スポンサーリンク
#登山は選挙に行ってから!

2022年7月10日(日曜日)は参議院議員選挙の投票日です。登山を楽しむことができるのも民主主義の下で自由と人権が保障されているからですが、その民主主義の実現には有権者の投票が不可欠です。子や孫の世代に登山を楽しむことができる社会を繋ぐためにも、7月10日は必ず投票所に行きましょう!

唐笠山の登山口(大塔支所側)にバスでアクセスする方法

熊野川の清流を西に見下ろす唐笠山(1118.1m)。

唐笠山の大塔支所側の登山口の水道施設への林道入口旧大塔村(現五條市)のシンボル的山岳で、アクセスが便利なことから気軽に訪れることができるハイキングスポットとして奈良周辺のハイキング愛好家に親しまれている登山スポットです。

登山ルートは北側の阪本地区から行者山を経由するコースと、南の大塔支所から唐笠山に直登するコースが一般的で、どちらの登山口へも奈良交通の路線バスを利用してアクセスすることが可能です。

(📷 画像は唐笠山の大塔支所側の登山口となる水道施設への林道入口)

そこで今回は、唐笠山の2つの登山ルートのうち、大塔支所側の登山口に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は大阪・梅田発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

ちなみに、北側の阪本地区にあるふるさとの森公園から入山する場合はこちらのページを参考にしてください。
唐笠山の登山口 阪本のふるさとの森公園にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭
 山岳名 櫃ヶ岳(櫃ガ岳)
 登山口名 唐笠山登山道入口(大塔支所側)
 最寄バス停 大塔支所前バス停(奈良交通 – 十津川温泉・新宮駅線)
 最寄駅 –

スポンサーリンク

唐笠山の登山口(大塔支所側)にバスでアクセスする方法

~ JR五条駅から路線バスに乗る ~

STEP1
(梅田から五条駅まで)

大阪駅からJR環状線(京橋方面)に乗車し、鶴橋駅で近鉄大阪線に乗り換え、大和高田駅(高田駅)でJR和歌山線に乗り換えて、五条駅で下車する。

※ 運賃の合計は1,170円(鶴橋までの運賃は180円、大和高田まで490円、五条まで500円)。

JR五条駅📷 JR五条駅。

 

 

 

STEP2
(五条駅から大塔支所前まで)

五條駅バス停(南口・南方面のりば)から奈良交通の運行する「十津川温泉」または「新宮駅」行き路線バスに乗車し、大塔支所前で降車する。

※ 運賃は1,360円。

五条駅南口バス停(奈良交通)📷 五條駅(南口)バス停(https://goo.gl/maps/JcdSf)。

※十津川・新宮駅行き路線バスは、駅南口の南方面のりばから乗車してください。

 

大塔支所前バス停(奈良交通)📷 大塔支所前バス停(https://goo.gl/maps/HZadtC9TAQU2)。

 

 

 

⌚ 路線バスの時刻表は熊野本宮大社へのアクセス方法をレポートしたこちらのページに掲載しています。

熊野本宮大社(熊野古道)に路線バスでアクセスする方法

STEP3
(大塔支所バス停から唐笠山の登山口まで)

大塔支所バス停から唐笠山の登山口まで歩く。

大塔支所前の車道を山側に進む大塔支所前でバスを降車したら、バス停のすぐ東側にある大塔支所の役場の建物を左に見送って車道を山側に進んでください。

 

 

大塔支所の東側にある龍神の祠前分岐少し先に、龍神の祠(水が採れます)前の分岐があるので左に曲がりましょう。

 

 

大塔支所から唐笠山の登山口に行く途中の分岐道なりに坂道を上って行くと、分岐があるので左折し…

 

 

大塔支所から唐笠山の登山口に行く途中のつづら折りの坂道つづら折りの車道を上まで上がって行きます(途中階段でショートカットできます)。

 

 

唐笠山の大塔支所側の登山口手前の最奥の民家前つづら折りの坂を上ったところの分岐を右にとり、更に坂道を上って行くと、奥の民家がありますので…

 

 

唐笠山の大塔支所側の登山口の水道施設への林道入口そこからさらに林道を奥に進み、笠松山への登山口となる水道施設へ向かってください。

 

 

 

大塔支所前バス停から唐笠山の登山口までの道順はこんな感じです。

参考サイト

JRおでかけネット
https://www.jr-odekake.net/

近畿日本鉄道
https://www.kintetsu.co.jp/

奈良交通
https://www.narakotsu.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならやまどうぐレンタル屋が便利です。


奥高野の登山口
スポンサーリンク
大浦崑をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
登山口ねっと!