スポンサーリンク

脊振山の登山口 椎原と湯の野に路線バスでアクセスする方法

福岡と佐賀の県境にある脊振山地の最高峰、脊振山(1,055m)。

脊振山頂の画像市街地から距離的に近く、福岡市内では珍しく1000mを超える登山が楽しめるとあって、福岡でも有数のハイキングスポットとして知られています。

初心者から熟練ハイカーまで楽しめる人気の山岳だけあって脊振山への登山ルートも複数整備されているようですが、背振山の北側山麓から入山する場合には、椎原の集落から少し山間に入ったところにある登山口(椎原登山口)が最も多く利用されているようです。

椎原の少し西側にある湯の野から小爪峠を経由して脊振山系の縦走路に登る登山ルートもありますが、こちらのコースは登山道が荒れているため比較的熟練者向けの登山コースと言えることが言えます。

椎原や湯の野までは西鉄バスの路線バスも運行されていますから、公共交通機関を利用したハイキングも全く問題ないでしょう。

そこで今回は、背振山の北側の登山口となる椎原(椎原登山口)と湯の野(湯の野登山口)に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介いたします。

 登山口データ
 山岳名 脊振山、小爪峠、脊振山系縦走路
 登山口名 椎原、湯の野
 最寄バス停 椎原バス停、湯の野バス停(以上、西鉄バス)
 最寄駅 -

スポンサーリンク

脊振山の登山口 椎原と湯の野に路線バスでアクセスする方法

~ 脇山小学校前バス停で路線バスを乗り換える ~

STEP1
(博多駅から脇山小学校前まで)

博多バスターミナル1Fの2番のりばから西鉄バスの運行する「脇山小学校前」方面行き路線バスに乗車し、脇山小学校前バス停で降車する

※脇山小学校方面行きは「博多駅前B(薬院・城南線方面)バス停からの便も運航されています。

※ 博多バスターミナルからの運賃は670円。

博多バスターミナル

📷 画像は博多バスターミナル。

 

 

 

脇山小学校前バス停の画像📷 脇山小学校前バス停(http://goo.gl/maps/kCbZV)。

 

 

 

STEP2
(脇山小学校前から湯の野または椎原まで)

脇山小学校前バス停から西鉄バスの運行する椎原行[3]路線バスに乗車し、湯の野または椎原バス停で降車する。

※ 運賃は170円。

脇山小学校前バス停の画像📷 脇山小学校前バス停(http://goo.gl/maps/kCbZV)。

(そばに自販機があります)

 

 

湯の野バス停の画像📷 湯の野バス停(http://goo.gl/maps/WC9wn)。

 

 

 

椎原バス停の画像📷 椎原バス停(http://goo.gl/maps/MyqhW)。

 

 

 

⌚ 路線バスの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 脇山小学校前~椎原 バス時刻表(2022年版)
脇山小学校前湯の野椎原
平日07:4707:5307:54
09:0709:1309:14
11:4211:4811:49
14:0114:0714:08
15:1615:2215:23
17:4717:5317:54
18:5719:0319:04
土日祝07:5608:0208:04
10:1610:2210:24
12:4612:5212:54
15:0115:0715:09
17:2617:3217:33
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください

⌚ 帰りの時刻表を作りましたので参考にしてください。

 椎原~脇山小学校前 バス時刻表(2022年版)
椎原湯の野脇山小学校前
平日06:1506:1606:22
07:1717:1807:24
07:5807:5908:05
09:2009:2109:27
11:5511:5612:02
14:1514:1614:22
15:3015:3115:37
18:0018:0118:07
19:1019:1119:17
土日祝08:0808:0908:15
10:2810:2910:35
12:5812:5913:05
15:1315:1415:20
17:3717:3817:44
⚠ 時刻表は最新のものを確認してください

STEP3
(湯の野または椎原バス停から登山口まで)

湯の野バス停または椎原バス停から登山口まで歩く。

湯の野バス停入山する場合

湯の野バス停についたら道標に従って小爪峠のコースに入ってください。

 

椎原バス停から入山する場合

椎原バス停から登山口までの道順はこんな感じです。

参考サイト

西鉄グループ
https://www.nishitetsu.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならやまどうぐレンタル屋が便利です。


脊振山系の登山口
スポンサーリンク
大浦崑をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
登山口ねっと!