スポンサーリンク

「窯跡?」筑紫野市の宮地岳登山道で見つけた謎の石造りドーム


筑紫野市にある宮地岳の山家登山道。

本谷ため池を通り過ぎ、石垣の組まれた谷を登る途中の登山道右側に小さな窯跡のようなものが残されています。

宮地岳登山道にある謎の石造りドームの画像 炭窯跡かな?と思い近寄ってみたのですが、スケールがえらく小さい(高さと横幅、奥行がそれぞれ50㎝ぐらい)。

炭窯なら必ずある煙突跡も見当たりません。

 

 

 

宮地岳登山道にある謎の石造りドーム(フラッシュ)の画像 フラッシュを入れて撮影したらこんな感じ。

炭窯であれば通常、赤土を打ち固めて天井を作るのですが、これは側面から天井まできれいに石が組まれています。

 

 

 

何を目的としたものなのか・・・

場所はここらへんです。

より大きな地図で なんかわからんと。まっぷ|登山口ねっと! を表示

 

宮地岳登山道へのアクセス方法はこちら

▶ 宮地岳(筑紫野市)の登山口 山家登山口(筑前山家駅から歩く)


【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

なんかわからんと。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!