学能堂山(岳の洞山)の登山口 水谷林道にアクセスする方法

スポンサーリンク

三峰山脈の北端に位置する学能堂山(岳の洞山・1021.6m)。

水谷林道の入口(学能堂山登山口)奈良県の御杖村と三重県の津市の境界上に位置する伊賀の秀峰です。

市街地から離れていることもありビギナー登山者を見かけることも少ないため、静かなハイキングを楽しむことができる山岳と言えるでしょう。

登山ルートは北側の水谷林道からアプローチするコースが一般的ですが、南尾根に連なる白土山やコスマ山方面に縦走して神末上村の方に抜けることも可能です。

(📷 画像は学能堂山の北側の登山口となる水谷林道の入口)

北側の登山口となる水谷林道へのアクセスは、公共交通機関の便が極端に悪いためマイカーを利用するのが通常だと思われますが、路線バスと御杖村のコミュニティバスを乗り継げば公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、学能堂山(岳の洞山)の登山口となる水谷林道の登山道入口にバスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は大阪・梅田発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

ちなみに、学能堂山(岳の洞山)の南側、神末上村方面から入山する場合はこちらのページを参考にしてください。
学能堂山(岳の洞山)の登山口 神末上村にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭😭😭
 山岳名 学能堂山(岳の洞山)
 登山口名 水谷林道、永昌寺、伊勢本街道
 最寄バス停 神末小屋バス停(御杖村コミュニティバス・ふれあい号)
 最寄駅 –

スポンサーリンク

学能堂山(岳の洞山)の登山口 水谷林道にアクセスする方法

~ 掛西口でコミュニティバスに乗り換える ~

STEP1
(梅田から掛西(口)まで)

(1)榛原駅で路線バスに乗り換える場合(奈良交通の路線バスを利用する場合)

Step1
(梅田から榛原駅まで)

大阪駅からJR環状線(京橋方面)に乗車し、鶴橋駅で近鉄大阪線に乗り換えて、榛原駅で下車する。

※ 運賃は930円(JR区間180円、近鉄区間750円)。

近鉄の榛原駅📷 近鉄榛原駅。

 

 

 

Step2
(榛原駅から掛西口バス停まで)

榛原駅バス停(南口2番のりば)から奈良交通の運行する「曾爾村役場前[27]」行き路線バスに乗車し、掛西口で降車する。

※ 運賃は980円。

近鉄の榛原駅📷 榛原駅(南口)バス停(https://goo.gl/maps/TtlpE)。

※曽爾村役場前行き路線バスは駅南口2番のりばから乗車してください。

 

掛西口バス停(奈良交通・三重交通・御杖村コミュニティバス)📷 掛西口バス停(https://goo.gl/maps/Hc73Q)。

(※三重交通の掛西口バス停と同じ場所にあります)

 

 

⌚ 路線バス(奈良交通)の時刻表は屏風岩公苑へのアクセス方法をレポートしたこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 住塚山・国見山の登山口 屏風岩公苑にバスでアクセスする方法

(2)名張駅で路線バスに乗り換える場合(三重交通の路線バスを利用する場合)

Step1
(梅田から名張駅まで)

大阪駅からJR環状線(京橋方面)に乗車し、鶴橋駅で近鉄大阪線に乗り換えて、名張駅で下車する。

※ 運賃は1,190円(JR区間180円、近鉄区間1,010円)。

近鉄の名張駅(西口)📷 近鉄名張駅(西口)。

 

 

 

Step2
(名張駅前から掛西バス停まで)

名張駅前バス停(西口1番のりば)から三重交通の運行する「山粕西(太良路経由)」行き路線バスに乗車し、掛西で降車する。

※掛西までの運賃は890円。

名張駅(西口)バス停📷 名張駅前(西口)バス停(https://goo.gl/maps/ZzznA)。

※山粕西方面の路線バスは駅西口の名張駅前バス停(1番のりば)から乗車します(※名張駅東口バス停ではありませんので注意して下さい)。

 

掛西口バス停(奈良交通・三重交通・御杖村コミュニティバス)📷 掛西バス停(https://goo.gl/maps/Hc73Q)。

(※奈良交通の掛西口バス停と同じ場所にあります)

 

 

⌚ 路線バス(三重交通)の時刻表は屏風岩公苑へのアクセス方法をレポートしたこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 住塚山・国見山の登山口 屏風岩公苑にバスでアクセスする方法

