スポンサーリンク

「窯跡?」筑紫野市の宮地岳登山道で見つけた謎の石造りドーム


筑紫野市にある宮地岳の山家登山道。

本谷ため池を通り過ぎ、石垣の組まれた谷を登る途中の登山道右側に小さな窯跡のようなものが残されています。

宮地岳登山道にある謎の石造りドームの画像 炭窯跡かな?と思い近寄ってみたのですが、スケールがえらく小さい(高さと横幅、奥行がそれぞれ50㎝ぐらい)。

炭窯なら必ずある煙突跡も見当たりません。

宮地岳登山道にある謎の石造りドーム(フラッシュ)の画像 フラッシュを入れて撮影したらこんな感じ。

炭窯であれば通常、赤土を打ち固めて天井を作るのですが、これは側面から天井まできれいに石が組まれています。

何を目的としたものなのか・・・

場所はここらへんです。

より大きな地図で なんかわからんと。まっぷ|登山口ねっと! を表示

宮地岳登山道へのアクセス方法はこちら

▶ 宮地岳(筑紫野市)の登山口 山家登山口(筑前山家駅から歩く)


スポンサーリンク

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス