スポンサーリンク

果無山脈縦走路の登山口 ヤマセミ温泉にバスでアクセスする方法

和歌山と奈良の県境に連なる果無山脈(1183.7m)。

ヤマセミ温泉(丹生ヤマセミの郷)の入口古くから龍神と吉野・熊野の間を結ぶ街道(果無越え)として歩かれた、紀州の古道です。

果無山脈縦走路を西側からアプローチする場合は、安堵山や和田ノ森の登山口ともなる果無越え古道の入口から入山するのが通常で、和田ノ森に登ってから安堵山・冷水山・石地力山と尾根道を進むのが一般的な縦走コースとなります。

登山口となる果無越え古道入口の近くにはヤマセミ温泉(📷 上の画像※丹生ヤマセミの郷)があり、本数は少ないものの田辺市の住民バスも乗り入れていますので、JRの紀伊田辺駅からバスを乗り継げば公共交通機関だけを利用したアクセスも可能です。

そこで今回は、果無山脈縦走路(安堵山・和田の森)の登山口となるヤマセミ温泉に紀伊田辺駅から路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は和歌山の紀伊田辺駅発着のアクセス方法となりますので、大阪市内から田辺までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。

大阪から田辺・白浜に高速バス・JRでアクセスする方法

ちなみに、果無山脈を東側から縦走する場合はこちらのページを参考にしてください。

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭😭😭
 山岳名 安堵山、和田ノ森(和田の森)、果無山脈縦走路
 登山口名 果無越え入口、ヤマセミ温泉
 最寄バス停 ヤマセミ温泉バス停(龍神バス・丹生の川線)
 最寄駅 –

スポンサーリンク

果無山脈縦走路(安堵山・和田ノ森)の登山口に紀伊田辺駅からバスでアクセスする方法

~ 西バス停で路線バスを乗換える ~

STEP1
(田辺駅前から西まで)

田辺駅前バス停から龍神バスの運行する龍神方面行き路線バスに乗車し、西で降車する。

※ 運賃は1,300円。

田辺駅前バス停📷 田辺駅前バス停(https://goo.gl/maps/KOrT8)。

 

 

西バス停(龍神バス)📷 西バス停(https://goo.gl/maps/xfjN6yU6qwv)。

 

 

⌚ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 牛廻越えの登山口 龍神温泉にバスでアクセスする方法※田辺経由

STEP2
(西バス停からヤマセミ温泉まで)

西バス停から田辺市の運行する「ヤマセミ温泉」行き住民バス(丹生ノ川線)に乗車し、終点のヤマセミ温泉で降車する。

※ ただし「丹生ノ川線」は月火木曜日のみの運行となっていますので注意してください。月火木曜日以外にアクセスしたい場合は歩くかヒッチハイクするかタクシーを呼ぶしかないでしょう。

※ 運賃は200円。

西バス停(龍神バス)📷 西バス停(https://goo.gl/maps/xfjN6yU6qwv)。

 

 

ヤマセミ温泉バス停(龍神バス)📷 ヤマセミ温泉バス停(https://goo.gl/maps/5vJtgMnguF32)。

 

 

⌚ 西バス停からヤマセミ温泉までの住民バスの時刻表をつくりましたので参考にしてください。

 西~ヤマセミ温泉 バス時刻表(※2019年版)
※月火木のみ運行
 西13:0015:55
 ヤマセミ温泉13:3016:25
※12/29~1/3の期間は運休します。
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

⌚ 帰りの時刻表はこちらです。

 ヤマセミ温泉~西 バス時刻表(※2019年版)
※月火木のみ運行
 ヤマセミ温泉07:4013:35
 西08:1014:05
※12/29~1/3の期間は運休します。
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

STEP3
(ヤマセミ温泉バス停から果無越えの登山口まで)

ヤマセミ温泉バス停から果無越えの登山口まで歩く。

ヤマセミ温泉バス停前の坂を下るヤマセミ温泉でバスを降車したら、バス停の車道分岐から右の坂道を下ってください。

 

 

ヤマセミ温泉の入口(旧小学校の入口)坂を下ったところに旧小学校の入口がありますが、ここは直進です(※ちなみにここを右に入ると閉校した旧小学校のグラウンドがあり、その奥にヤマセミ温泉(丹生ヤマセミの郷)があります)。

 

ヤマセミ温泉のキャンプ場の入口前小学校の入口のすぐ先にキャンプ場の入口がありますが、ここも直進して坂を上って行きましょう。

 

 

小森集落最奥部にある果無山脈越え(安堵山・冷水山)の登山口道なりに坂を上って行き、小森集落の最上部あたりにある左カーブのところに果無山脈越え(安堵山・冷水山)の登山口がありますので、ここから入山してください。

 

小森集落最奥部にある果無山脈越え(安堵山・冷水山)の登山口から登山道を見るなお、この登山口に駐車場はありません(※車の駐車はヤマセミ温泉のグラウンドが利用できないか事前に聞いた方がよいかもしれません)。トイレもありませんので事前にヤマセミ温泉などで済ませておきましょう。

 

ヤマセミ温泉から果無山脈縦走路の登山口までの道順はこんな感じです。

蛇足

ヤマセミ温泉とキャンプ場について

ヤマセミ温泉はこんな感じです。

ヤマセミ温泉(和歌山県田辺市)

キャンプ場はこんな感じです。

ヤマセミ温泉のキャンプ場

ちなみに、ヤマセミ温泉とキャンプ場の各利用料金はこんな感じです(※クリックすると拡大します)。ヤマセミ温泉とキャンプ場の各利用料金表

なお、ヤマセミ温泉やキャンプ場の利用については後述の参考サイトから「龍神村の観光情報」さんのサイトにアクセスして各自お調べください。

参考サイト

龍神自動車(龍神バス)
http://www.ryujinbus.com/

田辺市
http://www.city.tanabe.lg.jp/
※住民バスのページ→http://www.city.tanabe.lg.jp/kikaku/bus/bus_goannai.html
※「丹生ノ川線」時刻表→http://www.city.tanabe.lg.jp/kikaku/bus/files/H30.12.1jyuminbus.ryujin.pdf

龍神村の観光情報(丹生ヤマセミ温泉のページ)
http://www.ryujin-kanko.jp/contents/spa/yamasemi.html

【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

龍神周辺の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!