スポンサーリンク

小富士山の登山口 清水地蔵尊と水呑地蔵にアクセスする方法

泉佐野市の南の郊外にひっそりと佇む小富士山(259.8m)。

登山口となる清水地蔵尊から見る小富士山大阪みどり百選に名を連ねる景勝地、稲倉池を南に見下ろす泉州地域の秀峰です。

登山口は府道2号線沿いの清水地蔵尊(水呑地蔵)にあり、路線バスを利用したアクセスも可能です。

(📷 画像は登山口となる清水地蔵尊から見る小富士山)

そこで今回は、小富士山の登山口となる水呑地蔵に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は梅田(大阪駅)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田(大阪駅)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭
 山岳名 小富士山
 登山口名 清水地蔵尊、水呑地蔵
 最寄バス停 水呑地蔵バス停(南海ウイングバス・犬鳴線)
 最寄駅 –

スポンサーリンク

小富士山の登山口 清水地蔵尊と水呑地蔵にアクセスする方法

~ 南海電鉄の泉佐野駅前またはJRの日根野駅前から路線バスに乗る ~

STEP1
(梅田駅から泉佐野駅または日根野駅まで)

泉佐野駅から路線バスに乗る場合

大阪駅からJR環状線(西九条方面行き)に乗車し、新今宮駅で南海本線(羽倉崎方面行き)に乗り換えて、泉佐野駅で下車する。

※ 運賃は770円。

※上記の他に地下鉄梅田駅から御堂筋線に乗車し、なんばで南海本線に乗り換える方法(830円)もあります。

南海電鉄の泉佐野駅📷 南海電鉄の泉佐野駅。

 

 

 

日根野駅から路線バスに乗る場合

大阪駅からJRの関空快速(西九条、天王寺方面)に乗車し、日根野駅で下車する。

※運賃は800円。

※このほかに地下鉄御堂筋線でなんばまで移動しなんば駅でJRに乗り換えても構いません。

STEP2
(泉佐野駅前または日根野駅から水呑地蔵まで)

泉佐野駅前バスのりばまたは日根野駅前バス停から南海バスの運行する犬鳴山行き路線バス(犬鳴線)に乗車し、水呑地蔵で降車する。

※ 運賃は350円。

泉佐野駅前バス停📷 泉佐野駅前バス停(https://goo.gl/maps/WtQ7i5rm9UGtcPTQ9)。

 

 

 

📷 日根野駅バス停(https://goo.gl/maps/qLuupdKFicGVqu229)。

水呑地蔵バス停(南海ウイングバス)📷 水呑地蔵バス停(https://goo.gl/maps/FHnfhLqR5AnLUbBm9)。

 

 

 

⌚ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 犬鳴山・高城山の登山口 七宝瀧寺にバスでアクセスする方法

STEP3
(水呑地蔵バス停から小富士山の登山口まで)

水呑地蔵バス停から小富士山の登山口まで歩く。

水呑地蔵バス停横の清水地蔵尊の鳥居水呑地蔵でバスを降車したらバス停横の鳥居をくぐって清水地蔵尊に入ってください。

 

 

水呑地蔵バス停横の清水地蔵尊の駐車場の前付近奥の駐車場のところから右に入って…

 

 

清水地蔵尊の小富士山への登山道入口石段を上れば小富士山の登山コースに至ります。

 

 

 

ちなみに、清水地蔵尊の場所はココです。

参考サイト

JR西日本
https://www.westjr.co.jp/

南海電鉄
http://www.nankai.co.jp/

南海バス
http://www.nankaibus.jp/

【PR】登山用品をレンタルするならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。
【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

和泉山脈の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!