スポンサーリンク

新穂高温泉へのアクセス方法(高山・平湯からバス)※名古屋発着


北アルプスの西の玄関口、新穂高温泉。

新穂高ロープウェイ駅(2)の画像裏銀座縦走コースの起点として、また穂高岳やジャンダルムなどの登山基地としてにぎわいます。

(📷 画像は西穂高岳登山で利用することも多い新穂高ロープウェイのりば前。ちなみに自家用車の場合もここまでしかこれません。)

新穂高温泉へのアクセスは、高山市の高山濃飛バスセンターから路線バスに乗車するのが一般的ですが、名古屋など大都市から直通バスも運行されています。

福岡市内(九州地区)からアクセスする場合は、いったん大阪や名古屋などに移動し直行バスに乗り換えるか、大坂や名古屋から高速バスなどを利用して高山に移動し、高山濃飛バスセンターから新穂高温泉行きの路線バスに乗車するのがポピュラーなアクセス方法だと思われます。

そこで今回は、名古屋を中継地として選択することを念頭に、名古屋市内からと新穂高温泉までのアクセス方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は名古屋からのアクセス方法となりますので、福岡市内から名古屋までのアクセス方法についてはこちらのページをご参考にしてください。
福岡から名古屋にアクセスする方法(ジェットスター航空を使う)

ちなみに、大阪経由でアクセスする場合は、こちらのページを
新穂高温泉にアクセスする方法(高山・平湯からバス)※大阪発着

また、東京経由でアクセスする場合はこちらのページを参考にしてください。
▶ 新穂高温泉にアクセスする方法(平湯経由)※東京・新宿発着

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭😭😭
 山岳名 笠ヶ岳、西穂高岳、双六岳、鷲羽岳、黒部五郎岳など
 登山口名 新穂高温泉、新穂高ロープウェイ、わさび平小屋
 最寄バス停 新穂高温泉バス停(濃飛バス-平湯・新穂高温泉線)
 新穂高ロープウェイバス停(名鉄バス-直通バス)
 最寄駅 –


新穂高温泉へのアクセス方法(高山・平湯からバス)※名古屋発着

~ 名鉄バスセンターから直通バスまたは高速バスに乗車し高山で路線バスに乗り換える ~

スポンサーリンク

直行バスを利用する場合

STEP1
(名古屋市内から新穂高温泉まで)

名古屋駅前にある名鉄バスセンターから名鉄バスの運行する上高地方面行き高速夜行バス(名古屋~上高地線)に乗車し、新穂高ロープウェイで降車する。

※ 全席指定の予約制で運行日も限られていますのでご注意ください。

※ 運賃は6,170円(※復路は新穂高温泉から乗車することができないため往復割引はありません)。

名鉄バスセンターの切符うりば前の画像

📷 名鉄バスセンター(http://goo.gl/maps/bnDR7)。

 

 

 

新穂高ロープウェイバス停の画像📷 新穂高ロープウェイバス停(http://goo.gl/maps/BI7nx)。

 

 

 

平湯バスターミナルの画像📷 平湯バスターミナル(http://goo.gl/maps/rfosy)。

※復路は平湯バスターミナルからの乗車となります(※新穂高温泉から平湯までは路線バスで移動することになります。帰りは新穂高ロープウェイからの乗車はできませんのでご注意ください)。

 

 

⏰ 直通バスの時刻表はこちらです(※特定日のみ運行)。

 名鉄BC~新穂高RW 直通バス時刻表(※2017年版)
名鉄BC23:00上高地BT16:30
新穂高RW04:23平湯BT16:55
平湯BT04:54※新穂高RW
上高地BT05:15名鉄BC21:10
【2017年度の運行日】
7月:7~9,14~31日
8月:毎日運行
9月:金土日および9/18,19日
10月:金土日および10/9,10
⚠ 時刻表は名鉄バスのサイトで最新のものを確認してください。

※復路は平湯温泉(または上高地)からしか乗車できません。新穂高ロープウェイから平湯温泉までのアクセスは後述の「高山で路線バスに乗り換える場合」を参考に濃飛バスの路線バスを利用してください。

 


高山で路線バスに乗り換える場合

STEP1
(名古屋市内から高山まで)

名古屋駅前バスターミナルまたは名古屋駅前にある名鉄バスセンター(名鉄百貨店メンズ館3階7番のりば)から名鉄バス(濃飛バスとの共同運行)の運行する高山行き高速バスに乗車し、終点の高山濃飛バスセンターで降車する。

※ 運賃は2,980円(往復割引乗車券は5,140円)(※割引乗車券などの情報は後述のワンポイントアドバイスをご覧ください)。

名鉄バスセンターの切符うりば前の画像📷 名鉄バスセンター(http://goo.gl/maps/bnDR7)。

 

 

 

名古屋駅バスターミナルの画像📷 名古屋駅前バスターミナル(http://goo.gl/maps/JQB3S)。

 

 

 

 

STEP2
(高山濃飛バスセンターから新穂高温泉まで)

