スポンサーリンク

小和田山・釈迦ヶ岳の登山口 七宝寺にアクセスする方法

能勢町の北にひっそりと佇む小和田山(611.7m)と釈迦ヶ岳(517m)。

南山麓の倉垣地区から見る釈迦ヶ岳と小和田山修験の寺として知られる七宝寺(七寶寺)を中腹に抱く北摂の霊峰です。

登山口はその七宝寺にあり(※七宝寺が登山口となっているわけではなく、七宝寺の入口手前から入山します。ハイキングの利用者は院内の通り抜けはできませんのでご注意ください)すぐ近くまで路線バスも利用できるので公共交通機関を利用したハイキングもさほど苦にはならないでしょう。

(📷 画像は南山裾の倉垣地区から見る釈迦ヶ岳と小和田山。山中に巨大な仏像や金色のお堂が見えます。)

そこで今回は、小和田山と釈迦ヶ岳の登山口となる七宝寺に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は梅田(大阪駅)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田(大阪駅)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 小和田山、釈迦ヶ岳、七面山
 登山口名 七宝寺
 最寄バス停 歌垣山登山口バス停(阪急バス・妙見口能勢線)
 最寄駅 妙見口駅(能勢電鉄)

スポンサーリンク

小和田山・釈迦ヶ岳の登山口 七宝寺にアクセスする方法

~ 能勢電鉄の妙見口駅から路線バスに乗る ~

STEP1
(梅田から妙見口駅まで)

阪急梅田駅から阪急宝塚線に乗車し川西能勢口駅で能勢電鉄妙見線に乗り換えて、終点の妙見口駅で下車する。

※ 運賃は阪急区間が270円、能勢電鉄区間が320円。

能勢電鉄の妙見口駅📷 能勢電鉄の妙見口駅。

 

 

 

STEP2
(妙見口駅から歌垣山登山口まで)

妙見口駅バス停から阪急バスの運行する「能勢町宿野」または「奥田橋(循環)」行き路線バス(妙見口能勢線)に乗車し、歌垣山登山口で降車する。

※ 運賃は550円。

妙見口駅バス停(阪急バス)📷 妙見口駅バス停(https://goo.gl/maps/JWjmFTyGhTjjaxSKA)。

 

 

歌垣山登山口バス停(阪急バス)📷 歌垣山登山口バス停(https://goo.gl/maps/p4KXfUdJ9Shgyn4X9)。

 

 

 

⌚ 路線バスの時刻表は歌垣山の登山口へのアクセス方法をレポートしたこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

歌垣山の登山口と堀越峠に路線バスでアクセスする方法

STEP3
(歌垣山登山口バス停から七寶寺(七宝寺)まで)

歌垣山登山口バス停から小和田山の登山口となる七寶寺(七宝寺)まで歩く。

歌垣山登山口バス停(阪急バス)歌垣山登山口でバスを降車したら、バス停前の車道国道477号線を北に(亀岡・園部方面に)歩いてください。

 

 

歌垣山登山口のすぐ北側にある分岐バス停のすぐ先に分岐があるので左の小路に入りましょう(下り坂になっています)。

 

 

歌垣山登山口のすぐ北側にある分岐を左に進んだあとの車道から見る釈迦ヶ岳と小和田山前方に釈迦ヶ岳と小和田山を見ながら田園風景の農道を真っ直ぐ進むと…

 

 

府道106号線の七賓寺(七宝寺)の入口バス停から1kmほど歩いたところで車道(府道106号線)に出合いますが、府道を横切ってそのまま直進してください。

 

 

七賓寺(七宝寺)の手前にある分岐府道との交差点から少し先の分岐を右に入り、道なりに進めば登山口となる七寶寺(七宝寺)に到着です。

 

 

 

歌垣山登山口バス停から小和田山の登山口となる七寶寺(七宝寺)までの道順はこんな感じです。

参考サイト

阪急電鉄
https://www.hankyu.co.jp/

能勢電鉄
https://noseden.hankyu.co.jp/

阪急バス
https://bus.hankyu.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

北摂の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!