スポンサーリンク

雷山の登山口 雷山観音前にコミュニティバスでアクセスする方法


脊振山地の中央部に位置する雷山(955.3m)。

雷山山頂の画像山頂に広がる草原が特徴的な山岳で、晴れた日には北に糸島半島が、南は佐賀の山並みが一望に見渡せる360度の大展望が得られます。

 画像は雷山山頂。週末の天気の良い日には多くのハイカーがお弁当を広げる福岡でも有数のハイキングスポットとなっています。)

登山口ルートは福岡方面と佐賀方面の両方から延びていますが、福岡側から入山する場合は雷山自然歩道の入口となる雷山観音前が登山口となります。

雷山観音前には糸島市の運行するコミュニティバス「はまぼう号」も運行されており、バス停前の広い駐車場にはトイレも設置してあるのでオシッコの近い頻尿女子にも安心な登山口です。

そこで今回は、雷山の登山口となる雷山観音前にコミュニティバスを利用してアクセスする方法をご紹介いたしましょう。

なお、井原山から縦走する場合はこちらの記事を
井原山の登山口 きとく橋にコミュニティバスでアクセスする方法

また、佐賀の布巻林道方面から入山する場合はこちらのページを参考にしてください。
 雷山の登山口(佐賀県側) 布巻林道入口にアクセスする方法

 登山口データ
 アクセス難易度  😥  😥
 山岳名 雷山
 登山口名 雷山自然歩道入口、雷山観音前
 最寄バス停 雷山観音前バス停(糸島市コミュニティバス「はまぼう号」・雷山線)
 最寄駅 JR筑前前原駅(筑肥線)


雷山の登山口 雷山観音前にコミュニティバスでアクセスする方法

~ 前原駅から糸島市コミュニティバスを利用する ~

スポンサーリンク

STEP1
(博多から筑前前原駅まで)

地下鉄博多駅から福岡市営地下鉄空港線の姪浜方面行き(JR筑肥線直通)に乗車し、筑前前原駅で下車する。

 運賃は580円(地下鉄区間:300円+JR区間:280円)

 

STEP2
(前原駅南口から雷山観音前バス停まで)

前原駅南口バス停から糸島市の運行するコミュニティバス「はまぼう号」の雷山観音前行き(雷山線)に乗車し、終点の雷山観音前で降車する。

 はまぼう号の運賃は全路線一律200円。

前原駅南口バス停(http://goo.gl/maps/N0FME)。

雷山観音前バス停(糸島市)の画像 雷山観音前バス停(http://goo.gl/maps/9ueN0)。

 

 

 

 

 コミュニティバスはまぼう号の時刻表を作りましたので参考にしてください。

 原駅南口~雷山観音前 コミュニティバス時刻表(※2014年版4月改訂版)
平日土日祝
前原駅南口発08:2510:5013:1014:4516:2209:1012:4515:20
雷山観音前着08:4711:1213:4515:0716:4409:4513:2015:55
 時刻表は糸島市のサイトで最新のものを確認してください。

 帰りの時刻表はこちらです。

 雷山観音前~前原駅南口 コミュニティバス時刻表(2014年4月改定版)
平日土日祝
雷山観音前発07:4009:0011:2513:5515:2016:5210:0013:3516:10
前原駅南口着08:1509:2111:4614:3015:4117:1310:3514:1016:45
 時刻表は糸島市のサイトで最新のものを確認してください。

 

STEP3
(雷山観音前バス停から雷山自然歩道の入口まで)

雷山観音前バス停から雷山の登山口となる雷山自然歩道の入口まで歩く。

雷山観音前バス停(糸島市)の画像

雷山観音前でバスを降車したら、バス停前の車道を上に上りましょう。

※ちなみにバス停前には広い駐車場とトイレがあります。

 

 

雷山自然歩道入口の画像

バス停から車道を5分ほど上がったところの右カーブの先の左側に、「雷山自然歩道」を示す標識が建てられているので、その標識に従って左折し、林道に入りましょう。

 

 

 

雷山観音前バス停から雷山自然歩道の入口までの道順はこんな感じです。

 


ワンポイントアドバイス

不動滝および雷山新籠石へのアクセスについて

藤坂橋バス停(糸島市)の画像不動滝および雷山新籠石にアクセスする場合は、雷山観音前より2つ手前の藤坂橋が最寄バス停となります。

 

 

 

藤坂橋そばにある雷山自然歩道道標の画像藤坂橋バス停から不動滝まで1.2Km。雷山神籠石までは1.9Kmです。

 

 

 

 


参考サイト

糸島市
http://www.city.itoshima.lg.jp/
はまぼう号時刻表ダウンロードのページURL(https://www.city.itoshima.lg.jp/soshiki/7/bus-download.html)

 


脊振山系の登山口
スポンサーリンク
登山口ねっと!をフォローする
スポンサーリンク
関連トピックス
スポンサーリンク
登山口ねっと!