高山濃飛バスセンターから濃飛バスの平湯・新穂高温泉行き路線バスに乗車し、新穂高温泉または終点の新穂高ロープウェイで降車する。

※ 運賃は2,160円(※割引乗車券などの情報は後述のワンポイントアドバイスをご覧ください。)。

高山濃飛バスセンターの画像

📷 高山濃飛バスセンター(http://goo.gl/maps/SyS6c)。

 

 

 

新穂高温泉バス停の画像📷 新穂高温泉バス停(http://goo.gl/maps/FYxkf)。

 

 

 

新穂高ロープウェイバス停の画像📷 新穂高ロープウェイバス停(http://goo.gl/maps/BI7nx)。

 

 

 

 

⏰ 名鉄バスセンターおよび名古屋駅前から新穂高温泉までの乗換時刻表を作りましたので参考にしてください(※高山~新穂高温泉間は始発および乗継ぎに相性の良い便のみ抜粋)(※ついでに平湯温泉の発着時刻も記載しています)。

 名鉄BC~高山~新穂高温泉 バス乗換時刻表(※2018年版より抜粋)
~
名鉄BC07:3008:3009:3010:3011:3013:0014:30~20:30
名古屋駅前07:4508:4509:4510:4511:4513:1514:45~20:45
高山濃飛BC10:1511:1512:1513:1514:1515:4517:15~23:15
↓ 路線バスに乗り換える ↓
高山濃飛BC07:0010:4011:4012:4013:4014:4016:4017:40
平湯温泉07:5811:3812:3813:3814:3814:3817:3818:35
新穂高温泉08:3212:2113:1214:1215:2116:2118:1219:09
新穂高RW08:4512:2513:1614:1615:2516:2518:1619:22
〇:通年運行
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

⏰ 帰りの時刻表はこちらです(※午前中と夕方以降の便のみ抜粋)。

 新穂高温泉~高山~名鉄BC バス乗換時刻表(※2018年版より抜粋)
~
新穂高RW06:1107:5509:16~13:4615:5516:55
新穂高温泉06:1207:5609:1713:4715:5616:56
平湯温泉06:5508:3010:0014:3016:3017:30
高山濃飛BC07:5109:3111:0115:3116:3118:31
↓ 高速バスに乗り換える ↓
高山濃飛BC06:3007:3008:3010:0011:30~17:0018:0019:00
名古屋駅前09:0010:0011:0012:3014:0019:3020:3021:30
名鉄BC09:1010:1011:1012:4014:1019:4020:4021:40
〇:通年運行
◆:平日は町方バス停で高山濃飛BC行きに乗継必要。
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

 


ワンポイントアドバイス

名古屋~高山間の高速バス回数券について

名鉄バスセンターから高山濃飛バスセンターまでの高速バスで利用可能な4枚つづり回数券は
10,740円、10枚つづり回数券は26,850円で販売されており、名鉄バスセンターで購入可能です。

「新穂高ロープウェイセットきっぷ」について

高山濃飛バスセンターから新穂高温泉(ロープウェイ)までの路線バスが3日間乗り放題になる乗車券と新穂高ロープウェイ利用券、温泉入浴券、スイーツ・お飲物券(または1,000円分のお食事券)がセットになった「新穂高ロープウェイセットきっぷ」が6,500円(お食事券付きは6,800円)で販売されています。
高山濃飛バスセンターで購入可能です。

「奥飛騨温泉郷乗り継ぎ切符」について

名古屋から高山までの高速バス片道乗車券と高山濃飛バスセンターから新穂高温泉までの路線バス乗車券がセットになった「奥飛騨温泉乗り継ぎ切符」が4,010円で販売されています(平湯温泉までのものは3,810円)。名古屋駅前の名鉄バスセンターで購入可能です。


蛇足

平湯温泉と平湯キャンプ場について

新穂高温泉の登山口付近にはキャンプ場はありません。
新穂高温泉に一番近いテントサイトはわさび平小屋などになろうかと思われますが、なるべくバス停の近くで一泊したい場合は困りものです。

そんなとき便利なのが平湯温泉にある平湯キャンプ場。

フリーテントサイト600円とリーズナブルな価格設定のため、金欠ハイカーでも安心して利用できます。
平湯キャンプ場の画像

しかも、平湯温泉( ひらゆの森)まで徒歩10分程度で行けるため、登山の疲れを癒すのにも最適です。

平湯温泉ひらゆの森の画像

 

ありがたいことに、キャンプ場のすぐそばには新穂高温泉と高山濃飛バスセンターの間を結ぶ濃飛バスの平湯キャンプ場バス停(http://goo.gl/maps/gJhPT)があるのでアクセスも抜群。

翌朝一番に路線バスで新穂高温泉に向うもよし、高山行きバスに乗車して高山市内を観光して家路につくもよしと最高の立地にあるキャンプ場なのです。

平湯キャンプ場前バス停の画像

 


参考サイト

名鉄バス
http://www.meitetsu-bus.co.jp/

濃飛バス
http://www.nouhibus.co.jp/

 


北アルプスの登山口(岐阜県側)
スポンサーリンク
登山口ねっと!をフォローする
スポンサーリンク
関連トピックス
スポンサーリンク
登山口ねっと!