スポンサーリンク

経ヶ岳の登山口 仲仙寺と伊那市考古資料館にアクセスする方法

伊那の市街地を東に見下ろす経ヶ岳(2296.3m)。

経ヶ岳登山口横にある仲仙寺の山門日本二百名山にも名を連ねる、中央アルプスの秀峰です。

登山口は伊那市の市街地からほど近い仲仙寺の境内(伊那市考古資料館の横)にあり、本数は少ないものの伊那市の運行するコミュニティバスも乗り入れていますので公共交通機関を利用したアクセスも不可能ではありません。

(📷 画像は仲仙寺の山門。伊那市考古資料館と経ヶ岳の登山口のすぐ横にあります。)

そこで今回は、経ヶ岳の登山口となる仲仙寺と伊那市考古資料館に伊那市のコミュニティバスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は伊那市発着のアクセス方法となりますので、伊那市までのアクセス方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
伊那(長野)に東京・名古屋・大阪からバスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭
 山岳名 経ヶ岳(日本二百名山)
 登山口名 経ヶ岳登山道入口、仲仙寺、伊那市考古資料館
 最寄バス停 羽広バス停(伊那バス・西箕輪線)
 最寄駅 –

スポンサーリンク

経ヶ岳の登山口 仲仙寺と伊那市考古資料館にアクセスする方法

~ 伊那バスの羽広バス停から歩く ~

STEP1
(伊那バスの伊那営業所から羽広まで)

伊那バスの伊那営業所バス停から伊那バスの運行する羽広予地(または予地)行き路線バス(西箕輪線)に乗車し、羽広で降車する。

※ 運賃は310円。

伊那バスターミナル(伊那市バス停)📷伊那市バス停(伊那バスターミナル)(https://goo.gl/maps/uk3VHsMciZ1XFSEc9)。

 

 

羽広バス停(伊那バス)📷 羽広バス停(https://goo.gl/maps/GdQ6deaqVbrtjeUe9)。

 

 

 

⌚ バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 伊那BT~羽広~伊那BT バス時刻表(※2019年版より抜粋)
伊那BT08:5011:2513:4515:1018:1519:45
羽広07:0609:1711:5214:1215:3718:4220:10
伊那BT07:3110:0112:3614:5616:2119:26
〇:毎日運行 ◆:月~金のみ運行
⚠ 時刻表は伊那市のサイトで最新のものを確認してください。

STEP3
(羽広バス停から考古資料館を経て経ヶ岳の登山口まで)

羽広バス停から伊那市考古資料館の前を通り、仲仙寺境内にある登山道の入口まで歩く。

羽広バス停(伊那バス)羽広でバスを降車したらバス停前の車道を西に(山側に)まっすぐ歩いてください。

 

 

仲仙寺の入口前の3本分岐道が3本に分かれているところに着いたら一番左側の車道を進みましょう。

 

 

仲仙寺の杉の木の門2本の杉の門をくぐり抜けて坂を上って行くと…

 

 

経ヶ岳登山口(仲仙寺境内の考古資料館横)経ヶ岳の登山道入口に到着。

 

 

伊那市考古資料館(仲仙寺境内)考古資料館はそのすぐ左手にあります。

 

 

 

羽広バス停から経ヶ岳登山口までの道順はこんな感じです。

参考サイト

伊那市
https://www.inacity.jp/
※バス時刻表のページ→https://www.inacity.jp/kurashi/kotsu_jikokuhyo/bus_rosenjikokuhyo/busjikokuhyo/bus_ina/index.html

【PR】登山用品をレンタルするならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。
【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

中央アルプスの登山口(長野県側)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!