STEP2
(掛西(口)から神末小屋まで)

掛西口バス停から御杖村の運行するコミュニティバス「御杖ふれあいバス」に乗車し、神末小屋で降車する。

※ ふれあいバスの運賃は無料

掛西口バス停(奈良交通・三重交通・御杖村コミュニティバス)📷 掛西口バス停(https://goo.gl/maps/Hc73Q)。

(※奈良交通の掛西口バス停、三重交通の掛西バス停と同じ場所にあります)

 

神末小屋バス停(御杖村コミュニティバス)📷 神末小屋バス停(https://goo.gl/maps/KHjQC)。

 

 

 

⌚ コミュニティバスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 掛西口~神末敷津・神末小屋 コミュニティバス時刻表(※2019年版より抜粋)
平日土日祝
掛西口06:3509:0012:5315:0217:4809:0015:0217:48
神末上村07:0715:5315:34
三峰山登山口15:5715:38
神末敷津07:1716:1115:52
神末小屋
◎:◎での乗降の際は運転手に告知が必要(告知がない場合は停車しない)
⚠  時刻表は最新のものを確認してください。

⌚ 帰りの時刻表はこちらです。

 神末小屋~掛西口 コミュニティバス時刻表(※2019年版より抜粋)
平日土日祝
神末小屋07:5511:49
神末敷津07:5811:5214:0017:0208:1614:0017:02
三峰登山口
神末上村08:1414:1514:10
掛西口09:0012:4415:0017:4408:5614:4217:44
◎:◎での乗降の際は運転手に告知が必要(告知がない場合は停車しない)
⚠ 時刻表は御杖村のサイトで最新のものを確認してください。

STEP3
(神末小屋バス停から水谷林道まで)

神末小屋バス停から水谷林道の学能堂山(岳の洞山)登山口まで歩く。

神末小屋バス停前の車道を東に進む神末小屋でバスを降車したら、バス停前の車道を東に進んでください。

 

 

神末小屋バス停東側にあるT字路少し歩いたらT字路がありますので、伊勢本街道を経由して水谷林道に行く場合は右折し、国道368号線の方から水谷林道に行く場合は直進してください。

 

 

※これ以降は、伊勢本街道を経由する場合と国道368号線側からアクセスする場合の道順を別々に分けてご紹介します。

(1)伊勢本街道を経由して水谷林道にアクセスする場合

神末小屋バス停東側にあるT字路神末小屋バス停の東側にあるT字路を右折したら…

 

 

神末小屋バス停の東側で国道368号線の下をくぐるところすぐ先で国道368号線の下をくぐりましょう。

 

 

神末小屋バス停の東側で国道368号線の下をくぐってすぐ左に入るところ国道の下をくぐったらすぐに左に入ってください。

(※このすぐ右上に伊勢本街道の案内板があります)

 

神末小屋バス停の東側で国道368号線の横から伊勢本街道に入るところすぐ右側に伊勢本街道の入口がありますので、ここから右の脇道に入りましょう。

 

 

神末小屋バス停の東側で国道368号線の横から伊勢本街道に入って谷の下に下るところ国道368号線を左に見ながら細い小道を進んでいくと、手すりの付いた遊歩道がありますので、ここから森の中に下って行き…

 

 

神末小屋バス停の東側で国道368号線の横から伊勢本街道に入り竹林の中を進む竹林の中の山道を上って行きます。

 

 

神末小屋バス停の東側で国道368号線の横から伊勢本街道に入り竹林の中を進み民家の裏に出たところすぐに民家の裏手に出ますので、民家の軒先を通り民家の表側の車道に出てください。

 

 

神末小屋バス停東側の伊勢本街道車道に出たら、そのまま車道を左側に直進します。

 

 

伊勢本街道が水谷林道に出合う手前のT字路すぐ先のT字路を直進すると…

(※ちなみに、このT字路を右に入ってすぐ右側に常夜灯があります)

 

伊勢本街道が水谷林道に出合う三差路坂を下ったところで車道に出合いますので右折します(※国道368号線からアクセスする場合はこの車道を登って来ることになります)。

 

 

水谷林道の入口(学能堂山登山口)車道を道なりに奥に進んでいけば、水谷林道の入口に到着。

あとは林道を奥まで進み、学能堂山の登山道に入ってください。

 

 

