お菊山・殿尾山の登山口 滝ノ池(滝の池)にアクセスする方法

スポンサーリンク

和泉山脈から北に泉南の町並を見下ろすお菊山(332.8m)。

新滝ノ池の入口駐車場前の滝ノ池への入口ゲート山口朝安の妻お菊が大阪城に援軍を求める際、切り落とした黒髪と鏡を山頂の松の木の根元に埋めたことから「お菊山」と呼ばれるようになった阪和の要衝です。

登山ルートは複数あるようですが、東に連なる殿尾山から縦走する場合は、化石採取やバス釣りで有名な泉佐野市の滝の池(滝ノ池)が登山口となります。

(📷 画像は滝ノ池の入口ゲート)

滝ノ池(滝の池)に直接アクセスする路線バスなどは見当りませんのでアクセスはマイカー利用が基本となりますが、最寄駅となるJR阪和線の長滝駅から長距離の徒歩移動を甘受できるというのであれば公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、お菊山の登山口となる滝ノ池に長滝駅から歩いてアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は梅田(大阪駅)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田(大阪駅)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

ちなみに、お菊山に西側の種河神社方面から登る場合はこちらのページを参考にしてください。
お菊山の登山口 新家のマウンテンバイク練習場へのアクセス方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 お菊山、殿尾山
 登山口名 殿尾山・お菊山登山道入口、滝ノ池(化石採取・バス釣り)
 最寄バス停 –
 最寄駅 長滝駅(JR阪和線)

スポンサーリンク

お菊山・殿尾山の登山口 滝ノ池(滝の池)にアクセスする方法

~ JR長滝駅から歩く ~

STEP1
(梅田から長滝駅まで)

大阪駅からJR大阪環状線(西九条方面行き)に乗車し、天王寺駅でJR阪和線(和歌山行き)に乗り換えて(一部直通有)長滝駅で下車する。

※ 運賃は800円。

※上記の他に地下鉄梅田駅から御堂筋線で天王寺まで出てから天王寺駅でJR阪和線に乗り換える方法(920円)などもあります。

JR長滝駅📷 JR長滝駅。

 

 

 

STEP2
(長滝駅から滝ノ池まで)

長滝駅から登山口となる滝ノ池まで歩く。

JR長滝駅西側の辻長滝駅でJRを下車したら駅前の車道を西に進み、すぐ先の辻を左折して…

 

 

JR長滝駅西側の踏切すぐ先にある踏切を渡って道なりに真っ直ぐ進んでください。

 

 

上之郷小学校前の信号上之郷小学校前の信号を真っ直ぐ進んで…

 

 

上之郷小学校南側の辻その先の辻を左に入ります。

 

 

上之郷小学校南側のT字路すぐ先の辻を右に入って道なりに真っ直ぐ進むと…

 

 

意賀美神社参道入口前の橋橋を渡った先に…

 

 

意賀美神社参道入口前意賀美神社の参道入口がありますので…

 

 

意賀美神社参道入口前の鳥居鳥居をくぐって本殿に上がってください。

 

 

意賀美神社本殿本殿に着いたら…

 

 

意賀美神社本殿南側のT字路本殿(拝殿)左手から再度車道に出てその先のT字路を右に進んでください。

(ちなみに左の画像の右に写っているのは公衆トイレです)

 

意賀美神社本殿南側のT字路の先の新滝ノ池への分岐少し車道を進んだ先の分岐を左に入ってしばらく歩けば…

 

 

新滝ノ池の入口駐車場前新滝ノ池の入口駐車場に到着。

 

 

新滝ノ池の入口駐車場前の滝ノ池への入口ゲートゲートをくぐって道なりに進めば、お菊山の登山口となる滝ノ池です。

 

 

 

長滝駅から登山口となる滝ノ池までの道順はこんな感じです。

蛇足

滝ノ池周辺の化石について

滝ノ池周辺は化石が出ることで知られています。

アフター登山に化石探しをしてみるのもいいかもしれません。

アンモナイトの化石

📷 画像はアンモナイトの化石。

参考サイト

JR西日本
https://www.westjr.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

和泉山脈の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!