スポンサーリンク

国見山の国見池・夫婦岩コース登山口にアクセスする方法

生駒山地の最北端に佇む国見山(284m)。

国見山の夫婦岩側ハイキング道の入口枚方八景に数えられるこの低山も、戦国期には津田正信によって山城が築かれた(津田城)要害でした。

もっとも、現在はその面影はなく山頂の展望の良さとアクセスの便利さから多くのハイカーが訪れるお手軽ハイキング&ピクニックスポットとして親しまれています。

登山ルートは南側の白旗池から登るコースもありますが、北側の夫婦岩・国見池方面からのハイキングコースを利用する場合は津田駅の東から国見池を経由するルートを歩きます。

(📷 画像は国見山の夫婦岩側ハイキングコースの入口。第二京阪道路の下をくぐってハイキングコースがスタートします。)

国見山の夫婦岩・国見池コースの登山口は津田駅から歩いても30分程度の距離にあるため公共交通機関を利用したアクセスも特に問題ありません。

そこで今回は、枚方市にある国見山の国見池・夫婦岩コースの登山口にアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は梅田(大阪駅)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田(大阪駅)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
 福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

ちなみに、国見山に南側のいきものふれあいセンター方面から入山する場合はこちらのページを参考にして下さい。
国見山の登山口 いきものふれあいセンターにアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 国見山
 登山口名 国見山登山口(国見池・夫婦岩コース登山口)
 最寄バス停 –
 最寄駅 津田駅(JR学研都市線)

スポンサーリンク

国見山の国見池・夫婦岩コース登山口にアクセスする方法

~ JR学研都市線の津田駅から歩く ~

STEP1
(梅田から津田駅まで)

大阪駅からJR環状線(京橋方面)に乗車し、京橋駅でJR学研都市線に乗り換えて津田駅で下車する。

※ 運賃は460円。

JR津田駅📷 JR津田駅。

 

 

 

STEP2
(津田駅から国見山登山口(国見池・夫婦岩コース)まで)

津田駅から国見山の国見池・夫婦岩コース登山口まで歩く。

JR津田駅の北側の信号を右に入る津田駅でJRを下車したら、駅前の車道を北に進み、最初の信号を右に入ってください。

 

 

JR津田駅の北側の踏切踏切を渡ったら…

 

 

JR津田駅の北側の踏切を渡ってすぐに左折するところすぐに左折しましょう。

 

 

JR津田駅のから国見山の夫婦岩側の登山口に行く途中の交差点大きな右カーブを抜けた後に交差点がありますが、道なりに直進してください。

 

 

JR津田駅のから国見山の夫婦岩側の登山口に行く途中の左カーブのところ道なりに車道を直進すると大きく左にカーブしているところがありますので、道なりに左の方に進んでください。

 

 

JR津田駅のから国見山の夫婦岩側の登山口に行く途中のマンション前で右に入るところ左カーブから少し歩いたところで茶色の4階建てのマンションが右手に見えたらその手前から右に入りましょう(※ここで右に入らず200mほど直進すれば右側にデイリーストアがあります)。

 

JR津田駅のから国見山の夫婦岩側の登山口に行く途中の住宅街のT字路右に入って直進し、T字路に突き当たったら左折します。

 

 

国見山の夫婦岩側の登山口の手前の公園前更にその先のT字路を右に曲がると公園(古城公園)に到着。

 

 

国見山の夫婦岩側の登山口の手前の公園から遊歩道に下る公園の右側から遊歩道を下り、第二京阪道路の下をくぐれば…

 

 

国見山の夫婦岩側ハイキング道の入口国見山へのハイキングコースに至ります。

 

 

 

津田駅から国見山登山口(国見池・夫婦岩コース)までの道順はこんな感じです。

参考サイト

JR西日本
https://www.westjr.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

生駒山地の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!