神末小屋バス停から伊勢本街道を経由して水谷林道の入口まで歩く場合の道順は(グーグルマップの都合上2分割しています)、神末小屋バス停から伊勢本街道の入口までの道順がこのようになり…

民家の裏手から出てきたところから水谷街道の入口までの道順がこんな感じになります。

(2)国道368号線側から水谷林道にアクセスする場合

神末小屋バス停東側にあるT字路国道368号線の方からアクセスする場合は、神末小屋バス停の東側にあるT字路を直進します。

 

 

神末小屋バス停からの道が国道368号線に出合う所少し先で国道368号線に出合いますので左折して国道を伊勢方面に進みましょう。

 

 

国道368号線から水谷林道に入るところ国道を100mほど進んだら、左の画像のT字路で右折します。

 

 

国道368号線から水谷林道に入るT字路に置かれている「いせ道」と彫られた石柱(このT字路右隅に、「いせ道」と記された小さな石塔があるのが目印です)

 

 

水谷林道と伊勢本街道が出合う三差路坂道を道なりに上って行くと、すぐ先に道標のある分岐がありますが、ここは左に進みます(※ちなみにここを右に進めば前述した伊勢本街道からの道と合流します)。

 

水谷林道の入口(学能堂山登山口)あとは道なりに林道を奥に進めば水谷林道の入口に到着です。

林道を奥まで進み、学能堂山(岳の洞山)の登山道に入ってください。

 

 

神末小屋バス停から水谷林道の入口までの道順はこんな感じです。

ワンポイントアドバイス

神末小屋バス停から乗車できない場合

コミュニティバスの本数が極端に少ないため、神末小屋で発着するバスに乗降できない可能性があります。

その場合は、神末小屋バス停と神末敷津バス停の間を徒歩で移動するしかないでしょう。

敷津バス停(三重交通)・神末敷津バス停(御杖村コミュニティバス)📷 神末敷津バス停(https://goo.gl/maps/km5Fx)。

 

 

 

神末小屋バス停から神末敷津までの道順はこんな感じです。

敷津(神末敷津)まで三重交通の路線バスを利用する場合

敷津(神末敷津)バス停までは近鉄の名張駅前から三重交通の路線バスでアクセスすることも可能です。

名張駅前から敷津(神末敷津)まで三重交通の路線バスを利用する場合のアクセス方法は次のとおりです。

step1
(名張駅前から敷津まで)

名張駅(西口)バス停から三重交通の運行する敷津行き路線バスに乗車し、終点の敷津で降車する。

※ 運賃は890円。

名張駅(西口)バス停📷 名張駅前(西口)バス停(https://goo.gl/maps/ZzznA)。

 

 

敷津バス停(三重交通)・神末敷津バス停(御杖村コミュニティバス)📷 敷津バス停(https://goo.gl/maps/km5Fx)。

(※御杖村のコミュニティバスの神末敷津バス停と同じ場所にあります)

 

 

⌚ 敷津までの路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 名張駅前~敷津 路線バス時刻表(※2019年版より抜粋)
名張駅前08:2510:50
(10:10)
13:0016:0017:3518:50
敷津09:1911:44
(11:04)
13:5416:5418:2919:44
():カッコ内は平日と異なる場合の土日祝の発着時刻
◎:毎日運行 ◇:平日のみ運行
⚠ 時刻表は三重交通のサイトで最新のものを確認してください。

⌚ 帰りの時刻表はこちらです。

 敷津~名張駅前 路線バス時刻表(※2019年版より抜粋)
敷津06:2207:2609:26
(08:26)
12:0014:1017:10
名張駅前07:1608:2010:20
(09:20)
12:5415:0418:04
():カッコ内は平日と異なる場合の土日祝の発着時刻
◎:毎日運行 ◇:平日のみ運行
⚠ 時刻表は三重交通のサイトで最新のものを確認してください。

step2
(敷津バス停から水谷林道の入口まで)

敷津バス停から水谷林道の入口まで歩く。

敷津バス停から神末小屋バス停までの道順および、神末小屋バス停から水谷林道の入口までの道順は前述したとおりです。

参考サイト

JRおでかけネット
https://www.jr-odekake.net/

近畿日本鉄道
https://www.kintetsu.co.jp/

奈良交通
https://www.narakotsu.co.jp/

御杖村
https://www.vill.mitsue.nara.jp/

三重交通
http://www.sanco.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

高見山地周辺の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!