鎮山の登山口 姫島神社へのアクセス方法※岐志漁港から市営渡船

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糸島半島の東の海上にポツンと浮かぶ小さな孤島、姫島。

鎮山山頂(姫島)の画像こんもりと盛り上がった姫島の最高地点が鎮山山頂(186.7m)となります。

(📷 画像は鎮山の山頂展望台)

姫島の船着場である大波止桟橋から約1時間弱で登ることができるカワイイ里山です。

今回は、鎮山の登山口となる姫島の守り神、姫島神社にアクセスする方法をご紹介いたします。

 港データ
 アクセス難易度  😭😭
 島名  姫島
 港名  大波止桟橋(岐志漁港より糸島市市営渡船「ひめしま」利用)
 最寄バス停  (岐志漁港の最寄バス停は岐志バス停(昭和バス・芥屋線))
 最寄駅  –


鎮山の登山口 姫島神社へのアクセス方法※岐志漁港から市営渡船

~ 岐志漁港から定期船に乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(博多駅から筑前前原駅まで)

地下鉄博多駅から福岡市営地下鉄空港線の姪浜方面行き(JR筑肥線直通)に乗車し、筑前前原駅で下車する。

※ 運賃は560円(地下鉄区間:290円、JR区間:270円)。

STEP2
(前原駅から岐志まで)

前原駅北口バス停から昭和バスの芥屋行き(芥屋線)に乗車し、岐志で降車する。

※ 運賃は520円。

JR筑前前原駅と昭和バスの前原駅北口バス停の画像📷 JR筑前前原駅と前原北口バス停(http://goo.gl/maps/M2ufk)。

岐志バス停(昭和バス)の画像📷 岐志バス停(http://goo.gl/maps/hK6hc

STEP3
(岐志バス停から岐志漁港の岐志観光休息所まで)

岐志バス停から岐志漁港にある岐志観光休憩所まで歩く。

岐志バス停(昭和バス)の画像

岐志でバスを降車したら、斜め左に延びる脇道に入ってください。

岐志観光休憩所(姫島行き市営渡船待合所)と駐車場の画像脇道に入ってすぐ目の前に岐志漁港の定期船のりばがあります。

(※市営渡船の待合所となる岐志観光休憩所がポツンと建っています)

岐志バス停から岐志漁港にある岐志観光休憩所までの道順はこんな感じです(徒歩約3分)。

STEP4
(岐志漁港から姫島まで)

岐志漁港の市営渡船乗船場から市営渡船「ひめしま」に乗船し、姫島の大波止桟橋で下船する。

※ 運賃は460円(小児230円)。

岐志漁港と姫島を結ぶ市営渡船「ひめしま」の画像📷 市営渡船「ひめしま」。

市営渡船「ひめしま」の客室の画像📷 意外に広い船内の客室。座席シートも清潔でテレビもありました。

⏰ 博多駅および天神駅から姫島までの乗換時刻表を作りましたので参考にしてください。

 博多・天神~前原駅~岐志~岐志漁港~姫島大波止桟橋 乗換時刻表
発着時刻
 博多駅 06:38 10:21
10:26
14:21
14:22
16:21
 天神 06:44 10:27
10:32
14:27
14:28
16:27
 筑前前原 07:16
07:17
10:58 15:00 17:01
17:00
↓ 昭和バス(芥屋線)に乗り換える ↓
 前原駅北口 07:22 11:12 15:12 17:02
 岐志 07:43 11:33 15:33 17:23
↓ 市営渡船「ひめしま」に乗り継ぐ ↓
 岐志漁港 07:50 11:50 16:00 18:10
 姫島大波止桟橋 08:06 12:06 16:16 18:26
:土日祝運休 :土日祝の発着時刻5
:冬季(11月~2月)は岐志漁港17:50発(18:06姫島着)となります。
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

⏰ 帰りの便の時刻表です(※前原駅北口まで)。

 姫島大波止桟橋~岐志漁港・岐志バス停~前原駅前乗換時刻表
 姫島大波止桟橋 07:00 09:50 14:20 17:10
 岐志漁港 07:16 10:06 14:36 17:26
 岐志 07:25 10:35 14:45 17:45
 前原駅北口 07:48 10:58 15:08 18:08
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

STEP5
(姫島の大波止桟橋から姫島神社まで)

大波止桟橋渡船場から姫島神社まで歩く

姫島の桟橋前の広場の画像姫島で下船したら港を左側に進みます。

姫島の漁港前の路地の画像

港の裏の路地を抜けると・・・(一応この通りが姫島のメインストリートです)

姫島漁港前の公園の画像

公園に到着します。

姫島神社の参道入口(一の鳥居)の画像公園の向かい側が姫島神社の参道入口です。

姫島神社参道入口の鳥居をくぐってすぐの分岐の画像鳥居をくぐるとすぐに分岐があります。右側が姫島神社の参道です。

 右側奥に姫島神社の本殿が見えていますね。

姫島神社本殿左側にある鎮山の登山道入口の画像姫島神社本殿の左横に登山道の入口があります。

道順はこんな感じです。


ワンポイントアドバイス

野村望東尼御堂について

姫島神社から少し歩いたところに、福岡藩士で幕末の女流歌人としても有名な野村望東尼(のむら もとに(ぼうとうに))のお堂が保存されています。

ちなみに野村望東尼とは、幕末に尊王攘夷派に便宜を図ったため姫島に流された人で、保存されているお堂は当時望東尼が幽閉されていたとされる建物です。

野村望東尼のお堂は漁村の路地裏にあって少しわかりづらいと思います。

手作りの案内板があるのでそれをたどって行くのもいいですが、近所の人に道を尋ねた方が早いでしょう。

野村望東尼御堂の画像


参考サイト

昭和バス(昭和自動車株式会社)
http://www.showa-bus.jp/index.html
※芥屋線のページURL(http://www.showa-bus.jp/goannai/jikokuhyou/fukuoka.htm)

糸島市
http://www.city.itoshima.lg.jp/
※市営渡船「ひえしま」のページURL(http://www.city.itoshima.lg.jp/soshiki/7/tosen.html)
※ページの位置は「トップページ>組織で探す>地域振興課>市営渡船「ひめしま」の運行について」になります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス