スポンサーリンク

対馬・比田勝にアクセスする方法(博多港からフェリーに乗る)

国境の島、対馬の北の玄関口として栄える上対馬の比田勝港。

ヒトツバタゴ展望所から見下ろす鰐浦地区の漁港の画像対馬の最北部に位置することから、南の厳原と並び対馬のランドマークとなっている港町として知られています。

比田勝港の西に約5㎞の距離にはヒトツバタゴ自生地のある鰐浦もあり、開花時期となる4月下旬から5月上旬には白く染まった山肌と、野生の固有種ツシマジカの生息する韓国展望所から豊砲台を結ぶトレッキングコースが多くのハイキング愛好家を魅了し続けています。

(📷 画像は比田勝港から西に約5㎞の距離に位置する鰐浦地区のヒトツバタゴ自生地※開花時期は4月下旬~5月上旬となります)

そんな比田勝へのアクセスは、博多港との間を結ぶフェリーを使うのが一般的。便数は1日1便と少ないですが、博多の市街地に近い博多埠頭(ベイサイドプレイス博多)から乗船できるので使い勝手は悪くありません。

そこで今回は、福岡市の博多埠頭からフェリーを利用して対馬の比田勝にアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、対馬の厳原港にアクセスする方法はこちらのページでご確認ください。
対馬・厳原にアクセスする方法(博多港から高速船に乗る場合)
対馬・厳原にアクセスする方法(博多港からフェリーに乗る場合)

 港データ
 アクセス難易度 😭😭😭
 島名 対馬
 港名 比田勝港
 最寄バス停 九郵前、比田勝港バス停(以上、対馬交通)
 最寄駅 –

スポンサーリンク

対馬・比田勝にアクセスする方法(博多港からフェリーに乗る)

~ 博多港からフェリーに乗る ~

STEP1
(博多駅または天神地区から博多ふ頭まで)

(1)博多駅地区(JR博多駅)からバスでアクセスする場合

「博多駅センタービル前E」または「博多駅シティ銀行前F」バス停から西鉄バスの博多埠頭行き路線バス[46][99]に乗車し、博多ふ頭で降車する。

※ 運賃は220円。

(2)天神地区(西鉄福岡駅)からバスでアクセスする場合

「天神ソラリアステージ前(2A) 」「天神北(3) 」または「天神一丁目」バス停から西鉄バスの博多埠頭行き路線バス[46][90]に乗車し、博多ふ頭で降車する。

※ 運賃は180円。

博多駅センタービル前Eバス停https://goo.gl/maps/zkHfNVYCWkF2)。

博多駅シティ銀行前Fバス停https://goo.gl/maps/TVF5rhURLvv)。

天神一丁目バス停https://goo.gl/maps/brF9YY4JvQo)。

天神ソラリアステージ前(2A)バス停https://goo.gl/maps/iqAjJX2LYav)。

天神北(3)バス停https://goo.gl/maps/WAszo75emNv)。

博多ふ頭バス停https://goo.gl/maps/yMFXiu4KzqH2)。

(3)呉服町から徒歩で博多ふ頭(ベイサイドプレイス博多)までアクセスする場合

博多埠頭まで徒歩でアクセスする場合

最寄駅となる福岡市営地下鉄呉服町駅から博多埠頭(ベイサイドプレイス博多)までの道順はこんな感じです。

STEP2
(博多ふ頭から比田勝港まで)

博多埠頭第2ターミナルから九州郵船の運行する「比田勝」行きのフェリー(「げんかい」または「あずさ」)に乗船し、比田勝港で下船する。

※ 運賃は2等船室で4,390円(※時期によって燃料油変動調整金600円が加算)。

博多埠頭第2ターミナルの画像📷 博多ふ頭第2ターミナル。

 

 

比田勝港フェリー発着所(対馬・比田勝)の画像📷 比田勝港フェリー発着所。

 

 

⌚ 博多港から比田勝港までのフェリーの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 博多埠頭~比田勝港 フェリー時刻表(※2019年版)
往路※通年運行復路※通年運行
 博多埠頭22:30 比田勝港15:05
 比田勝港04:20 博多埠頭20:55
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

なお、比田勝港の場所はここです。

参考サイト

西鉄グループ
http://www.nishitetsu.co.jp/

九州郵船
https://www.kyu-you.co.jp/
※時刻表→https://www.kyu-you.co.jp/route/pdf02.php

【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

対馬の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!