スポンサーリンク

千丈寺山の登山口 乙原てんぐの森に路線バスでアクセスする方法

三田市にある千丈寺湖の北東に位置する千丈寺山(589.6m)。

乙原地区から見る千丈寺山三田市の山岳で唯一一等三角点を持つといわれる三田市の里山です。

千丈寺山の登山コースはいくつかあるようですが、東側の乙原地区から登る場合は乙原地区にある「乙原てんぐの森」から登山コースに入ることが可能です。

(📷 画像は乙原地区から見る千丈寺山)

登山口となる乙原てんぐの森に直接アクセスしている路線バスはないようですが、すぐ近くの乙原口までは三田駅を起点とする神姫バスの路線バスが乗り入れていますので公共交通機関を利用したハイキングもさほど不便ではありません。

そこで今回は、千丈寺山の登山口となる乙原てんぐの森に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は梅田(大阪駅)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田(大阪駅)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。

福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

ちなみに、西側の北浦神社から入山する場合はこちらのページを参考にしてください。

 ▶ 千丈寺山の登山口 北浦神社に路線バスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😭😭
 山岳名 千丈寺山
 登山口名 千丈寺山登山道入口(乙原側・乙原てんぐの森)
 最寄バス停 乙原口バス停(神姫バス・乙原線)
 最寄駅 三田駅(JR福知山線、神戸電鉄三田線)

スポンサーリンク

千丈寺山の登山口 乙原てんぐの森に路線バスでアクセスする方法

~ 三田駅(北口)から路線バスに乗る ~

STEP1
(梅田から三田駅まで)

大阪駅からJR宝塚線(福知山線)に乗車し、三田駅で下車する。

※ 運賃は760円。

JR三田駅📷 JR三田駅。

 

 

 

STEP2
(三田駅北口から乙原口バス停まで)

三田駅北口バス停(11番のりば)から神姫バスの運行する「乙原」行き路線バスに乗車し、乙原口で降車する。

※ 運賃は490円。

JR三田駅北口と北口バス停📷 三田駅(北口)バス停(https://goo.gl/maps/sSuCLJmyMFRANzM2A)。

※駅北口11番のりばから乗車。

 

乙原口バス停(神姫バス)📷 乙原口バス停(https://goo.gl/maps/hjY82WzL7MArmH1C9)。

 

 

 

⌚ 路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください(※午前中の便のみ抜粋)。

 三田駅北口~乙原口 路線バス時刻表(※2019年版より抜粋)
三田駅北口06:4008:1008:2309:0509:4610:4011:40
乙原口06:5808:2808:4109:2310:0410:5811:58
◎:毎日運行 ◇:平日のみ運行 ◆:土日祝のみ運行
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

⌚ 帰りの時刻表はこちらです(※夕方の便のみ抜粋)。

 乙原口~三田駅北口 路線バス時刻表(※2019年版より抜粋)
乙原口14:1214:4216:2216:4217:2218:4718:17
三田駅北口14:35
(14:33)
15:05
(15:03)
16:4717:0517:47
(14:45)
19:1218:40
◎:毎日運行 ◇:平日のみ運行 ◆:土日祝のみ運行
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

STEP3
(乙原口バス停から千丈寺山の登山口まで)

乙原口バス停から千丈寺山の登山口まで歩く。

乙原口バス停そばのT字路乙原口でバスを降車したら、バス停そばのT字路を右に入ってください。

 

 

乙原口バス停そばのT字路を右に入ったところすぐ先の橋を渡り、道なりに300mほど車道を歩いたところに…

 

 

乙原てんぐの森への入口「乙原てんぐの森」と書かれた道標が立てられているので、ここで左に入りましょう。

 

 

乙原の千丈寺山登山口(乙原てんぐの森)そのすぐ上が、バイオトイレの設置された千丈寺山の登山口(乙原てんぐの森)になっています。

 

 

 

乙原口バス停から千丈寺山の登山口までの道順はこんな感じです(Google Mapの都合上、登山口のすぐ下のところまでの道順)。

参考サイト

JR西日本
https://www.westjr.co.jp/

神姫バス
https://www.shinkibus.co.jp/

【PR】登山用品をレンタルするならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。
【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

北摂(兵庫県側)の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!