高月山の登山口 成川渓谷と高月温泉にバスでアクセスする方法

スポンサーリンク

北に成川渓谷、南に滑床渓谷を従え鎮座する高月山(1228.8m)。

成川渓谷の入口(高月温泉入口)の画像鬼ヶ城山系に連なる、南予の秀峰です。

高月山の登山コースはいくつかあるようですが、北側からアプローチする場合は、北側山裾に位置する成川渓谷から山頂を目指すルートが比較的多く利用されているようです。

(📷 画像は登山口となる成川渓谷の入口。成川渓谷に佇む高月温泉はキャンプ場も設置された知る人ぞ知る秘湯。登山だけでなく一般観光客も訪れる隠れアウトドアスポットとなっています。)

高月山の北側の登山口となる成川渓谷に直接乗り入れている路線バスはありませんのでアクセスには自家用車を利用するのが一般的ですが、国道320号線沿いの成川バス停までは路線バスも通じていますので公共交通機関を利用したハイキングも不可能ではありません。

そこで今回は、高月山の登山口となる成川渓谷と高月温泉に路線バスを利用してアクセスする方法をご紹介することにいたしましょう。

なお、今回は宇和島市内からのアクセス方法となりますので、宇和島までのアクセス方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
▶ 松山から宇和島にアクセスする方法(JR・高速バス)

 登山口データ
 アクセス難易度 😭😭😭😭
 山岳名 高月山
 登山口名 成川渓谷、高月温泉
 最寄バス停 成川バス停(宇和島バス・鬼北線の「宇和島~水分~日吉・野村線」)
 最寄駅 宇和島駅(JR予讃線)

スポンサーリンク

高月山の登山口 成川渓谷と高月温泉にバスでアクセスする方法

~ 路線バスの成川バス停から歩く ~

STEP1
(宇和島バスセンターから成川まで)

宇和島バスセンターまたは宇和島駅前バス停から宇和島バスの運行する「野村病院」または「日吉支所」行き路線バス(鬼北線の「宇和島~水分~日吉・野村線」)に乗車し、成川で降車する。

※ 運賃は420円。

宇和島バスセンターの画像

📷 宇和島バスセンター(https://goo.gl/maps/C8BAqhdfzbk)。

 

 

宇和島駅前バス停の画像

📷 宇和島駅前バス停(https://goo.gl/maps/JGfLBepBu2v)。

 

 

成川バス停(宇和島バス)の画像📷 成川バス停(https://goo.gl/maps/SWcB4DByfuPWpZyK8)。

 

 

 

⌚ 路線バスの時刻表はこちらのページに掲載したものを参考にしてください。

▶ 戸祇御前山の登山口に宇和島市内からバスでアクセスする方法

STEP2
(成川バス停から高月温泉と成川渓谷の登山口まで)

成川バス停から成川渓谷および高月温泉を経て登山口まで歩く。

成川バス停そばの成川渓谷入口のT字路の画像成川でバスを降車したら、バス停のすぐそばのT字路に設置された成川渓谷を示す道標に従って林道に入ってください。

 

 

高月温泉のロッジ(成川渓谷)の画像そのあとは林道を道なりに真っ直ぐ進めば高月温泉に至ります。

 

 

成川渓谷の高月山登山口の画像高月温泉のロッジから5分ほど車道を上れば高月山の登山口に到着です。

 

 

成川渓谷キャンプ場(高月温泉そば)の画像ちなみに、高月山の登山口の右側の橋を渡ったところがキャンプ場となっています。高月温泉まで徒歩数分の距離なので、夏場はこのキャンプ場を起点にハイキングを楽しむのもよいかもしれません。

 

 

成川バス停から高月山の登山口となる成川渓谷と高月温泉までの道順はこんな感じです。

蛇足

ついでに、高月温泉から高月山までの登山道の案内板を挙げておきます。

成川渓谷の高月温泉から高月山までの登山道の案内板の画像

参考サイト

宇和島バス
https://www.uwajima-bus.co.jp/

【PR】登山用品・キャンプ用品レンタルならそらのしたまたはやまどうぐレンタル屋が便利です。不要な登山アイテムは買うトドアで買い取ってもらうと良いかもしれません。


【GoogleMapの不具合について(2019年3月30日)】

※グーグルマップの仕様が変更された影響なのか不明ですが、掲載していた登山口までの道順が相当な数の記事で乱れているようです。随時修正していますが数が多すぎて短期間では対応しきれません。登山口までの道順は登山のガイドブック等で十分に再確認していただくようお願いいたします。(※最終更新日が2019年の3月下旬以降の記事はチェック済みですので問題ないと思います)

宇和島・八幡浜周辺の登山口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています。
スポンサーリンク
登山口ねっと!