箕岳の登山口 箕岳園地に路線バスでアクセスする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福江島南東部に突き出た形の小さな独立峰、箕岳(144m)。

箕岳山頂付近からの眺望の画像裾野にある箕岳園地は春は桜の名所としても有名で、なだらかな山容から多くのハイキング愛好家に親しまれている五島市民憩いの行楽スポットとして知られています。

 箕岳山頂から見下ろす箕岳園地と福江方面。)

箕岳の登山口となる簑岳園地に直接アクセスする路線バスはありませんが、すぐ近くまで路線バスも通じているため公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、簑岳の登山口となる箕岳園地に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は福江市街発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から福江までのアクセスする方法についてはこちらのページを参考にしてください。
五島列島・福江島にアクセスする方法(博多からフェリーに乗る)

 登山口データ
 アクセス難易度   😥  😥
 山岳名  箕岳
 登山口名  箕岳園地
 最寄バス停  中崎山バス停(五島バス・福江~上崎山~福江線[鐙瀬公園循環線])
 最寄駅  –


箕岳の登山口 箕岳園地に路線バスでアクセスする方法

~ 福江から五島バスの路線バスに乗る ~

スポンサーリンク

STEP1
(福江市街から中崎山まで)

福江地区から五島バスの路線バス「福江~上崎山~福江線[鐙瀬公園循環線]」に乗車し、中崎山で降車する。

 運賃は370円。

※路線バスは「崎山廻り(崎山経由)」と「野々切廻り(野々切経由)」の2ルート(循環ルート)がありますが、「崎山廻り」に乗車することをお勧めします。「野々切廻り」に乗車すると先に野々切・鎧瀬方面から廻るため乗車時間も長くなり、運賃も620円(崎山廻りより250円割高)になってしまいます。

福江港フェリーターミナルの画像 写真は福江港フェリーターミナル。

銀行前バス停(http://goo.gl/maps/f0SKP)。

本町通りバス停(http://goo.gl/maps/Eyahs)。

お濠前バス停(http://goo.gl/maps/tVeDS)。

中崎山バス停の画像 中崎山バス停(http://goo.gl/maps/svZf4)。

 路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 福江地区~中崎山バス時刻表(※崎山廻りの午前中の便のみ抜粋)
発着時刻
福江発 06:57 07:20 07:50 09:15 10:30 10:50 12:10
銀行前発 06:58 07:21 07:51 09:16 10:31 10:51 12:11
本町通り発 06:59 07:22 07:52 09:17 10:32 10:52 12:12
お濠前発 07:00 07:24 07:54 09:19 10:34 10:54 12:14
中崎山着 07:12 07:34 08:05 09:31 10:48 11:06 12:30
:土日祝および12/29~1/3の期間は運休
 時刻表は五島自動車のサイトで最新のものを確認してください。

STEP2
(中崎山バス停から箕岳園地まで)

中崎山バス停から箕岳園地まで歩く。

中崎山バス停の画像 中崎山バス停。郵便局が目の前にあります。

道順はこんな感じです。


ワンポイントアドバイス

鐙瀬公園にアクセスする場合

溶岩海岸で有名な鐙瀬園地(あぶんぜえんち)にアクセスする場合は鐙瀬公園バス停(http://goo.gl/maps/sQSwG)で降車します。詳細は『鬼岳の登山口 鐙瀬溶岩海岸(鐙瀬公園)と鬼岳園地』のページをご覧ください。


参考サイト

五島バス|五島自動車グループ
http://www.campanahotel.com/gotobus_top/

五島市公式サイトまるごとう
http://www3.city.goto.nagasaki.jp/index.php


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【PR】低山でも遭難リスクは生じます。山に入るなら山岳保険の加入も忘れずに。山岳遭難対策制度のjRO(ジロー)なら年会費(2,000円)+事後分担金(年750~1,500円※見込額)の費用負担で遭難時のヘリ費用など捜索・救助費用が最大で330万円まで補てんされます。

関連トピックス