・湯布院方面」をクリックして「城島・湯布院方面」のページで「城島・湯布院方面時刻表」をクリックしてください。

【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

九重連山の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!