スポンサーリンク

三石山の登山口 横尾辻と高山森林公園にアクセスする方法

橋本の市街地を南に見下ろす三石山(738.6m)。

一休さんの法兄養叟和尚ゆかりの養叟庵大阪との府県境沿いに位置する三石山は、橋本市の市街地からも近くアクセスが良いことから、和歌山のみならず大阪その他の在阪ハイカーに広く愛されるお手軽ハイキングスポットとして知られています。

三石山の登山ルートは南海電鉄の御幸辻駅からほど近い杉村公園を起点とするコースが人気のようですが、南海電鉄の紀見峠駅から林道を奥に入った高山森林公園と横尾辻を起点に登るコースも比較的利用する人が多いようです。

(※画像は紀見峠駅から高山森林公園に向かう途中にある養叟庵。禅僧の養叟(一休さんの兄弟子らしい)にゆかりのある建物として保存されています)

登山口となる高山森林公園へのアクセスは自家用車があると便利ですが、南海電車の紀見峠駅から歩いていける距離にありますので公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、三石山の北側の登山口となる横尾辻と高山森林公園にアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は梅田(大阪駅)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田(大阪駅)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

ちなみに、御幸辻駅から杉村公園を経て登るルートを利用する場合はこちらのページを参考にしてください。
三石山の登山口 杉村公園の丸尾橋にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭😭
 山岳名 三石山
 登山口名 横尾辻、高山森林公園、養叟庵、宝形山徳禅寺
 最寄バス停 –
 最寄駅 紀見峠駅(南海高野線)

スポンサーリンク

三石山の登山口 横尾辻と高山森林公園にアクセスする方法

~ 南海高野線の紀見峠駅から歩く ~

STEP1
(梅田から紀見峠駅まで)

大阪駅からJR環状線(西九条方面行き)に乗車し、新今宮駅で南海高野線に乗車し、紀見峠駅で下車する。

※ 運賃はJR区間が180円、南海区間が640円。

南海電鉄の紀見峠駅📷 南海電鉄の紀見峠駅。

 

 

 

※上記の他に、地下鉄梅田駅から御堂筋線に乗車し、なんばで南海高野線に乗り換える方法などもあります(880円)。

STEP2
(紀見峠駅から横尾辻まで)

紀見峠駅から登山口となる横尾辻まで歩く。

紀見峠駅前の小路紀見峠駅で南海電車を下車したら、駅前の線路沿いの小路を北に進みます。

 

 

紀見峠駅北側の踏切すぐ先にある踏切を渡ってすぐに右折すると…

 

 

紀見峠駅北側の踏切を渡った先の辻すぐ先に小さな十字路があるので右の細い道に入ってください。

 

 

養叟庵前の十字路少し先で「養叟庵」のある十字路に出ますので、左折して急な坂道を上って行きましょう。

 

 

三石山に行く途中にある高山森林公園坂道(高山林道)をひたすら上って行くと、30分ほどで高山森林公園に到着。

 

 

高山森林公園に立てられている和歌山県朝日夕陽百選のモニュメントなお、この高山森林公園は和歌山県の朝日夕陽百選にも選ばれている展望抜群な公園として知られていますので、時間が合えば朝焼けや夕焼けまで待ってみても良いかもしれません。

 

三石山の登山口となる横尾辻高山森林公園を見送り、さらに林道を上がって行くと(途中から未舗装になります)、横尾辻に到着。

 

 

横尾辻の三石山登山道入口横尾辻で林道を左折し、そのすぐ先の右に入ったところが三石山の登山口となっています。

 

 

 

紀見峠駅から養叟庵、高山森林公園を経て横尾辻までの道順を挙げておきます(※グーグルマップの都合上、紀見峠駅から養叟庵までの道順と養叟庵の先から登山口までの道順に2分割しています。

紀見峠駅から養叟庵までの道順はこんな感じです。

養叟庵の先から高山森林公園前を通り横尾辻までの道順はこんな感じになります。

参考サイト

JR西日本
https://www.westjr.co.jp/

南海電鉄
http://www.nankai.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

和泉山脈(和歌山側)の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!