スポンサーリンク

阿武山の登山口 阿武山口に高槻市営バスでアクセスする方法

山中に藤原鎌足の墳墓とみられる古墳を抱く阿武山(280.9m)。

阿武山口の工事現場から見る阿武山大坂の高槻と茨木の境界上に鎮座する北摂の里山です。

阿武山を南北に縦走するトレッキングルートが整備されているため南北から入山することが出来ますが、北側からアプローチする場合は北大阪変電所前の阿武山口が登山口となります。

(📷 画像は阿武山口の工事現場から見る阿武山)

そこで今回は、阿武山の北側の登山口となる阿武山口に市営バスを利用してアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、今回は梅田(大阪駅)発着のアクセス方法となりますので、福岡市内から梅田(大阪駅)までのアクセス方法についてはこちらのページを参考にしてください。
福岡市内から大阪(梅田・新大阪)にアクセスする方法

ちなみに、阿武山の南側にある阿武山古墳から登る場合はこちらのページを参考にしてください。
阿武山の登山口 阿武山古墳に市営バスでアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭
 山岳名 阿武山
 登山口名 阿武山口
 最寄バス停 阿武山口バス停(高槻市営バス・萩谷線)
 最寄駅 摂津富田駅(JR京都線)

スポンサーリンク

阿武山の登山口 阿武山口に高槻市営バスでアクセスする方法

~ JR摂津富田駅から高槻市営バスに乗る ~

STEP1
(梅田から摂津富田駅まで)

大阪駅からJR京都線に乗車し、摂津富田駅で下車する。

※ 運賃は260円。

※阪急電車を利用する場合は阪急梅田駅から阪急京都線に乗車し富田駅で下車した後、JR摂津富田駅まで徒歩で移動してください。

ちなみに、阪急富田駅からJR摂津富田駅までの道順はこんな感じです。

 

STEP2
(摂津富田駅から阿武山口まで)

JR富田駅バスのりば(北口1番のりば)から高槻市の運行する萩谷行き市営バスに乗車し、阿武山口で降車する。

※ 運賃は280円。

📷 JR富田駅北バス停(https://goo.gl/maps/D3CuXZFJbiX6fwSV7)※画像はありません。

阿武山口バス停(高槻市バス)📷 阿武山口バス停(https://goo.gl/maps/gPLzvEBabr3i5EGa9)。

 

 

 

⌚ 市営バスの時刻表を作りましたので参考にしてください(※早朝の便のみ抜粋)。

 JR富田駅~阿武山口 バス時刻表(※2019年版より抜粋)
◇◆◎◇
富田駅06:2006:2307:0307:0507:2908:1008:3008:31
阿武山口06:3606:3907:1907:2107:4508:2708:4708:49
◎:平日に運行 ◇:土曜に運行 ◆:日祝に運行
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

⌚ 帰りの時刻表はこちらです(※夕方の便のみ抜粋)。

 阿武山口~富田駅 バス時刻表(※2019年版より抜粋)
平日土曜日祝
阿武山口15:1616:2616:4415:1816:2416:5815:4716:58
富田駅15:4016:5317:1115:4516:5117:2516:1417:25
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください。

STEP3
(阿武山口バス停から阿武山まで)

阿武山口バス停から阿武山まで歩く。

阿武山口バス停横のT字路を左に入る阿武山口でバスを降車したら、バス停横のT字路を左に入ります。

 

 

阿武山に行く途中の工事現場そのあとは、工事中の道路を奥に進んでください。

 

 

阿武山の登山道に入るところ工事しているので、周辺の景色は変わる可能性がありますが、ここから左に入りましょう。

 

 

阿武山口から阿武山への登山道あとは道なりに歩けば阿武山のトレイルに入ることができると思います。

 

 

 

阿武山口バス停から阿武山の登山コース入口までの道順はこんな感じです。

参考サイト

JR西日本
https://www.westjr.co.jp/

高槻市
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/

【PR】登山用品をレンタルするならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。
【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

北摂の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!