スポンサーリンク

三輪山の登山口 狭井神社と大神神社にアクセスする方法

奈良県桜井市の東に位置する三輪山(467.1m)。

狭井神社(大神神社・三輪山登山口)古来から大神神社のご神体として崇められてきた、大和古道の霊峰です。

長らく禁足の山として入山が厳しく制限されてきた三輪山ですが、現在では信者以外の一般市民にも入山が認めらるようになっており、摂社となる狭井神社の受付で登拝料(300円)を納めて大神神社の許可を受ければ、登拝登山も可能です。

(📷 画像は狭井神社の本殿。登拝料は本殿横にある社務所で納付します。)

三輪山の登山口となる狭井神社(大神神社)へのアクセスは自家用車があると便利ですが、JRの三輪駅から歩いていける距離にありますのでの公共交通機関を利用したアクセスも非常に簡単です。

そこで今回は、三輪山の登山口となる狭井神社に三輪駅から歩いてアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は大阪・梅田発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

ちなみに、天理駅近くにある石上神宮から大神神社まで”山辺の道”を歩く場合はこちらのページを参考にしてください。
山辺の道の登山口 天理の石上神宮にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭
 山岳名 三輪山
 登山口名 狭井神社(さいじんじゃ)、大神神社(おおみわじんじゃ)
 最寄バス停 –
 最寄駅 三輪駅(JR桜井線)

スポンサーリンク

三輪山の登山口 狭井神社と大神神社にアクセスする方法

~ JR三輪駅から歩く ~

STEP1
(梅田から三輪駅まで)

大阪駅からJR環状線(京橋方面)に乗車し、鶴橋駅で近鉄大阪線に乗り換え、大和高田駅でJR桜井線に乗り換えて三輪駅で下車する(※桜井駅でJR桜井線に乗り換えても良い)。

※ 運賃は鶴橋まで180円、大和高田まで490円、三輪まで240円の合計910円。

※すべてJRを乗り継ぐ場合は、大阪駅から環状線に乗車し、天王寺駅でJR大和路線に、奈良駅でJR桜井線に乗り継ぐ方法などがあります(運賃は970円)。

JR三輪駅(JR桜井線)📷 JR三輪駅。

 

 

 

STEP2
(三輪駅から大神神社・狭井神社まで)

三輪駅から登山口となる大神神社及び狭井神社まで歩く。

JR三輪駅前のみわ寿司前の角を右に入る三輪駅でJRを下車したら駅前の車道を西に進み、駅から50mほど先の右側にある”みわ寿司”前の角から右の小路に入ってください。

 

 

JR三輪駅西側の商店街の路地を出たところ昔ながらの商店の建ち並ぶ路地を進み、車道に出たら右折します。

 

 

JR三輪駅北側の踏切前すぐ先にある踏切を渡って直進すると…

 

 

大神神社の鳥居前左側に広い駐車場のある大神神社の入口がありますので、鳥居をくぐり大神神社の境内に入ってください。

 

 

大神神社の手水舎から狭井神社に向かう途中の森の中の小路大神神社境内の手水舎から左に曲がり、森の中の小路を抜けたら…

 

 

狭井神社(大神神社)の鳥居前狭井神社がありますので…

 

 

狭井神社(大神神社・三輪山登山口)本殿(拝殿)の左側にある…

 

 

狭井神社の社務所社務所で登拝料を納め、登拝登山を行ってください。

 

 

 

三輪駅から三輪山の登山口となる狭井神社までの道順はこんな感じです。

蛇足

三輪駅名物(?)日本酒アイスと塩ミルクアイス

登山とは全く関係ありませんが、三輪駅前の茶店で売られている日本酒アイスと塩ミルクアイスが三輪駅名物(?)みたいです。

JR三輪駅前にある日本酒アイスと塩ミルクアイスを売っている茶店

参考サイト

JRおでかけネット
https://www.jr-odekake.net/

近畿日本鉄道
https://www.kintetsu.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

桜井・宇陀市周辺の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!