スポンサーリンク
#登山は選挙に行ってから!

2022年7月10日(日曜日)は参議院議員選挙の投票日です。登山を楽しむことができるのも民主主義の下で自由と人権が保障されているからですが、その民主主義の実現には有権者の投票が不可欠です。子や孫の世代に登山を楽しむことができる社会を繋ぐためにも、7月10日は必ず投票所に行きましょう!

三日月山・立石山の登山口 下原にバスでアクセスする方法

立花山(367.1m)との縦走も楽しめる三日月山(272.0m)。

三日月山頂の画像

福岡市内からアクセスが容易で小さな子供でも楽に上ることができることから、福岡でも人気のハイキングスポットとして知られる低山です。

登山ルートはいくつかありますが、ポピュラーなのは西鉄バスの下原バス停を起点とするこーすでしょう。

下原バス停までは福岡の天神から乗り換えなしでバスを利用できるため公共交通機関を利用したハイキングも比較的簡単です。

そこで今回は、三日月山の登山口となる下原にアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、立花山登山口から登る場合はこちらのページを参考にしてください。

立花山の登山口 立花小学校と梅岳寺にバスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭
 山岳名 三日月山、立花山
 登山口名 三日月山(下原)登山口、立花山(鷲尾大権現(下原)登山口)
 最寄バス停 下原バス停(西鉄バス)
 最寄駅 西鉄香椎駅(西鉄貝塚線)、JR香椎駅(JR鹿児島本線)

スポンサーリンク

三日月山・立石山の登山口 下原にバスでアクセスする方法

~ 天神や西鉄香椎駅前から西鉄バスに乗車し、下原バス停から歩く ~

STEP1
(天神から下原まで)

天神からバスに乗車する場合

「天神三丁目17番のりば」または「天神郵便局前18番Bのりば」から、西鉄バスの下原行き[23][23B]に乗車し、終点の下原で降車する。

※ 天神から下原までの運賃は470円。

※西鉄三丁目17番のりば(http://goo.gl/maps/7KbWK

※天神郵便局前18番Bのりば(http://goo.gl/maps/sSWZT

※下原バス停(http://goo.gl/maps/4QsKE

⌚ この路線は本数が多いので時刻表は作成していません。バスの発着時刻は後述の「参考サイト」から西鉄グループのサイトにアクセスして各自お調べください。

西鉄香椎駅からバスに乗車する場合

step1
(天神から西鉄香椎まで)

天神から福岡市営地下鉄空港線(中洲川端から箱崎線)に乗車し、貝塚駅で西鉄貝塚線に乗り換えて、西鉄香椎駅で下車する。

※ 西鉄香椎までの地下鉄と西鉄電車の運賃合計は410円。

step2
(西鉄香椎駅から下原まで)

西鉄香椎駅前バス停から下原行き[23][23B]西鉄バスに乗車し、終点の下原で降車する。

※ 西鉄香椎駅前から下原までの西鉄バスの運賃は170円。

※西鉄香椎駅前バスのりば(http://goo.gl/maps/gHiC6

※下原バス停(http://goo.gl/maps/4QsKE

⌚ この路線は本数が多いので時刻表は作成していません。バスの発着時刻は後述の「参考サイト」から西鉄グループのサイトにアクセスして各自お調べください。

STEP2
(下原バス停から三日月山登山口まで)

下原バス停から三日月山登山口まで歩く。

下原バス停の画像スタートは西鉄バスの下原バス停。下原バス停でバスを降りたらバス停前の車道(県道504号線)を南側(下原小学校方面)に歩いてください。

 

 

下原バス停先の橋を渡ったところの画像少し歩いて短い橋を渡るとすぐに左折します。案内板があるのでわかりやすいです。

 

 

香椎丘リハビリテーション病院入口の画像左折して坂を上ると香椎丘リハビリテーション病院の入口に着きます。ココは右側の車道を進みましょう。

 

 

三日月山登山口(下原側)の画像あとは道なりに少し歩けば登山口に到着です。

 

 

 

下原バス停から三日月山の登山口までの道順はこんな感じです。

蛇足

下原バス停からは立花山を南側から登る鷲尾大権現の登山口にもアクセス可能です。

鷲尾大権現(たぶん)の画像鷲尾大権現の登山口付近に在った祠。たぶんココが鷲尾大権現だと思います。違ってたらご指摘ください。

 

 

 

下原バス停から立花山の鷲尾大権現登山口までの道順はこんな感じです。

参考サイト

西鉄グループ
https://www.nishitetsu.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならやまどうぐレンタル屋が便利です。


古賀・宗像周辺の登山口
スポンサーリンク
大浦崑をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
登山口ねっと!